FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

字幕が作品の価値を貶める?「ランゴ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はランゴです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:王道「勘違いストーリー」の西部劇


あらすじ


主人公のカメレオンは役者志望。彼は小さい水槽から出れずにいた。

しかしある日、彼は車から砂漠に放り出される。
行き着いた先は、慢性的な水不足に悩む「土の街」。
そこで彼は「ランゴ」と名乗り、西部から来たヒーローであるで大ボラを吹く。





同日に「カウボーイ&エイリアン」という「なんちゃって西部劇」が公開されていますが、こちらはアニメの西部劇。
パイレーツ・オブ・カリビアン」のゴア・ヴァービンスキー監督の最新作です。

今作のウリのひとつが声と「動き」の担当がジョニー・デップであること。

今作では「アバター」でも使われたエモーションキャプチャーという技法が使われており、役者の演技をもとにアニメーションが作られているのです。

主人公の動きはもうジャック・スパロウにしか見えませんでした。
これだけでジョニデファンは見る価値ありでしょう。


もう一つの魅力が映画のパロディシーンが満載であること。

悪魔のいけにえ」、「スター・ウォーズ」、「夕陽のガンマン」、「地獄の黙示録」などのパロディがあり、さらには「ラスベガスをやっつけろ」の主人公(これもジョニー・デップ)が一瞬映りこんだシーンもあります。

上記作品の半分くらいを観ていない(すみません)ので、自分にはそのシーンがほとんどわからなかったのですが、映画ファンであれば感涙もののシーンが多いことでしょう。


またそのストーリーで思い出すのが「荒野の用心棒」「チャイナタウン」、それに「サボテン・ブラザーズ」です。

スティーブ・マーティン
1100円
評価平均:
powered by yasuikamo
腰に手を当てて「ハッ!」
わが映画人生、三指に入る傑作
ボンボボン ボンボボン♪

「勘違いから素人がヒーローになる」というのはそのまんま。
はたまた名作「ギャラクシー★クエスト」も同じく思い出させます。


そしてこの映画は古きよき西部劇への愛に溢れた作品でもあります。

ストーリーは非常に王道で、それ+謎解き&アドベンチャー&ヒロインとのロマンスなど、ツボを押さえまくった堅実な作りになっており、万人が楽しめるものと思います。

それこそが西部劇へのリスペクト。
観慣れている方なら「アニメのキャラで王道の西部劇が観れるなんて!」と手を叩いて喜べるでしょう。



で・・・・今作の一番の問題点、それは日本語字幕です。

何が最悪って、ヒロインの名前が字幕と呼び名で違っているのです。

呼ばれているのは「ビーンズ(beans)」という名前なのに、字幕で表示されるのは「マメ(豆)ータ」なのです。

ヒロインの名前が「豆」から名付けられたものというのは作中示されるので、それに合うよう字幕を変えたのでしょうが・・・。
「ビーンズ」と呼ぶたびにマメータマメータとトンチカンな名前が表示されるのは、本当テンション下がります。

さらに今作は一部のキャラのセリフが関西弁で表示されます
これもシーンによっては興ざめ感がものすごく、正直邪魔にしか思えません。

これが字幕を作成した会社の意向か、翻訳者の小寺陽子さんによるのものかはわかりませんが、他にも素人目に見てもおかしい字幕があるのでおそらく後者なんじゃないかと思います。

せめてDVDが発売するまでは修正して欲しいのですが、公式ページでもヒロインの名前が変わっているのでもう手遅れかもしれないね・・・。

なまじジョニーデップ主演のおかげで、吹き替え版でなく字幕版のほうが大々的に公開されているのも悲劇的。
今作においては、吹き替え版のほうが違和感なく観れるのかもしれません。


それと音楽もよかった!

Soundtrack
960円
評価平均:
powered by yasuikamo
台詞付きで聴いてて楽しい!

クラシック音楽の使いどころや、「ランゴの歌」の勇ましさが大好きです。


字幕のことを置いておけば、十分に楽しめるアニメ映画であることは間違いありません。
少々下品なギャグや、長めでひねりの効いたセリフがあるので大人推奨です。

また主人公はあらすじで書いたとおり大ボラ吹き&主人公補正のラッキーっぷりを見せつけるのでそのあたりでも好き嫌いが分かれるかもしれません。


いずれにせよ、往年の西部劇が好きな人にこそオススメです。
もちろん「西部劇を観たことがない!」なんて人でも楽しめますよ。



以下、ネタバレです 核心と結末にふれています↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-10-22 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR