FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

現実的アニメの完成形「コクリコ坂から」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はコクリコ坂からです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ジブリ至上最も大人向けアニメ


あらすじ


高校2年生の松崎海(まつざき うみ)、通称「メル」はある目的のため、毎日家の前に「旗」をあげていた。

彼女の通う学校では、さまざまな部活動があつまる洋館「カルチェラタン」が存続の危機を迎えていた。
新聞部部長の風間俊(かざま しゅん)と、その親友の水沼史郎(みずぬま しろう)は抗議活動を行うのだが・・・





これは本当に面白かった!

「ゲド戦記」で総スカンをくらった宮崎駿の息子・宮崎吾朗監督の新作ということで、身構えている方もいらっしゃると思います。

でも心配無用。今作はゲド戦記の悪いところがほとんどなくなっています

心底憎たらしい悪役は出てきません。愛おしい登場人物ばかりです。
テーマをベラベラしゃべらしたりしません。心理描写を大切にしています。
声優は棒読みじゃありません。みんな素晴らしい演技をしています。

さらに、今作は原作をいい方向に昇華させています。

高橋 千鶴
924円
評価平均:
powered by yasuikamo
原作の味を損なわずに・・・
なつかしい
ジブリの次回映画化の原作に興味があって読みました。

表紙のとおり雰囲気はまったく違いますし、キャラクターの描写は、映画とかなり異なっています。
賛否はあるででしょうが、自分は映画版のほうが圧倒的に好きです。




この映画は、雰囲気でわかるとおり「ファンタジー色のない」映画となっています。
こういう作品だと「アニメでやる意味あるの?」と言われてしまうこともままあると思いますが、自分はアニメでやってこそ映える映像がいくつもあったと思います。

そのひとつが洋館「カルチェラタン」の造型。
きわめて現実的なストーリーなのに、ここだけは異世界のような素敵さです。

もうひとつが昭和の町並みの情景。
東京オリンピックを来年に控えた1963年が舞台となっており、その当時を体験した方なら懐かしいものがたくさん登場します。
夜の商店街もとっても綺麗。
何気ない日常描写にもぬかりはありません。


映画は、そんな当時の「何でもない」日常を淡々と描いています。
胸躍る冒険もしません。
悪役もいません。
物語の起伏もそんなにありません。

それなのに、感動的な映画に仕上がっています。
「たいした事件がおこっていない」のに感動するのは、人物描写の上手さによるものにほかなりません。
大人であれば、きっと後半の彼らの姿に思うことがあるはずです。

そんなわけで、今作はかなり大人向けの作品だと思います。
小学生以下のお子様は退屈必死。
高校生以上推奨くらいです。
前述のとおり、当時の風土を知っておくとより楽しめるでしょう。

お子様にポケモンを観せているすきに、大人だけで観るといいんじゃないかと思います



上映時間は91分とコンパクトですし、一本の映画としてみると物足りなさを覚える人もいるでしょう。

でも自分はこの映画を俄然支持したいです。
宮崎吾朗監督が、前述の反省点を生かして、この映画を作ったことが嬉しくてしょうがないのです。

脚本は駿お父さんが関わっているので素直に褒めれないのが残念ですが、ゴローちゃんはこれで十分に評価を得るのではないでしょうか。




今作に最も似ていると思った作品は「マイマイ新子と千年の魔法」です。

福田麻由子
4515円
評価平均:
powered by yasuikamo
久しぶりに心から「好き!」と思えた映画
劇場で見たかった傑作
大変すばらしい出来栄えのアニメ 異様さよりも身近なものとして想像力と絆を描く

「昔の生活を淡々と描く」ことにおいて素敵な作品。
これもコクリコ坂とおんなじで「大したことは何もおこらない物語」です。
子どもたちも可愛いですし、コクリコ坂が気に入った方は是非観てほしいと思います。



音楽もよかった!

武部聡志
2381円
評価平均:
powered by yasuikamo
「コクリコ坂から歌集」とあわせて
心に刻まれるストーリーと音楽
心地よいサウンドで


過度にノルタルジックになりすぎず、コミカルな音楽とのバランスも素晴らしかったと思います。



悪いことは言いません。
「最近のジブリってつまんないよね」って思っている大人は是非ご覧ください。
海がきこえる」「おもひでぽろぽろ」でも成し得なかった、現実的なアニメの素晴らしさが凝縮されています。

本気でオススメです!



以下は結末を含めて激しくネタバレ!未見の人は読まないで↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-07-16 : 映画感想 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR