FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

猿たちが警告するもの「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は猿の惑星:創世記(ジェネシス)(原題:Rise of the Planet of the Apes)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:猿の革命&無双


あらすじ


ある新薬が、捕獲された一匹の猿に投与された。
その猿は瞳の特徴から「ブライト・アイ」と名付けられ、めざましい知能発達を遂げていた。
ある日ブライトアイは檻から逃げ出し、その結果射殺されてしまう。

しかし、彼女は子どもを残していた。
研究社のウィルは、その猿を自宅で育てることを決める。
彼は「シーザー」と名付けられた。





「猿の惑星」シリーズの10年ぶりの新作です。

今作は「猿の惑星から着想を得た新たな物語」となっています。
「猿の惑星」の設定を借り、そこから物語を紡ぎ出した作品なのです。

また完全に新しい物語というわけではなく、その下敷きにはシリーズの4作目「猿の惑星・征服」の要素があります。

ロディ・マクドウォール
800円
評価平均:
powered by yasuikamo


ティム・バートン監督の「PLANET OF THE APES/猿の惑星」が1作目のリメイクならば、今作はこの4作目のリメイクに近い内容と言ってもよいでしょう。
猿の名前の「シーザー」が共通していますし、似通ったシーンも登場します。



肝心の内容ですが、「猿の惑星」を知らなくても、全く問題なく楽しめる映画となっています。

大筋はお子様でもわかりやすいシンプルなストーリーです。
なおかつ、登場人物の感情を深く知ることのできる細かいシーンにも妥協はありません。

主に描かれるのは、研究者の主人公と、猿のシーザーとの交流です。
ペットではなく、親子のようなその関係と生活描写が秀逸です。

アクションシーンの冴え渡りも素晴らしいクオリティ。
猿の動きを追うカメラで捉えた映像には、思わず見入ってしまいます。
*特に乱闘シーン、家の中を駆け回る(後ろからカメラで追う)シーンは本当にすごい!



そして、自分がこの映画で感動したのは、展開そのものよりも猿の表情でした

この映画に出てくる猿たちは、全てがCGというわけではなく、その表情は俳優が演じているものです。
俳優たちの顔の上にCGを描き、細かい表情を表現させているのです。

出来上がったものは、1シーンごとに感情が痛いほど伝わる、猿たちの名演でした。

「猿にここまで人間らしい表情ができるのか!」と驚けることは間違いありません。
これだけでこの映画をスクリーンで観る価値は十分です。



この映画を観て、「猿の惑星」の世界観が失われてしまった、と嘆く人も多いと思います。

後半はスペクタクルシーンを描きたいためか勢いで乗り切った印象が否めないし、いろいろと設定につっこみたくなる点もあります

しかし、これをひとつの映画としてみるならば、娯楽性とテーマ性を兼ね備えた作品として十分にオススメできます。

是非劇場で、猿たちの演技を堪能してください。



ps・個人的に楽しかったのは「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトンチンケな悪役として登場していることでしょうか。
一挙一動がマルフォイにしか見えなかったよ。安定の悪役顔ですね。


ps2・エンドロールがはじまってすぐに、もう1シーンあるのですぐに席を立たないように注意!


ps3・「猿の惑星」を知らなくても楽しめるとは書きましたが、この映画の展開自体が1作目のネタバレなので、1作目のあとに鑑賞するのがよいかもしれません。まあ「1」はパッケージですでにネタバレしてるんだけど。


以下、ネタバレです。1作目のネタバレもふんだんなのでご了承ください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-10-08 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR