FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

信頼の死のカタログ集「ファイナルデッドブリッジ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はファイナルデッドブリッジ(原題:final destination5)です。
*予告編はネタバレがふんだんなので、鑑賞前に観ないほうがいいかも


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:相変わらずブレないっすね~(主にグロさが)


あらすじ


主人公・サムは橋が崩壊する予知夢を見る。
彼と、同じバスの中にいた7人はその予知のおかげで生き残ることができたが、「死」の運命はすぐそばまで近づいていた・・

彼らはある検視官に告げられる。
「死を欺くことはできない、生き残るには、誰かを身代わりにするしかない」と。





ヒットホラー「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第5作目です。
このシリーズを知らない方に、どういった映画であるかを説明すると

主人公が大事故の起こる予知夢をみる

主人公の呼びかけにより、数人が生き残る

生き残った人間が次々と残酷な死に方をする

というテンプレートの展開が繰り広げられる作品です。


その死にざまは凝りに凝っていて、死そのものをエンターテイメントとして魅せているのです。

もっと平たく言えば、登場人物たちがあり得ない方法でグチャッとつぶれて死ぬのを観てゲラゲラ笑うという、大変趣味のよろしい映画です。子どもに絶対見せたくない。

そんな趣味を持つ映画ファンに大人気なこの作品、今回はシリーズ初の18禁となりました。
まあグロ度はいままでとそう変わらない感じです。むしろ今までR15+止まりだったのが不思議だったのだと思います。



自分もこのシリーズが大好きでして、その理由が「奇想天外な死に方を描きたい」というテーマに特化している作品であること。

たとえば「ソウ」シリーズは回を追うごとにグロテスクな描写が増していきましたが、もともと脱出サスペンスだった映画にこれはいらないだろ・・・と個人的にはゲンナリしていました。


反してこのシリーズのグロさはもっとやってくれと思います。

いままでのシリーズのメイキングを観ると、いかにスタッフが情熱を持ち、すさまじい死に方を作ってきたかがわかります。
なにより、まるでピタゴラスイッチのように人が死んでいく過程が、アイディア満載で楽しいのです(こう言うと最低だな)。



洋画ではスプラッター(血がドバドバ出る)のは半分ギャグのように見えることもあるけども、この映画でもまさにそれ。
はっきり言ってこの死に方はギャグに等しいです。

「この死にかた怖~」ではなく「何だよこの死にかたwwwねーよwwwww」みたいなのばっかりです。
でもこの作品はこれでいいんだと思う。

というわけで、人が死ぬのを観て下品に笑う彼氏&彼女を見たくないのであれば、このシリーズは観ないほうがいいですよ(人によるとは思うけど).



まあ5作目だし、マンネリではあるし、そろそろネタ切れ感は否めないかな~と思ってましたが、今回は新しい要素もあります

それは↑にも書いた「身代わり」という存在。
これがほんの少しだけですが、後半の人間ドラマに生きてくるのです。


ラストもなかなか良かったです。
これもシリーズではなかったことですし、やっつけな終わり方をした「3」「4」よりもはるかに面白かったです。


それと3D。
「4」からだいぶ進化しており、効果は十分に満足できるものでした。

まあ効果って言っても、3Dで生理的嫌悪感を催すものがこっちに飛んでくるという嬉しいオプションがついてるだけなんで、2Dでもいいですけどね。


とにかく、いつもどおり景気良く人が死にまくるのが最大の観どころの本作。
個人的には「1」「2」に次ぐ面白さだったので、グロさが平気な人、シリーズのファンはとりあえず観とけってことで。


以下、ネタバレです これを先に見てしまうと面白さ半減どころじゃないと思うので、映画を見た後でお願いします↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-10-02 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR