ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ピクサー作品の脚本に思うこと。

ピクサー作品の「脚本」についての講座が、「トイストーリー3」のこちらのBlueRay&DVDに収録されているそうです。




<こちらの記事参照>

これはわかりやすいうえに面白い!

こうしてみると、確かにピクサー作品は
主人公の性格づけがなされる→大切な何かを失う→「岐路」に立たせるという展開が多いですね。
そう考えるとワンパターンにも思えるのですが、普段はそれを感じさせない多様性、オリジナリティを備えていると思います。
葛藤に1/2費やすというのも意外。その後のカタルシスのためには、それくらいの尺が必要なのでしょう。



記事と関係なくピクサーの脚本に思ったことを書くけど、こういう展開に自分は弱くて・・・落ち目になった、あるいはヘタレなキャラが好きな人、もののために奮闘するっていうストーリーだけで、もうね。

人は何かを犠牲にして、毎日を生きています。ときたま本当に大切なものを見失いがちです。それは普段は気付きにくいものです。

個人的にそれを一番気付かせてくれたのは「WALL・E(ウォーリー)」でした。
とある人物が言う「生き延びたいんじゃない!生きたいんだ!」(反転)というセリフがガツンときました。
失ったもの、取り返すべきものが明確に示された素敵なシーンです。

他にも
「Mr.インクレディブル」では家族の大切さを、
「トイストーリー」ではおもちゃの大切さ、
さらに『3』では母親の気持ちに気付かせてくれます。

はじめっから手に入れていたり、恵まれているストーリーなんか面白くもなんともない。人生も一緒です。
また本当に大切なものは、失ってみないとわかりません。
映画はそれを疑似的に体験させてくれます。

観た後は、身の回りのものや友達をちょっとだけでも、大事にするといい。
そう思わせてくれるピクサー作品が大好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-01-28 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ミョウガは夏の番長!漫画「花のズボラ飯」3話レビュー

漫画「花のズボラ飯」感想の第3回目です。

amazonで再度復活するのはいつの日だろうか・・・さっさと!さっさと増刷!
<2話はこちら>

ここまで「花ズラ」(ひどい略称だな)が好きで好きでしょうがないと言い続けてきたうっとしいブログがあったでしょうか。
たぶんない。だけど愛しているから仕方ないね。

今回のストーリーも単純明快。奥さんが洗濯してそうめん食べるだけです。

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-01-27 : 花のズボラ飯 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「花のズボラ飯」っぽい漫画をあつめてみた。

4日ほど前にamazonでずっと在庫切れだった漫画「花のズボラ飯」が在庫が復活していたので、記念に3話のレビューを書こうとしたら1日足らずで売り切れたので断念しました。

そんなこのブログで2回も紹介した本作ですが、こんな全人類必見の傑作がまだ読めない人が多いなんてもったいなくて誠に遺憾です。遺憾ですとも。

なので、ちょっとばかり「花のズボラ飯」っぽい漫画作品を集めてみました。
もちろん原作者が同じである孤独のグルメ はおすすめです。

ついでに「花のズボラ飯」との共通点も書いています。



天体戦士サンレッド


共通点:ズボラ飯、生活感丸出し

戦隊ヒーローものの怪人たちが、いい人たちなうえに庶民的なギャグ漫画。
日常の「あるある」が盛りだくさん。
なんつーか、すげー可愛い漫画です。
肝心のヒーローのほうはチンピラみたいですが、怪人のほうはギュッて抱きしめたくなる。ぎゅっ。

ちなみに「ズボラ飯」は作中には登場せず、話の間のコラムに載っています。
一押しの料理は白菜と豚バラの鍋です。本当美味しいよ。



彼女の一人暮らし


共通点:微妙にエロい、生活感丸出し、主人公の女性が可愛い

独身女性が一人で部屋で吹き出物とかに悩んでるだけの漫画。料理は出てきませんのであしからず。
でも楽しい。いやにボキャブラリーも豊富だし。
主人公が26歳で年齢的にいろいろ焦りを感じているって設定がいい。応援したくなります。




花と奥たん


共通点:BLACK徒然草さんの記事を参照

主人公の奥「たん」がとにかく可愛い。
カラーで料理の詳細なレシピを教えてくれるのも楽しいです。
ストーリーは↑の記事通りかなりぶっ飛んでいるので好き嫌いは分かれるかも。
今後の展開がいろいろと心配な作品。




セイシュンの食卓


共通点:ズボラ飯、生活感丸出し

今日紹介した漫画の中で一押し
漫画の内容は2ページの毒にも薬にもならんような感じですが、このユルユルな雰囲気がたまらない。
料理の内容もテキトーなもんも多いですが、活用できます。
かなり前の作品ですが、いま読んでも古臭さを感じさせません。全力でおすすめ。
<参考>

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-01-24 : 花のズボラ飯 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

その映画限定のマナーCM集

このシリーズにまで3Dだと・・・?

明日は「グリーン・ホ―ネット」の公開日ですね。
ばかばかしい&格好いいアクションを期待しています。


そんな緑蜂ですが、3Dメガネのマナー講座CMがなかなかイカしていました。



しねーよ。でもこういうの大好き。
ちなみにアーティストはこの人のことです。

これに限らず、CMマナー集でおちゃらけてるのって楽しいですよね。
他の映画でも見つけたのでピックアップしてみてみました。

↓動画が多いので収納。

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-01-21 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アニメ「レベルE」は原作の面白さが詰まってる

いえーい発表!何がって破壊屋さんの「2010年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」がですよ!
開票を楽しみしていました。
<こちら>
ちなみにこのブログでも前回やばい作品をピックアップしていましたので合わせてどうぞ。

ここで答えを言ってしまうのは恐縮なので、是非ご覧になって確認してください。
とりあえず「劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母 大暴走!」の松本るきつらさんのコメントと
「ペ・ヨンジュン 3D」のpower_medicineさんのコメントに爆笑しました<こちら>

記事一番下のオチにも笑いました。その皆様が待ってる作品を観ちゃったよ、自分。



<閑話休題>



「テレビドカッチ」で現在、アニメ「レベルE」の1話が無料視聴できます。<こちら>



アニメ1話を観てみると・・いやあめちゃくちゃ面白ですよ、これ。
テンポが良くてゲラゲラ笑えます。
原作を知っていても知らなくても楽しめます。

原作は漫画で、作者は「幽幽白書」や「ハンター×ハンター」で有名な冨樫義博です。

漫画「レベルE」は間違いなく傑作で、全3巻という短さにもかかわらず驚異的な密度の濃さを持っています。
グロテスクな表現もあるので万人向けとは言えません(上のアニメは今のところそんなことはないけど)が、褒めても褒め足りない面白さです。


初めのほうのあらすじは


独り暮らしの高校生のところに、記憶喪失の宇宙人が居候をはじめる


と簡単に説明できます。

宇宙人が地球に潜入して暮らしているが、地球人はそれに気づいていない・・という設定は映画「MIB(メン・イン・ブラック)」を彷彿とさせるものです。


しかしこの物語全体はかなりぶっ飛んでいます。
まるで次のページどころかコマも予測できないような意外な展開、2重3重に「騙し」が入った構成、腹を抱えて笑ってしまう酷い(褒め言葉)ギャグなどはまさに至高。


発売から10年たっていますが、いま読んでも一向に飽きません。
それを再現したアニメがつまらないわけがない。
暇つぶしに・・とは言わず、すぐにでもに↑のリンクからアニメ1話を観ることをおすすめします。
本当に面白いですよ。

漫画版はamazonで満点の嵐。


作品情報はWikipediaでも読めますが、ネタバレがふんだんなので注意。
自分が特に好きなのは「カラーレンジャー編」「野球部員失踪編」です。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

2011-01-20 : いろいろコラム : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」感想(DVD)

ウルトラマンゼロ THE MOVIE」がすごく面白かったので
その前作にあたる「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」をDVDで観ました。




個人的お気に入り度:7/10

一言感想:ウルトラマンって、すごい


タイトル通り怪獣バトルが繰り広げられ、歴代のウルトラマンが次から次へと登場するサービス精神満点な内容です。
<ネタバレ反転>ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンメビウスが当時の変身シーンを再現して連続で見せてくれる」シーンなんか最高ですよ。

そのような内容なので、続編の「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」よりも、ウルトラマンや円谷作品を良く知る人向けになっています。

歴代のウルトラマンや怪獣が満遍なく活躍するので、キャラクターに思い入れがない人にはわかりにくいところもあります。
物語としても大乱闘とキャラクターのバックボーンの描写に時間を多く割いているので、シンプルな冒険ものだった続編とは違い、少しとっつきにくさを感じます。


でもねえ・・・アクションが本気ですごいんですよ、この作品。

序盤から「ウルトラマンベリアル」がウルトラ兄弟たちを次から次へと倒しまくる「無双」状態。
格闘も大胆なカメラワークもあって迫力満点です。

展開もスピーディかつ相変わらず熱い。
90分程度の作品ですが濃密。
退屈なシーンは一切ありません。


24歳にもなってウルトラマンをこんなに面白く観れるとは意外でしたが、本当「今のウルトラマンはこんなすごいことになっているんだよ!」と宣伝したい気持ちでいっぱいになりました。

Amazonのレビューを見ると「昔のようなミニチュアワークを切り捨てているのが気になる」という意見がありますが、CGを惜しげもなく投入するこの映像のスタイルも自分は気にいっています。

このスタッフたちに、本格的なアクション映画を撮って欲しいな、と本気で思います。

あと、一時期話題になっていたのですが小泉純一郎元首相が声優に初挑戦しています。
けっこうはまっていました。
「ウルトラの母」が超棒読みだっただけに。

続編の主人公ウルトラマンゼロの秘密が明かされるのも魅力の一つ。
子どもと一緒に観る大人も熱くなれる本作、とってもおすすめです。

テーマ : DVDレビュー
ジャンル : 映画

2011-01-19 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

映画「スコットピルグリム」の日本公開を応援しています

いやーすごいすごい。
なにがって映画「スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド(Scott Pilgrim vs. the World)」がめちゃくちゃ面白そうなんですよ。


監督は「ショーンオブザデッド」「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト。
この2作品とも大好きなのでそれだけでも観たいのですが、なんとこの映画アメリカの興行成績が大コケで、日本公開が怪しくなっているのです。<参考>

これはぜひ応援したい!と思い、予告編をとりあえず見てみたのですが・・・ぶったまげた



はじめは「ヘタレな主人公がいとしい彼女のハートをゲットするため、バンド活動に励む」という王道かつ良くあるタイプの映画だと思うはず・・。
しかし予備知識なしでこの予告編を観ると、55秒あたりから「?」となると思います。

↓予告編を観てから読んでね

続きを読む

テーマ : ★予告編★
ジャンル : 映画

2011-01-18 : いろいろコラム : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

漫画家「鬼頭 莫宏」作品の魅力について

今日はとある漫画家をご紹介。その名も鬼頭 莫宏(きとう もひろ)です。
漫画界では超有名な方です。


鬼頭さんの漫画の特徴として筆頭に挙がるのは「絵柄は可愛いのに残酷極まりない」ということです。

ただし残酷とは言っても、グチャグチャのドロドロのスプラッターとは違う、どこか乾いた感じ、人間の心理をえぐるような残酷さです。

そんな作風なのでものごっつ好き嫌いは分かれます
それこそ映画で言うところの「ダンサーインザダーク」や「リリィ・シュシュのすべて」に近いです。

例えば代表作の「なるたる」はこんな表紙


どこかジブリっぽい作風にも見えますし、タイトルと表紙から想像できませんが、この作品は読んだ人すべてを鬱にしかねなません。
1巻のころはそうでもないのだけど、とにかく少年少女が酷い目にあう、死ぬ、イジメにあうという人によっては不快極まりない内容です。
特に6巻は読む人全てをトラウマに引きずり込み、最終12巻にいたっては何日も立ち直れそうもなくなりそうな展開が待ち受けてます。
おかげで↑のamazonレビューもザ・賛否両論です。


でも自分は好きです。
前述で例に挙げた映画もそうだけど、映画や漫画、小説のメディアは楽しく、夢のある作品ばかりじゃありません。

作品が人の心を動かすためにあるとするならば、人間のいいところをばかりではなく悪い面や悲惨さを表現するのは必要なことなのだと思います。
そういった「毒」があってこそ、物語は面白いものです。
まあ鬼頭さんの作品は猛毒なわけですが。



その残酷性ばかりが取りざたされますが、もっとも秀逸なのはキャラクターの心理描写だと思います。
キャラクターがショックを受けたり、心が揺れ動くとき、画面が登場人物から離れ揺れ動くのです。
そのカメラは相手の口や、自分の手や、なにもない空間を写します。

例えばこのシーン、少年が恨みのある先生をナイフで刺す直前の場面です。
ぼくらの1
*「ぼくらの」6巻より(画像クリックで拡大)

表情の描き分けや、浮世離れしたような台詞も上手い作者ですが、この表現に一番氏の非凡さを感じました。
傷ついたり、感情が揺さぶられた時の吐き気のするような感覚を上手く表現しています。

映画でもカメラが揺れ動くという表現はあるけど、思いっきり被写体から離れる、または一部分しか写さないって表現は見たことがありません。漫画ならではものです。
またコマ割も特徴的なせいか、どこか不安定で落ち着かない雰囲気も持ち合わせています。



最新作の「なにかもちがってますか」もその技法がとりいれられています。


そのシーンがこちら
なにかも1
ネタバレになるので詳しくは言えませんが、このシーンの虚無感ったらない。最高に絶望できます。

ちなみにタイトルは誤植じゃありません。「なにか『も』ちがってますか」で正しい。
意味深ですが、作中のサブタイトルもこのタイトルに沿ったものになっています。


この漫画をおすすめできるのは、やっぱり若い世代だと思います。
中高生がなんとなく斜めに構えて、世の中の不公平さや不条理さを知る時期に読んでほしいかな、と本当に思う。
教育上よろしくないって意見も当然あるでしょうが、言葉よりももっと伝わるものがあるはずです(鬼頭さんの漫画の主人公は大体が中学生くらいですし)。

(追記)誤解のないように言っておきますが、鬼頭さんの作品は「単に性と暴力を描いただけ」のような作品ではありません。
暴力の代償にもしっかりと触れており、きちんとそういった衝動や、若者が抱える不安などに作者なりの、答えを出しています。
「ぼくらの」9巻で中学生の教師が言う「考えなさい」というメッセージはその最たるものです。
だからでこそ、若い人に読んでほしいと思うのです。



はじめて読むのだったら前述の「なにかもちがってますか」か「ぼくらの」がおすすめです。


少年少女が次々に死ぬという悲惨なストーリーですが、一人ひとりのエピソードが全て秀逸。




でもたまーにほのぼのとした作品も描く作者。こちらの短編集は普通にいい話が多くて驚きます。


ほかにも「終わりと始まりのマイルス」や自転車を題材にした「のりりん」は凄惨な部分がありません。
映画で言うところのディヴィッド・リンチ監督の「ストレイトストーリー」みたいなもので、ここまでほのぼのとしていると疑心暗鬼になってしまうのが、ちょっと気の毒。



自分の文章力のなさでは、とてもこの作者の魅力は語りつくせないわけですが、「勧善懲悪の物語は飽きた」なんて言うひねくれた人は一度読んでみるのがいいと思います。どっぷりとハマってしまう可能性のある素敵な漫画家さんですよ。



他作品


作者特有のグロテクスさが最も出ている作品


18禁でもおかしくない作品なので、大人のみどうぞ。

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

2011-01-17 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「なまたまごって、エラい!」漫画「花のズボラ飯」第二話レビュー

もう好きで好きでしょうがない漫画「花のズボラ飯」の2話をレビューします。<1話はこちら>


レビューの需要は知らない。自己満足上等です。


初めに出オチなことを書きますが、この2話はバイトに疲れた主人公がたまごかけご飯を食べるだけの話です。



続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-01-13 : 花のズボラ飯 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

半端じゃねえ面白さの木曜映画劇場のCM集

皆さんは「木曜映画劇場」のCMをご覧になったことがありますでしょうか。
寂しいことに番組自体は終了してしまったのですが、映画前の予告がいい意味で狂っているのは有名な話なのです。<参考>

そんな木曜映画劇場CM集をご紹介します。



面白すぎるだろ・・

順に名言を俳優&作品ごとに見てみましょう↓動画を観てから読んでね

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-01-11 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「キックアス」コミック版レビュー

先日観た「キックアス」があまりに面白かったのでコミック版も買ってみました。


*自分が買ったのは英語版&ペーパーバック品。

なんで英語版をわざわざ買ったのかと言えば、日本語版に比べて安かったからなのですが、これは正直日本語で読んでみたかった印象も。自分はTOEIC500点前半なので微妙なニュアンスが伝わらないことこの上ない。あと下品な言葉が多くて訳すのを躊躇しそうな場面が多数ありました。



読み終わった後の感想。


=□○_(吐血)




なんだこれは・・すげー落ち込むんですけど。

映画版との差異を言うならば
・よりグロい
・より登場人物の性格が悪い
・より後味が悪い

という印象。

グロさはともかく痛快な作品だった映画版に比べてあまりに陰陰鬱鬱としています。コメディっぽい要素はほぼなく、ストーリーの大筋は一緒でも、細部の展開がかなり異なっています。

この凄惨さは賛否両論あるとは思いますが、自分は圧倒的に映画板が好きです
とくに映画の「ビッグダディ」「レッドミスト」が好きだった人はゲンナリしちゃうかも。

もちろんこちらならではの良さもあります。
主人公デイブのよりギーク(オタク)の嫌~な感じが出ている点は見逃せないし、ケイトとの恋の顛末も全く異なっています。さらにデイブと父親とのエピソードは漫画でしか読めないもの。これも気が落ち込みそうなものなんだけど・・

日本語版もでているので、映画が気にいって、よりディープな世界に入り込みたい方にはおすすめ。
前述の通り、映画版のスカッとした後味ではないのでそれなりに覚悟を決めてお読みください。


アメコミとしてのクオリティはものすごく高いですよ。


最後に登場人物の映画版とコミック版の見た目の違いを見てみましょう。↓

続きを読む

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-01-10 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「SUCKER PUNCH」の邦題考えたやつ出てこい

自分が2011年もっとも楽しみにしている映画が「Sucker Punch(原題)」です。

監督は「300(スリーハンドレッド)」や「ウォッチメン」のザックスナイダーです。


もうとりあえずこの予告編を観てください



すさまじく楽しそうじゃないですか・・
かっちょいい女性たちが荒唐無稽なアクションを繰り広げるのは間違いない。
美女たちが日本刀を振り回し、マシンガンをぶっぱなし、ドラゴンやロボットや戦国武将っぽいのと戦うんですよ、最高じゃないか
ツボすぎてたまらないのですが、よけいに公開が待ち遠しくなりました。
日本公開まで情報はまだかな~と思っていたら

なんと邦題が「エンジェルウォーズ」となったそうです。<情報元は男の魂に火をつけろさん>

だ・・ダサッ。なんでだよ!なんでそんなC級臭のする邦題なんだよ!
おそらくボールを蹴るほうのサッカーを連想させるのを避けるためなんでしょうが、これはちょっとなあ。

エンジェルウォーズで検索少女漫画が出てくるし、どうにもイメージに沿いません。

個人的には「バス男」並みに酷い邦題だよ・・・

*口コミで良さが広まったコメディの良作


ま、まあ邦題で作品の良さが貶められるわけではないので、落ち着いて公開を待とうと思います。


追伸:Wikipedeiaの記事で監督自身、この作品は「マシンガンを持った『不思議の国のアリス』」だと言っているそう。監督に一生ついていきます。


テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

2011-01-09 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「アイリス THE LAST」ってどんな映画?

*映画を観たけど、全然楽しめなかったよ!


明日は映画「アイリス THE LAST」の公開日です。


韓国製ドラマの劇場版ということなのですが、自分はそのドラマを全く知りません。アイリスと聞くとアイリスオーヤマのほうが先に思い浮かびます(すみません)。

あらすじを見ると面白そうな予感がするので、映画版はどういったコンセプトなのか、簡単に調べてみました。



<とりあえず基本情報>
「IRIS -アイリス-」とは?
日本でもゴールデンタイムに放送された大ヒットドラマ。
主演はイ・ビョンホン、ヒロインはキム・テヒ。
韓国国家安全局(NSS)の特殊要員が国家的陰謀に巻き込まれていく姿を壮大なスケールで描く。
映画版はドラマの内容に沿いつつも新たな展開が用意されている。
シネマトゥデイの記事より>


こちらの記事では「ドラマ版では明かされなかった犯人の正体がわかる」や、「制作者がドラマを凝縮し、補充撮影したシーンを追加し、CG加工などを施し編集、完成させた」とあります。

映画版の試写会の感想がほとんどみつかりませんでしたが、こちらの質問版だと1月5日に秋田で先行公開があったそうです。日本のシーンが多くて嬉しかったとのこと。




つまりドラマ版のダイジェスト+αです。
劇場版として新たに構築された「劇場版エヴァンゲリオン」がイメージに近いのかも知れません。
結論としては、ドラマの続きものではないので予備知識は必要ではないが、明らかにファン向けに作られた内容ということ。


全くドラマを観ていない人は楽しめるのかな?
自分も観て、また感想を書きたいと思います。

「第34回香港国際映画祭で上映された2回分が全てソールドアウト」や、 「ドラマ版は視聴率だけではなく、オンラインでのダウンロード件数が370万件を突破している」とか、評判自体は良さそうなのでわくわくします。

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

2011-01-07 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「アンストッパブル」試写会感想まとめ

明日1月7日(金)は「アンストッパブル」の公開日ということなので、試写会の感想をまとめてみました。



シネマトゥデイのトラックバックや検索で見つけたものを選んでいます。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!さん
<すごく面白い>と評価

masalaの辛口映画館さん
トニースコット監督の映画を観て涙が出るとは思わなかった、とのこと。*下のほうにはネタバレあり。

LOVE CINEMA 調布さん
<3.5/5>と評価。

シネマ親父の“日々是妄言”さん
非常に面白い、男臭~い映画大好き!とのこと。

日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~さん
新春一発目の映画鑑賞に向いているとのこと

ドゥル的映画鑑賞ダイアリーさん
4/5と評価。

ゆったりねっとさん
ストレス発散度は高いとのこと。

おばちゃんみたいな小学生の、うだうだ話!さん
すこし地味かもだけど、楽しめるそう。

美齢の懸賞・映画ひろばさん
愚息は面白かった~と言っているそう。

鳳バースのPoi Poi Cafeさん
単純な話ですが、スリリングで見ごたえがある。

DINKS夫婦の雑日記さん
予告編で「ガリバー旅行記」が流されるかも。

もくもく雲さん
圧倒的な迫力にハラハラ、家族愛も泣かせる。




ブログじゃないけど

みんなのシネマレビュー
2人で6.5点。ザ・ハリウッドな映画の印象。

movie walker
4/5と評価

ぴあ映画生活
69%と評価。

goo映画
71%と評価。


まとめ:新春にはもってこいのスカッとした映画、や迫力がすごい!との評価が多いですね。
    10点満点で7点くらいでまとまっているので、万人向けの楽しめるアクション映画のようです。

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

2011-01-06 : いろいろコラム : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop

最近の気になる映画ニュース&リリースするDVD紹介

少年ジャンプ連載の「銀魂」で、昨年末に海老蔵ネタをやったと思ったら、今週は石原慎太郎ネタをやっていました。マジで尊敬します(挨拶)



今日から新企画として、自分が気になるニュースの張りつけと感想、近日発売のDVDなどをまとめて掲載してみます。




映画ニュース


桃井かおりが声優初挑戦
「トリコ」の映画版にて。しかも少年役とか・・・ちょっと想像がつかない。

「キックアス」大ヒットにつき上映劇場追加
だからこの映画すごいんだって!

今年実写映画化されそうな映画NO1は「SLAM DUNK」
女性部門1位のほうは実写が想像つくけど、スラムダンクは難しそうだ。ワンピースは誰がやっても論外。

ミニシアター系の映画館、閉館相次ぐ
シネマコンプレックスで公開してない映画を、遠出してミニシアター系の映画館で見ることが大好きなのでさびしい限り。そういう場所で観ると知り合いができるのでも楽しいですよ。




映画ネタ

「ソーシャルネットワーク」の宣伝ページが自己啓発セミナーっぽい
「才能ある男子はここが違う!」とか言われてもなあ・・億万長者だからといって彼の真似はしたくないです。

サンリオのキャラ、キキとララのブログが所帯じみてる
めっちゃ可愛いな。漫画「天体戦士サンレッド」みたいな親近感。

三流日本映画にありがちなこと
泣かせようとする魂胆がみえみえ。

ピクサーアニメの全てを網羅した動画「ビューティオブピクサー」
実にピクサー愛に満ち溢れた動画です。

タランティーノ監督の2010年ベスト映画20
自分の好きな映画が多くて嬉しかった。10位とか11位とか好きそうだもんなあ。

オタク監督ギレルモ・デル・トロの自作自演CM
「パンズラビリンス」の人。そういや「ヘルボーイ ゴールデンアーミー」でこの人はジブリおたくだと思ったっけ。




今週1月7日(金)発売&レンタル開始のDVDとBlue-Ray

エンター・ザ・ボイド ディレクターズカット完全版 [Blu-ray]
「アレックス」「カノン」など上級者向けの映画を撮るギャスパー・ノエ監督最新作。R18+。「鉄男」の塚本晋也とのスペシャル対談も収録。

シュアリー・サムデイ スペシャルエディション [DVD]
観客が全く集まらなかった失敗作ですが、出来自体は悪くはなさそう。小栗旬初監督作品。

フローズン [DVD]
-20度の極寒の中、スキー場のリフトに取り残されっちゃってどうしようなサスペンス映画。今の時期に観るのはキツいかも。

ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD]
「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」の続編。3部作中の2つめ。

ヤギと男と男と壁と [DVD]
アメリカ軍の超能力者のお話。日本版のタイトルは千原ジュニアがつけた。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
「無敵バージョン」ってのがいいですね。劇場公開版よりも15分間ほど長いバージョンのようです。






またシネマトゥデイの記事だとゾンビランドも1月7日に発売&レンタル開始となっていますが、amazonでは発売日が2月4日になっています。*TSUTAYAだと2月4日レンタル開始でした。
ゾンビランド [DVD]
これは昨年に映画館観たかったなあ・・・2010年のベスト10に挙げる人も多い作品です。

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

2011-01-05 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

漫画雑誌「ちゃおホラーDX」って何さ

以前ロビンフッドをロビンソンクルーソーと勘違いしていましたが、さらにウイリアム・テルと勘違いしていたことに気付きました。うわあ恥ずかしい。
ロビンフッド りんご」とかで検索すると勘違いしている人が多そうで何よりです。
(挨拶)








それは九州旅行に行く前のこと。車の移動中に暇つぶしになる本はないかな~と探していたときに見つけました



ちゃおホラーDX(雑誌)


何やってんだ小学館。
いやわかるよ!小さい子向けのホラーってコンセプトはわかるけど!(すでにそのレーベルで単行本も出てる)
「ちゃお」にホラーを混ぜる発想はなかったです。
でもこれは売れるんかな・・・怖いもの見たさの気がある子ども以外で、こんな企画のものを買うわけはないですよ。「ちゃお」を買う24歳は相当キショイしね。うんうん。








20110104062410.jpg
まあ買いましたが(レジのお姉さんにリアルに苦い顔をされた)。





でも中身はそこそこ楽しめました。

密室サスペンス系や、女と男のドロドロした関係を描いたもの、都市伝説や怪談系、はたまた百合(ガールズラブ)ものもあり、バリエーションは豊かです。

ほとんどの作品はお目目が大きくて絵柄的にちっとも怖くなかったり(いっつも思うんですがこの手の少女漫画って顔の3/4くらいが眼球だよね)、シリアスに描いているはずなのにギャグにしか見えなかったりするのはたまに傷ですが、子ども向けならこんなものでしょう。

でも一遍だけ映画の「es」(または元となる実験)をモチーフにした短編もありました。主人公たちは小学生です。いくらなんでもキツイだろーよ。

何にせよ、出版不況の中この企画を実行した編集部には拍手。第二弾も期待しています。

あと「ちゃお」を呼んでいる読者を「ちゃおっ子」と呼ぶ(呼ばせている)という無駄知識も得ました。脳細胞返せ。



内容のレビュー↓
ゴム人間の恐怖!漫画「ちゃおホラー」レビュー

テーマ : なにこれ
ジャンル : サブカル

2011-01-04 : いろいろコラム : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

あけましておめでとうございます

あけまして2011年。今年もよろしくお願いします。


じつはこの年末~正月は九州旅行に行っており、インターネットが使えないため自動更新中でした。
まあ自分が旅行記なんて書いてもつまらないのでとりあえず一言&箇条書き








・ハウステンボスってお城がきれいでウフフなスポットだと思ったら、普通にテーマパークだった。
露天風呂の脱衣所が寒い
・あとガキの使いが観れなかったことが地味にショック
・紅白の司会5人て多くね?
・紅白で「トイレの神様」を聞いて泣きそうになった
・池上彰さんの知識が相変わらずパない。
・旅自体はとても楽しかったよ




閑話休題



みなさんは「てつ」をご存知でしょうか。

まあ説明するより↓の動画をみてもらうほうが早いのですが

あまりにつっこみどころの多い商品で一時大人気となりました。
とりあえず「Kボタン」あたりはどういう会議をしたらこんなコンセプトになるのでしょうか。




↑の動画を見てからアマゾンレビューを見ると爆笑できます。




そんな「てつ」ですが、なんと最近続編が登場しました


何故さかだち・・(普通にすごいし)


こっちはアマゾンレビューが至極まともなため欲しくなりました。
姪or甥っ子ができたらプレゼントします。


そんな映画とも漫画とも関係なく始まったいいかげんな当ブログですが、新年もよろしくお願いします。

テーマ : なにこれ
ジャンル : サブカル

2011-01-01 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。