ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

最強の明太子丼? 漫画「花のズボラ飯」18話レビュー(2巻先行収録)

エレガンスイブ」11号の小冊子に収録されていた「花のズボラ飯」第18話のレビューです。
<今までのレビューはこちら>

小冊子には1巻に収録されていない、雑誌掲載時に評判の高かった3作品が収録されています。
読んでみると人気も納得の、最高クラスの面白さでした。

2巻がいつごろ発売されるのかはわかりませんが、あと1年でも2年かかってもそれでもいいです。楽しみでしょうがありません。


そんなわけで、相変わらず需要不明な「花のズボラ飯」のレビューを再開します。このブログのメインは映画レビューです


花のズボラ飯18

いつもながら笑顔が幸せそうだなーこの人。

以下はネタバレ

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-29 : 花のズボラ飯 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

「エレガンスイブ」11月号は「花のズボラ飯」特集です

9月26日に発売された漫画雑誌「エレガンスイブ 11月号」では、「花のズボラ飯」特集が組まれていました!
<「花のズボラ飯」の今までのレビューはこちら>


660円
powered by yasuikamo


「花のズボラ飯」特集に花沢健吾、ヤマザキマリらが寄稿←参考


巻頭の「花のズボラ飯」の1話分オールカラーに加えて、小冊子が付いています


はなずら



これが

・1巻に収録されていない「花のズボラ飯」が3話分読める

・「アイアムアヒーロー」の花沢健吾さん
 「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさん
 「それでも町は廻っている」の石黒正数さん
などの豪華すぎるトリビュート作品が掲載
*個人的には和泉晴紀さんの「男の手抜き飯(笑)」がツボでした

ズボラ飯のレシピが収録されている(本編に登場したもの+新作4つ)

と太っ腹すぎる内容になっています。



小冊子の裏表紙の絵もすっごく素敵!

間違いなく永久保存版ですよ!




っていうかこの小冊子に「花のズボラ飯を応援してくださるみなさま」という1ページの特集が組まれているのですが・・・・そこにこのブログの名前が載っています





( ゚д゚)





3行の紹介文ですが、めでたく書籍デビューを果たしました

ホリエモンしょこたんブログとともに名前が載っているんですけど。
恐縮で死にそうです

こちらのブログも紹介されています↓
孤独のグルメを超えるか!?萌え人妻自炊マンガ 「花のズボラ飯」:a Black Leaf
みぐぞうの後ろ向き日記 おすすめ漫画「花のズボラ飯」
『花のズボラ飯』の“サッポロ一番塩ラーメン野菜炒めドカのせ”を再現! - 本がないならブログをお読み


編集者さま、ありがとうございました。あ、せっかくなので、これに掲載されている4話分もレビューするよ!


*雑誌本体のほうは「黄昏ヤング」「星屑パズル」という読み切り作品が面白かったので、是非そちらも読んでみてください。


1000円
powered by yasuikamo


そして10月6日にはレシピ本も発売です!

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-27 : 花のズボラ飯 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

毎日のお弁当の面白さ 漫画「高杉さん家のおべんとう」紹介

お弁当って作ってますか?
一時期は弁当男子という言葉も流行し(たよね?)、お弁当作りはある種のステータスになっています。

しかし毎日お弁当作るのは、得てして面倒くさいもの。

そんな面倒くさがり屋でもお弁当を作りたくなる漫画、「高杉さん家のおべんとう」を紹介します。


*最新4巻


あらすじはこんな感じ



オーバードクターの31歳(男)と、従姉妹で12歳の少女が共同暮らしをはじめて、お弁当も一緒に作るようになる。




というもの。

この漫画の最大の魅力といっても過言ではないのが、その女の子の可愛さです。

高杉さん1

昼休み中も料理のことを考えているという主婦っぷりです。

でも彼女は料理が万能というわけではなく、歳相応のものだけが作れるといった感じ。
31歳の主人公も同様です。

そんな2人が工夫してお弁当を作っている姿がなんとも微笑ましいのです。


しかし年の離れた男女がひとつ屋根の下(しかも片方は女子中学生)なので、いろいろと誤解を招く状況でもあります。

高杉さん0

そりゃあねえ・・・

2人の離れすぎず、くっつきすぎずの共同生活を見ているだけでも楽しいのですが、お弁当に対する「姿勢」がこれまた面白いのです。

高杉さん2

「お弁当は、ほんの少し未来をしつらえる仕事」

そうなんですよね。
作るのが毎日だったり、「仕方なく」作っているいると忘れがちな概念です。

食堂やお店でご飯を食べると、その場で「ご飯」の内容を決めることになる。
それとはちょっと違う食事なのです。

高杉さん4

「ほんの少し先の未来を作ることができるのなら、さらにその先も、きっとできることがある」
主人公はお弁当を作ってきて、そう思うようになってきます。

その「未来へに向けての工夫」こそが、お弁当を続けるコツなのかもしれませんね。




まあそんな哲学的(?)なことを考えずとも、女の子が可愛ければそれだけで最高なんですけどね。

高杉さん3


「お気に入りの場所」がスーパーの安売り場・・・本当主婦だなもう。


ほのぼの&可愛い作品なので、男女問わず楽しめますよ。
文句なしでオススメの漫画です。

柳原 望
620円
評価平均:
powered by yasuikamo
お弁当で育む愛
地に足の付いた内容が好感触
お弁当が繋ぐ心の絆


この系統ですと、「きのう何食べた?」も面白いですよ。
優しい雰囲気の料理漫画って大好きです。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-25 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

行動こそが希望となる「僕たちは世界を変えることができない。」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.です。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:全ての日本人に観てほしい「等身大」の物語


あらすじ


田中甲太(向井理)は一浪したすえに医大に合格したが、「不満があるわけじゃないけど、どこか物足りない」日々を過ごしていた。
ある日郵便局で彼はとあるパンフレットを見つける。
あなたの150万円の寄付で、カンボジアに屋根のある小学校が建ちます
それに触発された甲太は、本田充(松坂桃李)、芝山史(柄本佑)、矢野雅之(窪田正孝)とともにサークル「そらまめプロジェクト」を立ち上げ、150万円を集めようと画策する。

そして彼らはスタディーツアーと称し、カンボジアへと飛ぶ。
そこで彼らは、想像のできない世界と、その現実を目の当たりにする・・・





これは本当に素晴らしい映画だった!
老若男女を問わず是非観てください。それくらいオススメです!


この映画の秀逸な点として主にあげたいのは2つ。
美談の押し付けがましさが全くない
・平凡な(恵まれた環境にいる)大学生が、世界の現状を知る過程が上手い
ことです。


この映画のストーリーに
「日本人がカンボジアに小学校を建てようって、ただの自己満足じゃないの?」
「海外に行かなくても、日本に困っている人がいっぱいいるじゃん。そっちに目を向けてよ」
といったネガティブな印象を印象を持つ人もいると思います(自分も少なからずその思いはありました)。

でもこの作品はそういう人たちこそに観てほしいです
何故なら、この疑問は映画の中でしっかりと提示されるからです。

彼らは他のこともたやすく乗り越えることはありません。
映画は彼らの「挫折」「夢と現実の違い」をこれでもかと描きます。

その場所に行く前では、全く想像できなかった残酷な世界。
ポルポト政権下で、カンボジアでは何があったのか。
それを知るエピソードは全て秀逸で、向井理さんはじめ、全ての役者が素晴らしい演技でそれを表現してくれています。


彼らは何を知り、その行動で変わったことは何だったのか。

自虐的に思えるタイトルも、このテーマに合致しています。
そのメッセージに感動する人はきっと多いはずです。



原作本も作者の等身大の思いが伝わってくる良書です。

葉田 甲太
500円
評価平均:
powered by yasuikamo
思いつきは信念となり、達成を導く
行動に移せるすごさ。
ストレートな言葉でとてもリアル。

自費出版された単行本は下ネタが多いので、読むのだった改定が加えられたこの小学館発行版がおすすめ。

原作には映画では描かれていなかったエピソードもあります。
また、この文庫版の収入は、カンボジアに建てた小学校の維持費や、発展途上国への寄付にあてられるそうです。


原作でも映画でも、観た&読んだ後には「自分にも何かができるかも」と思わせてくれます。
ボランティアをしてみたいと考えている若者や、海外のNPOに関わる人も必見です。

向井理ファンの方も、至上最もイケメンっぽくない、カワイイ(おたくっぽい?)青年の役柄が見れるので十分満足できるでしょう。



ひとつ苦言を呈するのなら、今作は予告編の出来があんまりよくないと思う!

予告編に使われている向井理さんのスピーチは、その前提となる展開がわかっていないとどうしても陳腐なものに見えてしまうだろうし、前述した「自己満足っぽい話」というイメージを助長させているような気がするのです。

予告編の最後に「僕たちは世界を変えることができない、だけど・・・」の答えを言ってしまうのも野暮と言うほかないです。

なので予告編のイメージをきっぱり捨てて(もしくは観ないで)劇場へ足を運ぶことをおすすめします。



以下、結末を含めたネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-23 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

日本人のあり方は世界に通用する?漫画「ジャポニカの歩き方」紹介

9月23日(祝・金曜日)から、映画「僕たちは世界を変えることができない。」が公開されます。

・今をときめくイケメン向井理主演
・主人公たちがチャラチャラした(してそうな)大学生
・「俺たちだってボランティアで何かできるはずだ!」なストーリー

とくれば、自分みたいな腐りきった大人は

こんなイケメンアイドルを持ち上げた自己満足映画なんて観てられっかああああ!

となるのですが(ホントすみません)、yahooレビューではかなりの高評価でした。



ホントすみません・・・(2回目)


まあとにかく、若いうちに世界を知る、または「何かができるはず」という向上心を持つことはとっても大切だと思うのですのよ。


今日は典型的な日本人の青年が海外を知り、学び、「できること」探す漫画作品ジャポニカの歩き方をご紹介します。

西山 優里子
590円
評価平均:
powered by yasuikamo
ニートな外交官
邦人を守るのが私の任務です(このセリフはこの作品のものではありません)
現地の話をもっと描いてほしい


あ、某学習帳とは無関係ですよ(当たり前だ)。


どんな漫画かと言えば


ダメダメなニートの青年が海外大使館で働くけどそこでも大慌て



という非常にシンプルなものです。


それまでにもいろんな出来事がありました。
主人公は海外先でトラブルにあったおかげで、就職先から内定を取り消され、就職できずにバイト暮らし・・・という状況になってしまいます。


友人とバザーを見に行ったとき、彼は大使館で働く人間に出会います。
そして海外の食べ物に拒否反応を示す主人公。

そんな姿を見せ、彼はこう言われてしまいます。

ジャポニカの歩き方1

「日本人は内向きで冒険心がない」

今の日本人は冒険心より「安定・安泰」を求めてる。そう見られることもあるのでしょう。

さらに事件は起こります。主人公の食べたケーキの中に、金属片が入っていたのです。
それを見ていた海外の大使館の人たちは大慌て。彼女たちはこう聞きます。

ジャポニカの歩き方

「スポンジとケーキ、どちらに異物が入っていたか?」と。

当然のように主人公は「どっちでもいいじゃないですか」と言いますが、事態はそう単純じゃありませんでした。
彼の答えによって、責任がどちらの国にあるかが変わり、賠償問題や裁判になりうる可能性もあるのです。

悩んだすえ、彼は最終的にこう答えます。

ジャポニカの歩き方4

結果、どちらも責任を負うことはありませんでした。

トラブルを切り抜けたように思える主人公ですが、大使館で働く人からは「まずい方法をとった」と見られてしまいます。

異物が入っているのを言わなかったせいで、ほかでも誰かが同じようにケーキを食べたときに痛い思いをするかもしれない、さらに日本人は「泣き寝入りをする」とナメられるかも、と。

じゃあどうすればよかったんだ?解決法なんてあるのか?そう主人公は問います。

もちろん完全な正解なんてありません。でも、できることはあります。

ジャポニカの歩き方5

それは「交渉」です。

「向こうが妥協できるラインを探しながら、不利益を国益に変える努力をする。泣き寝入りは絶対しない」

これこそが、外交官がするべき行動なのです。


また、彼は主人公の行動を完全に否定しません。
不器用な優しさこそが、愛すべき日本人」と語る姿は非常に印象的ですので、是非単行本で読んでいただきたいです。




こういった「日本人像」「世界への関わり方」を見るだけでも楽しい漫画なのですが、海外の薀蓄や、大使館ってどういうもので、どんな仕事をしているの?ということもわかるので非常に勉強になります。

ジャポニカの歩き方3

これはラオスの話。
海外で働くためには、トラブルを起こさないために、その場所の風土・文化・宗教を知る必要があるのです。



今の日本人の若者は海外に行って「何かをする」行動力も、そのやり方もわからなくなっているのかもしれません。

この時代に必要なのは、「自分にも何かができる」「そのためには、どうすればよいのか」を教えてくれるものなのではないか?
この漫画を読んでそう思いました。

こういった作品に影響を受けて、行動することが増えてくれることを願います。いい漫画ですよ。


こちらで試し読みができます↓
イブニング|ジャポニカの歩き方|作品紹介|講談社コミックプラス

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-21 : いろいろコラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

全てにおいてゲーム的「世界侵略:ロサンゼルス決戦」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:迫力はあるけど、やや凡庸


あらすじ


軍隊に20年務めた「ナンツ2等軍曹」
「スタヴロー伍長」
「ゲレロ上等兵」
結婚を間近に控えた「ハリス伍長」(ニーヨ
「アドゥクス衛生下士官」
PTSDに悩む「カーンズ上等兵」
童貞男の「レニハム上等兵」
兄を失った「ロケット伍長」
「マルチネス少尉」

死亡フラグを立てまくった男たちが、未知の宇宙人に立ち向かう!






前評判が良くなかった映画ですので、全く期待せずに観たのですが・・これは消化不良な内容でした。


熱くなれなかった理由は、新鮮味のなさが一番の要因だったと思います。

宇宙人の造形は「第9地区」の兵器っぽいし、
宇宙船は「スカイライン」っぽいし、
今作の戦闘シーンの多さ、その爽快感のなさは「ブラックホーク・ダウン」を思わせます。


そしてアメリカ万歳映画代表、「インディペンデスンデイ」の影響もふんだんです。

ウィル・スミス
650円
評価平均:
powered by yasuikamo
とにかく単純に楽しめる
エメリッヒ監督作品の中では最高
素晴らしき「確信犯」映画

でもこの映画のいい意味でのバカバカしさは「ロサンゼルス決戦」にはありません。


ではこの映画の新しさは何か?と言えば数人の一兵隊の視点のみで話を進めていることです。
TVゲームのジャンルとして「ファーストパーソン・シューティング(FPS)」というのがあるのですが、まさにその印象。

この試みは十分成功していると思います。
入ってくる情報は最小限。
舞台も「ステージクリア」ごとに変わっていくのでテンポもいいです。
なにより、登場人物たちと息がつまりそうな激しい戦闘を共有できます。

しかし、肝心の戦闘シーンがあまり面白くありません。
伏線がうまく使われていないし、ツッコミどころはあるし、画面は手ぶれが多くて見づらい・・・戦闘そのものがメインの映画なので、もう少しメリハリが欲しかったです。


そして今作はSF映画ですが、そのSFっぽさもまるでありません。
敵が宇宙人でなくても成り立ちそうな勢いです。


キャラクターの描写は↑のあらすじのようにちょっとだけ描かれるのですが、人数が多すぎて正直覚えてられません
結局描写が淡白なまま終わってしまいます。


と、非常に残念な点ばかりが思いつくのですが、主人公(ナンツ2等軍曹)の描写はなかなかよかったです。
彼は兵隊に20年も務めているのに、「2等軍曹」という地位なのです。

このことには理由があります。
そして彼自身が、それをどう思っていたか。

それにグッとくる人はきっと多いのではないかと思います。


ともかく、「地球侵略もの」を見慣れている方には物足りないとは思います。

始終戦いだけで、ストーリーはあってないようなものですが、そこを割り切ってしまえばそこそこ楽しめると思います。

以下、ネタバレです↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-19 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

何かを失った後に得るものがある「アジョシ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアジョシです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:バイオレンス&オーソドックス


あらすじ


質屋を営むテシク(ウォンビン)のそばには、ソミという女の子が住んでいた。

ある日ソミと、麻薬中毒のその母親が誘拐されてしまう。
テシクは2人を救うため、組織と取引をするのだが・・・





これは面白かった!

この映画の魅力として、まず特筆すべきは主演のウォンビンです。

本作のタイトルの意味は「おじさん」であり、ウォンビンはおじさんと言うには少々若すぎるような気がします。
(脚本段階ではもっと年上の設定だったそうです)

しかしこの映画に関してはこれで正解です。
アクションの冴え渡りはすごいですし、なにより演技が素晴らしいです。
役者としての底力が見えるかのような熱演で、この役は彼以外には考えられないほどのはまりようです。


ウォンビンは「母なる証明」では知的障がいのある青年を演じていました。

キム・ヘジャ
1157円
評価平均:
powered by yasuikamo
不条理劇の傑作
「永遠の子供」と「母」
凄いな、ポン・ジュノは、、、。(内容に触れてます)

「アジョシ」ではそれとは正反対とも言えるハードボイルドな役柄です。
さらなる魅力を見せてくれました。


ストーリーは「組織にさらわれた女の子を、男が助けにいく」という非常にオーソドックスなものです。

しかし映画は平凡な出来ではありません。
敵側も警察側もキャラクター描写が秀逸で、話運びも非常に丁寧、さらに何気ない台詞や表情にも伏線が隠されています。
人間ドラマ&サスペンス作品のツボを押さえまくった堅実なつくりです。


しかしそこはやっぱりR15+指定作品。
暴力の描写はかなり過激です。
ウォンビン目当ての女性に勧めづらくなっているのは少々残念かもしれません。


ともかく残酷描写が抵抗がない方であれば、誰にでもオススメできるハイレベルな韓国映画です。
是非是非劇場へ。


以下、ネタバレです 結末に触れていますので未見の方はご覧にならないようお願いします↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-17 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

全然楽しくない洞窟探検「サンクタム」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はサンクタムです。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:うん・・・フツー


あらすじ


巨大な洞窟に侵入したけど予測不可能な事態が起こったから脱出しよう。





「ジェームズキャメロン」の名前が前面に出まくっている本作。
しかし間違っても「アバター」のような大作を期待してはいけません。
超小粒な内容です。

この作品は「脱出系パニックムービー」です。
ポセイドン・アドベンチャー」「エイリアン2」のような、その場所からの脱出を試みるが、登場人物がまたひとり、またひとり死んでいく・・・というハリウッドではおなじみの構成で作られています。


「洞窟から脱出を試みる」という展開で思いつくのが「ディセント」です。

シャウナ・マクドナルド
3790円
評価平均:
powered by yasuikamo

こちらは途中から「モンスター(地底人)が登場する」というトンデモ展開が待ち受けており、B級ホラーが大好きな自分にとっては大満足な映画でした。


これと比較すると「サンクタム」はよくも悪くも「おとなしい」です
画は代わり映えがしない(洞窟だから仕方ない部分もあるけど)ですし、展開も刺激に乏しいです。

さらにちょっと話に動きがあったと思ったら、それはそれで理解に苦しむ登場人物の行動であったり・・どうにも煮えきりません。


中でも残念だったのが「前人未到の洞窟に挑む」というワクワク感が皆無に等しいことでした。
主人公たちが洞窟に入る前に、ほかのチームがすでに現場にて、洞窟の中の様子を写していたりするのです。

脱出系ムービーである以上、そういう冒険を期待するのが間違っていたのかもしれませんが・・・もう少し描きようがあったと思います。



ここまで散々文句を言いましたが、もちろんよかったところもあります。

そのひとつが「光」の描写。
水に差し込む光が3Dで表現されており、それは文句なしに美しかったと思えます。

もうひとつが「親子」の関係を描いていること。
偏屈親父と、それに反発する息子というベッタベタなキャラクターが素敵でした。


ラスト3分間あたりの描写は素晴らしかったですし、決して悪い作品ではないでしょう。



しかしこの内容で「通常料金+3Dの400円」は明らかに割高です。

「どうしても洞窟の息苦しさを感じたいんだ!」という人にならオススメ。
言うまでもなく「閉所恐怖症」「水恐怖症」の人は回れ右です。


以下、ネタバレです 結末に触れています↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-16 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」ネタバレレビュー+もうひとつのエンディング

DVDで観たスコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団の感想です。

マイケル・セラ
3651円
評価平均:
powered by yasuikamo
星が足りない
直感で、観る観ないを決めた方がいい作品。
実験的だけど最高


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:オタク主人公かと思ったらリア充じゃん


あらすじ


ドラマーでニートの青年:スコット・ピルグリムは17歳の女子高生と付き合っていたが、ある日ラモーナ・フラワーズという女性に一目ぼれをする。
しかし彼女には悪いうわさもあり・・・






劇場で見逃していたのでとっても楽しみにしていた本作。

すごく楽しかったのですが、あえてひとつ言わせていただきたい。

主人公とヒロインがちっとも魅力的じゃねえ!


主人公は↑で書いたとおり、女子高生と付き合いながらも浮気するという共感してたまるかという設定です。
まあこれは100歩譲って許せます。この設定も作品に重要なものだとわかるので。

しかしヒロインのビッ○っぷりはちょっとキツい。
肝心の愛しの相手より、周りの女性のほうがはるかに魅力的に見えるのは残念でした。


しかーし。
このDVDでは「もうひとつのエンディング」が収録されており、それが素晴らしいのですよ。

採用されたエンディングよりもこっちのほうが圧倒的に好きでした

今作のヒロインが嫌いだった人にも、溜飲を下げることのできる内容になっています。
さらにこちらでしか採用されていない伏線回収もあります。

劇場で観た方も、観る価値がありますよ。





この作品で好きだったのが「漫画をそのまま実写にしてみました!」というビジュアル。

「擬音」をそのまま画面に出しているのが面白いです。

電話が鳴れば「RRRRRR」
扉のベルは「DING DONG」
キスするときは「POW」
ギターからは「DDDD」
と表示され、
さらに
戦いの前には「VS」
トイレの前には「PEE BAR(おしっこバー)」
とTVゲームのように出てきます。


ゲームに関するオマージュも多数で、自分は映画始まってすぐに爆笑しました
理由は見ればわかります。

音楽もこれまた秀逸です。

929円
powered by yasuikamo

個人的には「ゼルダの伝説」の音楽の使い方が大好きでした。


徹頭徹尾まともな展開がない「おふざけ映画」であり、TVゲームをまったくやらない人には(やっている人でも)「なんだそりゃ」と思ってしまうシーンもあります。

自分はそんなとこも大好きなんですが、人を選ぶ内容なのは間違いありません。


でも「いきなり7人の元カレと戦わなくならなきゃいけなくなった!」というエキセリントリックな展開が受け入れられるなら、十分ノリで楽しめるかも。

ファミコン世代のゲームが大好きな人にオススメです。


以下は激しくネタバレです 「もうひとつのエンディング」についても書いています↓

続きを読む

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

2011-09-13 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スマートさ皆無の探偵物語「探偵はBARにいる」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は探偵はBARにいるです。
↑公式ページの「あらすじ」が終盤までネタバレしちゃっていますので注意!


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:もうちょっとシンプルさがほしい


あらすじ


北海道札幌市すすきので探偵をしている男(大泉洋)は、コンドウキョウコと名乗る女から電話越しに依頼を聞く。
その依頼どおりにことをすませた探偵だが、その後に謎の男から襲われ、半死半生の目にあってしまう。

探偵はその相手に報復を誓い、相棒の高田(松田龍平)とともに事件の真相を追うことになるのだが・・・





いや~今作の大泉洋さんは最高ですよ!

気の効いたナレーションはめっちゃ格好いいし、茶目っ気もあるし、ノリツッコミまでするし、松田龍平との掛け合いも可愛くってしょうがない!
大泉洋のファンは絶対必見!オススメです!

とまあ自分にとってこの映画の魅力はほとんどそこだったわけで・・・
気になった点としては以下があります。

①スカした演出と構成
これは言うだけ野暮なんですが、やっぱり好き嫌いは分かれるかなと。
コミカルでジャジーな音楽と、大泉洋のキャラのおかげもあり「実写版ルパン3世」のような雰囲気があります。

②話が若干複雑
探偵が聞き込み調査をしていくなかで、渦巻く陰謀や登場人物のつながりが明らかになっていく物語です。

簡単に言えば「火曜サスペンス」のような刑事ものが近い印象です。
刑事(この映画では探偵)が真犯人を探すためにいろんな所を訪問し、「まさか・・!」とだんだん気づいていくのです。
面白いことは面白いのですが、着地点が見えにくいので真相にたどり着く前にダレてきてしまっています。
2時間超えの上映時間もちょっとツラいものがありました。

このあたりは「探偵もの」を期待していると肩すかしかも。
推理シーンなどはほとんどなく、聞き込み&殴りこみの繰り返しなのです。

③爽快感に乏しい
雰囲気はゆるめな作品なのですが、裏に含んだテーマは結構重めです。
結末も個人的には気に入らなかったですし、「軽さ」を期待すると裏切られるかもしれません。


登場人物の構成を頭に入れないといけないので、どうしても楽しむことよりも「あれ・・・あっちがこうなって・・・こうなるの?」と複雑に考えてしまうのはたまに傷かも。
これは好みによるものですが、もう少し登場人物は少なめでもよかったと思います。
Wikipediaに載っているだけでもざっと20人以上いるものなあ・・・

東 直己
798円
評価平均:
powered by yasuikamo
ススキノの時代を切り取るハードボイルド
『俺』シリーズで最高!
シリーズ最高作です

原作本はすごく評判がいいですね。
今作のナレーションの多さは、小説が原作であることを思わせます。

あとPG-12指定だけあってバイオレンスもエロもちょびちょび入っているので苦手な方は要注意。
自分は大泉洋がエロに対して遠慮がないのが大好きでした。

主演2人&小雪のファンなら十分楽しめると思います。

以下、ネタバレです 結末に触れています↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-09-10 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』

<2011年上半期公開>
『ブラック・スワン』
『八日目の蝉』
『手塚治虫のブッダ』
『わたしを離さないで』
『パラノーマル・アクティビティ2』

<2010年公開作品>
『ソウ ザ・ファイナル3D』
『リミット』

<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

守銭奴すぎるバンナムの課金ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。