ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大味どころかゴリ押し「トランスフォーマー3/ダークサイド・ムーン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はトランスフォーマー/ダークサイド・ムーンです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:まるで成長していない・・・(むしろ開き直り)


あらすじ


アポロ11号による人類初の月面到達が達成されとき、人類はそこで宇宙船の残骸を発見していた。
そして現代。
善のトランスフォーマー:オートボットのリーダーのオプティマス・プライムは人類との同盟を続けていたが、アメリカ政府がその事実を隠していた事に憤慨する。

一方、2度地球を救った人間のサム(シャイア・ラブーフ)は大学を卒業し、就職活動中だった。





というわけで、ハリウッドの大味監督代表:マイケル・ベイ監督の最新作です。

前作:トランスフォーマーリベンジラジー賞に7部門もノミネートされ、そのうち最低映画賞、最低監督賞、最低脚本賞を受賞したという大変不名誉なことになっています。
そして監督自身も失敗作だと認めてしまいました


で、今作ではその反省が生かされているのかなと少ーーーーーーーーしだけ期待していましたが
前作と一緒じゃねーか


・展開はつっこみどころ満載
・下品で若干スベっているギャグシーンが多発
・戦闘シーンはようわからんけど迫力だけは満点
・無駄で散漫なシーンもチラホラ
・その上肝心なシーンの欠落

といつものマイケルさんでした。
自分のスタイルをまったく変えない態度には惚れ惚れします。


ドッシャンバキバキドカーンな戦闘シーンが延々と続き、画的には大興奮できます。

しかし当然というべきか、ストーリーのほうはまったく盛り上がりません
なんだかよくわからない喧嘩バトルをその辺でいろいろやっているだけなんですよね。

こうなっているのは、チームで一丸になって目的を達成しようとする構図が皆無なことがまず筆頭。
敵は敵で攻め込まれる城を守ろうとするのではなく、とにかく戦っているだけにしか見えないのがその原因かと。
まあ今までのシリーズでもそんなもんだったし、期待するだけ損です。


3Dもすごいことになっています。
ジェームズ・キャメロンお墨付きなだけなことはあり、文句なしの奥行き感。
その戦闘シーンが後半は1時間ぶっ続くんですから、そりゃあもうお腹が一杯です。むしろ胃もたれします。
おそらくこれを観れば「あと5年は3Dはいいや」と思えるので、ある意味3D版を選んだほうが経済的でしょう。


そんなわけで脚本がアレな感じですが、細かいことを気にしなければすごく楽しいです。
迫力だけあればほかはどーでもいい「頭悪い系ムービー」を期待する人にオススメでーす。


以下激しくネタバレ むしろつっこみどころ↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-29 : 映画感想 : コメント : 23 : トラックバック : 0
Pagetop

「実写映画版 くりぃむレモン」紹介

今日も旧作映画感想。
マイ・バック・ページ」」の山下敦弘監督作品「くりぃむレモン」を観ました。


↓画像がアレなんで、小さいのしか載せれません・・・



個人的お気に入り度:7/10

一言感想:男のダメ妄想全開映画


あらすじ


血のつながっていない兄妹がチョメチョメ(死語)する話。





はじめに説明しておくと、この「くりぃむレモン」は、18禁のロリコン向けエロアニメが原作となっています。
よい子はググるな。

で、この映画もエロいわけですが、R15+指定どまりでそこに対しては大したことはありません。
個人的にはエロエロすぎる作品よりもこんくらいのほうが好きです。


この映画の面白さは長ーーーーーい「間」をとって演技を見せていること。

そしてことばがとても自然なんですよね。
「マイバックページ」でもそうだったのですが、登場人物は台詞を噛んでいるのがまず驚き。

そうなんですよね、普段生活しても人はカミカミなんですよ。
きょうだいの禁断の恋(血はつながっているけど)に至るまでは、よけいにカミカミになるのは自然なのです。

台詞をトチッたりしたら、普通だったらカットされてしまうところなんでしょうが、この映画ではそのシーンでもいろんな感情が見えるよう。
主演の2人がドギマギしている姿を見ているだけでも楽しい作品なのです。


そんでこの映画の「お兄ちゃん」がダメすぎて笑えます。
特に<ネタバレ反転>[玄関で全裸で妹を待ち構える→即セックス]の流れには爆笑。

そして女の子は強い、そしてお兄ちゃんに従順。
この関係が、もう「男が勝手に妄想したエロ」な感じで素敵。
原作でもそんな感じなんでしょうね。


上映時間も短く、サクッとほどよいエロさを堪能できる作品です。
気が向いたら是非どうぞ。



あとメイキング映像がすごく楽しいです。これ。
こんだけ楽しかったのは「ファイナル・デスティネーション」以来かも。
作り手が楽しそうな映画っていいよね!


<参考>(ネタバレ注意)くりいむレモン - みんなのシネマレビュー
自分も「電話の後に動揺している兄」のシーンが大好きです。


そして実写版の「くりぃむレモン」のシリーズっていろいろ作られてるんですね。
「劇場版 神聖かまってちゃん」「サイタマノラッパー」の入江悠さんも監督しているのが驚きです。
くりいむレモン 魔人形

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-27 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ダウン症の青年と、悲しい中年の物語 映画「八日目」ネタバレレビュー

今日は旧作の映画のレビュー。
ミスター・ノーバディ」のジャコ・ヴァン・ドルマル監督作品の「八日目」を観ました。


↓amazonレビューはネタバレがあるので要注意
ダイエル・オートゥイユ
2500円
評価平均:
powered by yasuikamo
印象に残る作品
生きる事の答え。
「チョコレートを食べること」は、最後の選択です。



個人的お気に入り度:7/10

一言感想:辛辣な描き方かもしれないけど、愛しい映画


あらすじ


ダウン症の青年・ジョルジュは施設を飛び出し、「ママ」のもとへ会いに行く。
セールスマンの中年・アリーは別居中の娘と妻に見放されていた。

2人は出会う。彼らの旅路には、意外な結末が待っていた・・・





今年(2011年)に公開された邦画の「八日目の蝉」とタイトルが紛らわしいですが、 こちらは1996年制作のフランス映画。
素晴らしい映画なのですが、今作ははっきり好き嫌いが分かれます。


理由のひとつは絶対的に非難されることも多いであろうラスト。

もうひとつの理由はダウン症の人たちの描き方。
障がい者が、社会的な弱者としてだけでなく、周りに迷惑をかける存在としても描かれていることです。


でもこの映画はこれで正しかった気がします。
安易なハッピーエンドではなく、あえてこういう描き方をしたことで、監督が訴えたかったものがあるのだと思います。


また、ダウン症の青年を演じたパスカル・デュケンヌさんはみずからもダウン症の俳優です。
<参考>
この映画で、ダニエル・オートゥイユ とともに、彼はカンヌ国際映画祭にて主演男優賞を受賞しました。
ダウン症の方が、俳優として成功した姿には希望と喜びを感じずにはいられません。

自然体の演技で違和感を感じることはありません。是非彼の「笑顔」の演技を見てほしいと願います。
楽しい気分になれる映画ではないので万人向けではありませんが、障がい者についての見方を考えたい方には是非ともオススメしたい映画です。


以下はネタバレ↓結末部分は反転しています。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-25 : 旧作映画紹介 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

漫画家・羽海野チカさんの観た「パトレイバー」

ハチミツとクローバー」「3月のライオン」で知られる漫画家・羽海野チカさんの短編集「スピカ」を読みました。


羽海野チカ
500円
評価平均:
powered by yasuikamo
漫画の天才
きっと期待は裏切られないでしょう。
見た目は薄いけれど…


内容は100ページ程度と、普通の漫画の単行本からするとかなり薄いですが内容は濃密。
ほんの数ページの内容なのに、キャラクターの背景がしっかりと見える描写力は素晴らしいものでした。


そしてこの本には映画ファンにオススメできる要素もありました。

アニメ映画の「パトレイバー」の思い出を、作者が語ってくれるのです


以下少々ネタバレなため、予備知識なく読みたい方は注意↓







レンタルビデオ店で、数ある作品の中から、作者は「パトレイバー」を選びます。

スピカ1


その理由は、パッケージの背景に描き込まれた「背景」

スピカ2

実際に作品を観ても、その背景(街の姿)が心に残ったのです。


漫画と言う媒体を使って、このように映画作品の魅力について描いてくれるだけでも嬉しいのですが、漫画家ならでこその語り口も、そこにはありました。

スピカ4

「カゲ」。
画の見た目だけでなく、登場人物の心象をも表す「カゲ」の考え方は、是非読んでほしいです。

「パトレイバー」ファンなら歓喜すること間違いなしですよ!


冨永みーな
1537円
評価平均:
powered by yasuikamo
この映像は・・・
最高のエンターテイメント
安くなって手に入れた、大正解 良質です。


ここまで言っておいて、自分は押井守監督作は「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」しか観ていなかった・・・(すみません)。
こちらも素晴らしい作品なので未見の方は是非。

大絶賛の声が高い作品なので、ジブリ映画のように地上派で放送してほしいと願います。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-07-23 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

つらい>>>>楽しい農業高校生活 漫画「銀の匙」紹介

みなさんはお百姓さんの苦労を考えながらご飯を食べているでしょうか。

毎日ご飯を食べていると気づかないものですが、それを作るためには多くの人が多くの労力を重ねているものです。

農業を営むためには精神的な強さは必要不可欠。
それを若いころからから身につけるための「農業高校」があるのは必然なのです。

そんな「農業に関わる人は高校時代からしんどい」ことがわかる漫画「銀の匙(さじ)」の1巻が発売になりました。


荒川 弘
440円
評価平均:
powered by yasuikamo



個人的お気に入り度:9/10

一言感想:農業高校まじハンパねえ



作者が「鋼の錬金術師」の方ということもあり、すでに大人気のこの作品ですが、先入観なしでも最高に面白い漫画です。
本当すごい。


優等生だった主人公が農業高校に入学し、右も左もわからないまま農業高校に入学するところから話は始まります。




以下内容が少々ネタバレしていますので、予備知識なく読みたい方は要注意↓





そこでの生活は収容所なみ
朝5時起きは当たり前で朝から夜まで活動しっぱなし。

家畜の世話に追われる毎日。
主人公は「俺たちのヒエラルキーは家畜より下なんすね」と先生に聞きます。

しかし先生は・・

銀の匙1

「家畜の奴隷だ」と言い切る始末
こりゃひでえ!



まあそんな生活描写だけで抱腹絶倒なのですが、「夢」に対してシビアな現実を思い知らせるような辛辣なメッセージも込められています。

「獣医になる夢をかなえるために必要なものって何ですか?」と主人公は聞きます。
それを聞いた先生の答えが「学費、学力、体力」のほかに、これです。

銀の匙2

殺せるか、否か。

特に経済動物を相手にしている獣医は、家畜はしゅっちゅう命の選択を迫られてしまう。
「好き」だけではどうにもならないのです。

そのため、獣医になるのをあきらめた人もいる。
先生は、そんな人たちに対しても優しいことばをかけます。

銀の匙3

「そういう人たちが頑張っているから、助かっている命もある」

農業を営む人、家畜を営む人、獣医の人、それぞれみんな違ってみんないい。

夢を持つことと同時に、現実と戦う覚悟を決めなければいけない。

そんな作者の思いが込められているようです。
たとえ農業に携わっていなくても、ぜひとも子どもにも読んでもらいたいですね。




さてさて、つらいことばっかの農業高校の生活のようですが、当然いいこともあります。

とりあえず動物が可愛いんですよね。

銀の匙4

子豚にノックアウト。まあ家畜なのでそのうち食べるわけですが(切ねえ)


他にもご飯が美味しくって仕方がなかったり(超新鮮だからね)。
読んだ後は卵かけご飯が食べたくなることは間違いないですよ!




ちなみに、作者は一話が連載されたとき「フィクション・・・とも言いがたい学園漫画です」と言っていました。
たしかにそのとおりで、エピソードの一部は作者の実体験がもととなっています。

荒川 弘
714円
評価平均:
powered by yasuikamo

そしてこちらがそのエッセイ。

パワフルな作者のおかげで、こんだけエネルギッシュな作品が生まれたことに感無量であります。




そういえば、タイトルの「銀の匙」の意味ってなんでしょうね?

金持ちの家に生まれることを「銀のスプーンをくわえて生まれてきた(born with a silver spoon in one's mouth)」とも言い、「Silver Spoon」は富の象徴でもあります。

作中では、食堂の看板の横に銀の匙が掲げられていたことがありました。
ここで考えられるのは、「富」のほかにも

・銀=抗菌作用を持つ=安全な食事

を表しているということも考えられます。

最終回あたりでその意味が語られるのかもしれませんね。



どちらにせよ、今後も楽しみで仕方がない楽しさ。
腑抜けた現代人に活をいれてくれるような本作は、万人に文句なくオススメです!

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-07-21 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

穏やかな喜劇「大鹿村騒動記」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は大鹿村騒動記です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:原田おじいちゃんが可愛いほのぼの群像劇


あらすじ


長野県下伊那郡に実在する大鹿村では、300年にわたり伝統の歌舞伎が上演されていた。

歌舞伎の公演を間近に控えたある日、村で鹿肉料理の食堂「ディアイーター」を営む風祭善(原田芳雄)のもとに、18年前に駆け落ちをしていた妻・貴子(大楠道代)と親友の治(岸部一徳)が帰ってくる。
さらに貴子は脳の障がいのため、駆け落ちしたことも忘れていていた。

そんなとき、大鹿村を台風が直撃する・・





亡国のイージス」「闇の子供たち」の阪本順治監督最新作。

特になーんてことなく話が進む、ほのぼのとした映画です。

豪華キャストなのに、すごく地味。
だがそれがいい。
のんびりした素朴な人間描写は、気に入る方がきっと多いと思います。

この映画の魅力の筆頭は 原田芳雄さん演じるおじいちゃん。
「妻と駆け落ちをした親友」との会話が可愛くてしょうがありません。

女の子みたいな青年を演じた冨浦智嗣の描写も、自分は気に入りました。

松たか子と佐藤浩市の関係も、あっさりしすぎず、大きくなりすぎずでちょうどいい塩梅。

いろんな人間がチマチマと村の中で騒いでいる画をみるだけで、けっこう楽しいのです。



ただ、上映時間93分の中でコンパクトに話はまとまってはいるのですが、いまひとつラストへと物語が繋がるような脚本の妙は感じられませんでした。
登場人物たちの騒動と、歌舞伎のお話が乖離してしまっているように感じて、どうにも入り込めなかったのです。


また、個人的には歌舞伎には興味があんまりないので(すみません)その描写が少々退屈なのも否めませんでした。
瑛太演じる郵便局員が、舞台裏で歌舞伎のストーリーを少し語ってくれるのはよかったのですが、話の全体像を掴めるまでには至りません。

なんだか「歌舞伎を好きな人が、内輪の中で作った」というような不親切さでした。
歌舞伎について詳しい方なら問題はないでしょうが、知らない方にもきちんと魅力を伝えれるような構成だと嬉しかったですね。



しかし、この映画の公開日をジブリとポケモンとハリポタがひしめき合う時期にしちゃったのは明らかに失敗だったんじゃないかと。

監督は「座頭市 THE LAST」「行きずりの街」につづいて、また興行収入が大コケしてしまいそうなので、応援したくなります。
頑張れ、本当頑張れ。

デンデラ」に引き続き、1000円で鑑賞できる本作。
過度の期待をしなければ、ほっこりと楽しめる作品ですので、役者のファンなら公開が終わってしまわないうちに是非どうぞ。




そして・・この映画は原田さんの遺作になってしまいました
最近の映画では「奇跡」にも出演しており、ますますのご活躍が期待されていただけに、急逝は悲しくてしかたがありません。
心よりご冥福をお祈りいたします。


以下、ネタバレです↓見た方限定でどうぞ

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-19 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

現実的アニメの完成形「コクリコ坂から」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はコクリコ坂からです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ジブリ至上最も大人向けアニメ


あらすじ


高校2年生の松崎海(まつざき うみ)、通称「メル」はある目的のため、毎日家の前に「旗」をあげていた。

彼女の通う学校では、さまざまな部活動があつまる洋館「カルチェラタン」が存続の危機を迎えていた。
新聞部部長の風間俊(かざま しゅん)と、その親友の水沼史郎(みずぬま しろう)は抗議活動を行うのだが・・・





これは本当に面白かった!

「ゲド戦記」で総スカンをくらった宮崎駿の息子・宮崎吾朗監督の新作ということで、身構えている方もいらっしゃると思います。

でも心配無用。今作はゲド戦記の悪いところがほとんどなくなっています

心底憎たらしい悪役は出てきません。愛おしい登場人物ばかりです。
テーマをベラベラしゃべらしたりしません。心理描写を大切にしています。
声優は棒読みじゃありません。みんな素晴らしい演技をしています。

さらに、今作は原作をいい方向に昇華させています。

高橋 千鶴
924円
評価平均:
powered by yasuikamo
原作の味を損なわずに・・・
なつかしい
ジブリの次回映画化の原作に興味があって読みました。

表紙のとおり雰囲気はまったく違いますし、キャラクターの描写は、映画とかなり異なっています。
賛否はあるででしょうが、自分は映画版のほうが圧倒的に好きです。




この映画は、雰囲気でわかるとおり「ファンタジー色のない」映画となっています。
こういう作品だと「アニメでやる意味あるの?」と言われてしまうこともままあると思いますが、自分はアニメでやってこそ映える映像がいくつもあったと思います。

そのひとつが洋館「カルチェラタン」の造型。
きわめて現実的なストーリーなのに、ここだけは異世界のような素敵さです。

もうひとつが昭和の町並みの情景。
東京オリンピックを来年に控えた1963年が舞台となっており、その当時を体験した方なら懐かしいものがたくさん登場します。
夜の商店街もとっても綺麗。
何気ない日常描写にもぬかりはありません。


映画は、そんな当時の「何でもない」日常を淡々と描いています。
胸躍る冒険もしません。
悪役もいません。
物語の起伏もそんなにありません。

それなのに、感動的な映画に仕上がっています。
「たいした事件がおこっていない」のに感動するのは、人物描写の上手さによるものにほかなりません。
大人であれば、きっと後半の彼らの姿に思うことがあるはずです。

そんなわけで、今作はかなり大人向けの作品だと思います。
小学生以下のお子様は退屈必死。
高校生以上推奨くらいです。
前述のとおり、当時の風土を知っておくとより楽しめるでしょう。

お子様にポケモンを観せているすきに、大人だけで観るといいんじゃないかと思います



上映時間は91分とコンパクトですし、一本の映画としてみると物足りなさを覚える人もいるでしょう。

でも自分はこの映画を俄然支持したいです。
宮崎吾朗監督が、前述の反省点を生かして、この映画を作ったことが嬉しくてしょうがないのです。

脚本は駿お父さんが関わっているので素直に褒めれないのが残念ですが、ゴローちゃんはこれで十分に評価を得るのではないでしょうか。




今作に最も似ていると思った作品は「マイマイ新子と千年の魔法」です。

福田麻由子
4515円
評価平均:
powered by yasuikamo
久しぶりに心から「好き!」と思えた映画
劇場で見たかった傑作
大変すばらしい出来栄えのアニメ 異様さよりも身近なものとして想像力と絆を描く

「昔の生活を淡々と描く」ことにおいて素敵な作品。
これもコクリコ坂とおんなじで「大したことは何もおこらない物語」です。
子どもたちも可愛いですし、コクリコ坂が気に入った方は是非観てほしいと思います。



音楽もよかった!

武部聡志
2381円
評価平均:
powered by yasuikamo
「コクリコ坂から歌集」とあわせて
心に刻まれるストーリーと音楽
心地よいサウンドで


過度にノルタルジックになりすぎず、コミカルな音楽とのバランスも素晴らしかったと思います。



悪いことは言いません。
「最近のジブリってつまんないよね」って思っている大人は是非ご覧ください。
海がきこえる」「おもひでぽろぽろ」でも成し得なかった、現実的なアニメの素晴らしさが凝縮されています。

本気でオススメです!



以下は結末を含めて激しくネタバレ!未見の人は読まないで↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-16 : 映画感想 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop

映画「ゲド戦記」の悪いところ一覧(ネタバレあり感想)

あの迷作「ゲド戦記」が地上派で放映されました。

1700円
評価平均:
powered by yasuikamo
最高の小説を最低の映画にしたジブリは、犯罪だ。
買う前に・・・
酷すぎる


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:良いところもあるけどそれを全部押しつぶす非道の映画


まあスガスガしいまでの悪評っぷりだった本作。

実は自分が映画館で見たときは「え?そんなにひどい?」と思っていました。
個人的には結構楽しめたのです。

一番の問題は、巨匠宮崎駿の息子・ゴローちゃんが初監督で、ジブリブランド、しかも超有名小説を原作としている劇場映画の制作をするという無理難題を強いられたことだと思うんです。

親の七光りのおかげで「え?ボクが作るんすか?できるかなあ」みたいな感じで抜擢されたゴローちゃん(実際はそんなことはありません)。
さぞ酷評されてつらかったことでしょう。

でも作品の問題点を見る限りやっぱり擁護できないわけで・・・・
というわけで、放映前に「ここがダメだよゲド戦記」として振り返ってみたいと思います。

↓以下はネタバレを含んでいます 
ただし核心部分は反転しています。そんなに展開自体は書いていませんが、未見の人は控えたほうがいいかもしれません。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-12 : 旧作映画紹介 : コメント : 11 : トラックバック : 0
Pagetop

どの人生も、同等の価値がある。「ミスター・ノーバディ」ネタバレレビュー

映画Mr・ノーバディの感想です。

ジャレッド・レト
3619円
評価平均:
powered by yasuikamo
映画を体験する喜びを、久々に思い出させてくれた作品!
ついに来た
乞ブルーレイ化!

個人的お気に入り度:8/10

一言感想:複雑と言うより、巧妙かつ大胆


あらすじ


2092年の近未来。
人類は死ぬことがなくなり、118歳の「ニモ・ノーバディ」は唯一の「老衰で死ぬ」人間となった。
ニモは新聞記者の質問を受け、自らの人生を語り始める。
そして記者は、ニモには幾通りもの人生が存在していたことを知る。






相当に入り組んだ構造の映画だということは知っていましたが、ここまでとは。
全体像を理解するのは困難ですし、そもそも明確な「答え」すら存在しないような気がします。


今作が描いているのは「パラレルワールド」です。
何故彼はいくつのも人生を送ってきているのか。
そして「ニモ・ノーバディ」の正体とは?

それを推理してみても面白いでしょう。

この映画は一人の人間の人生を追うドラマであり、サスペンスでもあり、美しい映像で綴られたSFファンタジー作品でもあるのです。



惜しいのは上映時間が2時間15分と長いこと。
圧倒的な映像美もこの長さだと新鮮味が薄れてしまいますし、着地点がわからなくなる物語なので、かなり疲れてしまいます。


それでも、観た後は誰かと語らいたくなる巧妙さ&美しさ。
賛否のある作品ですが、個人的にはかなり好きになれた映画でした。



以下、結末を含めたネタバレです。かなり長いですが、映画を観た方限定でどうぞ↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-10 : 旧作映画紹介 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

漫画「うさぎドロップ」の最終回の、ダイキチのことば(ネタバレ感想)

漫画「うさぎドロップ」の最終巻が発売されました。


宇仁田ゆみ
980円
評価平均:
powered by yasuikamo
ダイキチすげぇよ・・・
こういう展開ですか。
ダイキチ視点とりん視点



大好きでしょうがない漫画なので、完結がうれしかったり寂しかったりで複雑な心境です。

そして最終巻は、それに負けず劣らずの複雑な心理描写が展開されていました。


だいたい、この漫画って「偏屈なおっさんが子どもをひきとってほのぼのした生活を送る」漫画だと思っていたんです。
それ+で、親としてのあり方などのテーマを内包している、1巻を読んだときにはそんなイメージでした。


それからすれば8巻ラストから最終巻の展開はかなり予想外
賛否はあるでしょうが、自分はこの展開は好きです。

主人公のおっさん「大吉」に親近感が沸き、すっかり感情移入してしまっていたのですが、この巻の彼の決断やらは「すげぇよ、アンタ」と尊敬の念でいっぱいです。

最終巻を読んだら、また1巻から読み直したくなることは間違いない!本当素敵な作品でした。



↓以下すさまじくネタバレで最終巻を振り返ってみたいと思います 読んでない人は見ないで!

続きを読む

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-07-09 : いろいろコラム : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

企画の大勝利「ガリガリ君 おかしなカキ氷」レビュー

みなさんはガリガリ君というアイスを知っていますでしょうか。

もちろんご存知だと思われる超ロングセラーのアイスキャンディーです。

独特の触感。
清涼感のある風味
3本買ってもハーゲンダッツに届かない価格設定
可愛くなさすぎなパッケージキャラなど、全てが愛おしく、大好きお菓子なのです。



そして・・・なんとガリガリ君専用でカキ氷を作るキットが発売されました。

その名も「おかしなカキ氷

index_img02.jpg
<公式サイトより>


あれだ、企画をした人天才だよ。


というわけで早速買ってやってみました。

20110705220931.jpg
見た目は水筒のよう。手動でガリガリ削るわけです。


20110705221703.jpg
冷凍庫から出してすぐだと削れにくい感じ。
一度削れはじめるとサクサク行きます。


20110705221736.jpg
こんな感じにできました。


食べてみた感想は・・・

ンまあーいっ 

いいよこれ!
普通のカキ氷とも、また普通にガリガリ君を食べるのとはまた違っている印象です。

公式ページにもありますが「フワッとしたカキ氷」というのが表現として的確かも。

ガリガリ君は「表面が固めで、中がカキ氷」といった感じですが、これは始終ふわふわサクサクした触感なのです。

「ガリガリ」じゃなくなっちゃうのがまた面白い。
ガリガリ君の持つ触感が統合されたおいしさ。これは食べてみなけりゃ伝わりません。




せっかくなので他のアイスキャンディーでも出来るか試してみました。

20110705221942.jpg
幅はガリガリ君とほぼ一緒だけど、縦は少し短めな印象でした。

が・・削れにくい!かなり力が要りました。
出来上がったのは・・・

20110705222453.jpg
うーん。
ちょっとカキ氷とは言いがたい出来。
「無理やりひねり出しました」みたいな。

食べてみてもおいしいことはおいしいのですが、ネチョネチョしているだけで触感の面白さやらは感じられません。



やっぱりガリガリ君向けに開発された商品。
他のもので作っても、いい結果にはならないようですね。


*言わずもがなですが、商品はガリガリ君以外で使うことを推奨していません。壊れてしまうかもしれないので真似しないでね。





ガリガリ君が新しいカキ氷として生まれ変わる本商品。
お子様には特に楽しいでしょうし、ガリガリ君フリークな方には是非!

タカラトミーアーツ
798円
評価平均:
powered by yasuikamo
楽しい美味しい!…けど。
ガリガリ君を、シャリシャリ君にしちゃいます
簡単ふわふわカキ氷

かなりオススメです!




ps.妹の「ガリ子」ちゃんはもう少し可愛くしてやってもいいと思うんだ。<参考>
「シャリシャリ君」が存在したことにもびっくりです。

テーマ : なにこれ
ジャンル : サブカル

2011-07-07 : いろいろコラム : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

セクシーマッチョに萌える2時間「マイティ・ソー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はマイティ・ソー(原題:Thor)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:ストーリーの物足りなさも、主人公の可愛さでオールオッケー


あらすじ


主人公ソー・オーディンソン(クリス・ヘンズワース)はその名のとおり、アスガルドの王・オーディンの息子であった。
王位継承を目の前にして、彼は敵の挑発に乗り、神の国を戦乱へと導いてしまう。

その罪のため、彼は地球へと追放される。
行き着いた先のニューメキシコで、天文学者のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)と出会うのだが・・・





神話をベースにしたアメコミ・ヒーロー「マイティ・ソー」の実写映画版です。


ストーリーの主軸になるのは、主人公「ソー」と、その弟「ロキ」との確執です。
王位継承をめぐり対立する兄弟の物語なので、少し「北斗の拳」を思わせます。

弟は根っからの悪人なわけではなく、同情の余地があります。
この心理描写が最後までドラマに組み込まれていたらよかったのですが・・・兄のほうも弟のほうも、成長や葛藤の描写があっけなくて物足りなさを感じてしまいます。

「人間世界」と「神の世界」が同時並行して描かれるので、これも世界観に入り込むことができない一つの要因になっていると思います。

戦闘そのものの少ないですし、血湧き肉踊るようなアクションを期待すると肩透かしかもしれません。


また、ハリウッドに進出した浅野忠信さんなんですが、これに関しては微塵も期待しないほうがいいです。
ポスターにでかでかと載っているのにこの扱い・・・大ファンなんで少しがっかりです。



そんなこんなで不満は多いです。

でも自分がこの映画が好きな理由は、ソーこと演じているクリス・ヘンズワースがめっちゃ可愛いこと。

傲慢な「俺様」なんていう宣伝のされかたですが、実際はそこまでではありません。
むしろ気が良くてお茶目で喧嘩っぱやくて筋肉むきむきというなんとも愛らしいキャラです。

神である彼が人間と交流し、ナタリーポートマンとイチャイチャしているだけでも結構楽しいのです。

なのでマッチョで可愛いイケメンを観たい紳士淑女の方は必見ですよ。



また、エンドロールの開始1分間は素晴らしかった!ここは3Dで観れてよかったです。

しかし本編はと言うと・・3Dの意味を感じえません。
上映環境は3Dがほとんどなのですが、エンドロールの1分に期待しないのであれば、今作は2Dで十分です。

グリーンホーネットといい、安易であんまり意味のない3Dを乱発しないでほしいです。



ロジャー・ラングリッジ
2940円
評価平均:
powered by yasuikamo
映画を見る前に読むと映画でニヤリとできる。

こちらはコミック版。
Wikipedia(←原作のネタバレ注意)によると、原作と映画ははかなり設定が異なっているようですね。

アメコミは今かなりの実写ブームなので、原作がもっと日本人に読まれるようになると嬉しいですね。
参考→<アメコミ食わず嫌いのお前らにアメコミの良さを教える>


以下、激しくネタバレです。未見の方はお控えください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-04 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

映画版の良さと悪さの混在「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は劇場版 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:話の小難しさがちょっと窮屈


あらすじ


「収穫祭」の夜、とある囚人が脱獄した。
「国家錬金術師」のエドワード・エルリックと、その弟アルフォンスは捕まえようとするが、囚人の強大な錬金術を目の当たりにし、取り逃がしてしまう。

2人は囚人が向かったと思しき場所「テーブルシティ」へと向かうのだが・・・






大人気コミック「ハガレン」の映画版。
原作が完結してからも劇場制作に乗り出しているあたりに人気のほどが伺えます。

こういった漫画作品の劇場版は「一見さんお断り」な印象もありますが、この作品は原作を知らない人でもそれなりに理解できるつくりになっていると思います。


一度目の劇場アニメ化作品「シャンバラを征く者」は、「アニメ(一期)を最後まで観ていないとさっぱりわからない」というシロモノで、原作漫画のほうしか読んでいない観客にはひどく不親切な作品でした。

でも今作は原作漫画の「主人公2人の境遇」「戦闘に使う錬金術」がどんなものかが大体わかっていたら、問題はありません。

アクションは小気味よく、画も綺麗。
スケール感も十分感じさせる、劇場版としては非常に丁寧な出来だと思います。



でも・・はっきり言ってお話のほうは満足できない印象です。

大きな理由のひとつが、舞台である「ミロス」の設定です。
これは実際の民族をモチーフにしている描写であり、作品に深みを与えるべき存在です。

映画では「ミロスの人々の歴史」「舞台設定」をキャラの台詞で語ってくれるのですが・・これが少々退屈で、話のテンポを悪くしているように感じるのです。

現実の民族紛争に則したような舞台、人物設計をしたのは良いと思います。
しかし、映画はエンターテイメントだと考えている自分には、その「説明」とアクションシーンとのバランスをもう少し考えてほしかった気もします。

また、「国VS国」ならまだわかりやすいですが、このミロスは「両国にはさまれた弱小国」という設定。
だからでこそ、入念な説明が必要だったのでしょうが・・・三つ巴にする必要性もあまり感じられません。

さらに3国の設定のほかに、多数の(原作を読んでいる人も初耳の)固有名詞が登場するのだからもう大変です。
少なくとも子どもは理解しにくいでしょうし、フラストレーションがたまることは間違いないでしょう。



すごく話はそれますが・・・宮崎駿さんは「世界を見せること」において最高の人だ、と映画を観終わって思いました。
「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」だって、舞台の説明をベラベラとキャラクターにしゃべらしたりはしませんよね。
あっても最小限で、かつ違和感のないように溶け込んでいます。

反してこの劇場版は、製作者が考えた世界観を余すことなく説明していることが窮屈なんです。
もちろん監督にとってはどれも捨てきれないものだとは思うのですが、映像表現で勝負する映画作品では控えておくべきことではないのでしょうか。

「登場人物の行動理由がわからない」よりは、はるかに良いのですけどね。




総評:

重く苦しいストーリーに心理的余裕はありませんし(ギャグシーンすらない)、残酷なシーンもあります。
説明の多さや、詰め込みまくりな展開に疲れてしまう人もいるでしょう。

しかし、驚ける仕掛けや丁寧な使われ方をされている伏線もあり、脚本自体はかなり出来がいいと思います。

前述のとおり、アニメーションとしての質もすこぶるいいですし、原作ファンとしては好きなキャラクターたちがスクリーンで見られるだけでもやっぱり嬉しいのです。(原作のキャラはろくな活躍をしていない気もするけど・・)

ファンなら劇場で観ておいて損はないでしょう。




また、劇場来場者プレゼントの「11.5」巻なのですが・・・読んでみると「ワンピースフィルム ストロングワールド」でもあった「0巻」とコンセプトがまったく同じで吹きました。

この商法もあんまり多用するのはよくないと思うのですが、どうでしょうかね。

内容は、11巻の続きにあたる書き下ろし漫画(4コマ漫画まである)、設定資料など非常に充実していてパンフレット並みかそれ以上の価値があります。
カバー裏までおまけがある太っ腹さ。
ファンは是非とも手に入れてください。


以下ネタバレ、核心に触れまくっているので未見の人は読まないでね↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-03 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

「借りぐらしのアリエッティ」ネタバレレビュー

いまさらですが、DVDで「借りぐらしのアリエッティ」を観ました。


3580円
評価平均:
powered by yasuikamo
出会いの大切さ、別れのせつなさ。。。静かで良質な“ファンタジーの小品”。
予想を裏切れなかった作品。
世界観は抜群にいい



個人的お気に入り度;4/10

一言感想:ストーリーをちゃんとしようよ、ねえ・・・




もともと評判のよくなかった作品なのでそんなに期待していなかったのですが・・・
正直これは予想以上につまらなかったです。

序盤はすごく面白かったのに以降は見事に右肩下がり。

何がいけなかったって、
「人間たちの台詞と行動がありえない」
「冒険ものとしてわくわくしない」
「長い小説のプロローグで終わっているようなストーリーのあっけなさ」
です。


せっかく舞台や音楽、演出がいいのにストーリーで台無しです。もったいないと思います。

そういえば「トイストーリー」のおもちゃの視点の世界も、この小人たちと似ています。
でもわくわく感は圧倒的にトイストーリーのほうが上だなあ・・

結局「小人と人間たちの大きさの対比」の画の面白さだけが救いです。
それ以外はあんまり期待しないほうがいいと思います。



以下は超ネタバレ。未見の人は読まないでね!↓
メタメタに書いているので、この作品を好きな方は読まないほうがいいかも・・ごめんなさい。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-01 : 旧作映画紹介 : コメント : 14 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編

<2016年下半期>
『聲(こえ)の形』
『スーサイド・スクワッド』
『キング・オブ・エジプト』(吹き替え版)
『君の名は。』
『ゴーストバスターズ(2016)』
『シン・ゴジラ』
『ファインディング・ドリー』

<2016年上半期>
『葛城事件』
『TOO YOUNG TO DIE!』
『貞子 vs 伽椰子』
『ヒメアノ~ル』
『デッドプール』
『アイアムアヒーロー』
『ズートピア』
『クレしん ユメミーワールド』
『バットマン vs スーパーマン』
『ドラえもん 新・日本誕生』
『X-ミッション』
『オデッセイ』

<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』
『アメリカン・スナイパー』

<2014年下半期>
『ベイマックス』
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『MONSTERZ』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。