FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

ネタバレは回避不可能なのか?「猿の惑星(初代)」紹介

来る9月7日(金)に「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」が公開されます。

そうであれば、この作品での予習はやって損ということはありません。
DVDで観た「猿の惑星(1作目)」の感想です。

チャールトン・ヘストン
991円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:ネタバレしてなきゃよかった・・・


あらすじ


宇宙飛行士たち3人が、地球から320光年離れた惑星にたどり着く。
宇宙船は水に沈み、武器は銃一丁、食料と水は3日分しかない。

そして彼らは歩き出す。その先で見たものとは・・・





映画史に残る作品にもかかわらず、今の今まで観ていませんでした。

実はなかなか食指が動かなかった理由がありまして・・・

それはティム・バートン監督のリメイク版「PLANET OF THE APES/猿の惑星」がつまらなすぎたのが理由の一つ。

もう一つは、今まで発売されていたDVDのジャケットでラストシーンが思い切りネタバレしているのを知ってしまっていたから。


<そのジャケットがこちらです>(超☆絶ネタバレ注意)


うん・・・このジャケットに決めたやつ、表へでろ。ビンタするから。
アマゾンレビューでも「ジャケットがないわ」の一点張りじゃないかよ。



で、新しく発売されたDVD&ブルーレイのジャケットは↑のようになり、スタッフもさすがに反省したのかなーと思っていたのですが、こっちもジャケットの裏にラストシーンが思い切り書いてある&以前のDVDのジャケットそのまんまの画が載っているというありさまでした。


さらにさらに、DVDの「特典メニュー」でもラストシーンがお目見えしています


キエー!(錯乱中)


ネタバレレビューを書いている自分が言うのも何ですが、本当これはない。
よりにもよって、「衝撃のラスト」をウリにしている作品でさあ・・・


で、よく考えたら新作「猿の惑星:創世記」はこの映画の前日談にあたるストーリーであり、ひょっとすると、これを観るとそれだけで1作目の内容がネタバレしてるんじゃないかっていう・・・もう八方塞がりです。


いずれにしても、このラストを知らずに観た方が羨ましくて仕方がありません。


というわけで、初めて観る人は以前のジャケット&ジャケット裏を見ないように気を付けてください。
そんなことが可能なのかはともかく





でもでも、ラストを知っていても、この映画には見どころが大いにあります。

チャールトン・ヘストンの演技は素晴らしいですし、特殊メイクも今となんら遜色のないクオリティ。
「猿と人間の立場が逆転している」という世界観ゆえに起こるサスペンスの描写も格調高く仕上がっています。

主人公の境遇はこの上なく絶望的。
それに協力する者、対立する者。
その人間(猿)ドラマが秀逸です。

個人的には、女性科学者の「ジーラ博士」に萌えました。猿だけど。


ただ冒険活劇を期待していた自分には、ストーリー展開に正直肩すかしな部分もありました。

それでもラストへ至る伏線の展開が上手いんですよね。
やっぱりオチを知ってしまうと面白さは半減だなあ。


最新作を観たあとにこの1作目を観ると、また発見があるのかもしれませんね。


少しだけですが、以下はネタバレを含んでいます↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-10-04 : 旧作映画紹介 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR