FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

ヒロインにドン引きする2時間「カウボーイ & エイリアン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はカウボーイ&エイリアンです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ツッコミどころのオンパレードやで~!


あらすじ


記憶喪失のカウボーイがなんだかんだでエイリアンと戦う話(笑)





えーどこをかしこを見ても酷評ばかりであり、観ようかどうか迷っていたのですが、結論・観てよかったです!


まあ何がってこの映画、つっこみどころオールアラウンド状態なのです

序盤はそこそこミステリアスな雰囲気があり、単なるB級映画とは思えない風格もあり(お金かかっているし)、非凡さも感じれるのですが、最後の方は本気のB級丸出し展開が待ち構えています

直前の伏線をも無視しまくるアホ展開にもう抱腹絶倒で、この映画の脚本家は狙ってやってるんじゃないかと思い始めたほど。

特にひどいのはヒロインの言動。なかなか電波が入っているご様子で素敵でした。


原作コミックがあるのですけど、原作でもこんな馬鹿な話なのでしょうか・・・いやそりゃこの設定だけで頭悪いんですけど。

スコット・ミッチェル・ローゼンバーグ
1890円
評価平均:
powered by yasuikamo


あと、実は今作の脚本は3人います
残念ながら、三人寄れば文殊の知恵にはならなかったようです。

むしろそのせいでツッコミどころがふえたんじゃないかね・・・個人的にはこの大味さも気に入ったので、是非マイケル・ベイあたりと組んで、金かかったアホアホ映画を撮ってもらいたいもんです。


さて、展開のことは置いといて(置いてける問題じゃないけども)今作の魅力のひとつがその豪華キャスト。

なにせダニエル・クレイグハリソン・フォードです。
007とインディジョーンズの共演が見れるというだけで映画館に足を運ぶ価値があります。

まあこの2人が力を合わせる部分がほぼなかったり、人間ドラマに時間を割いているようで実際は淡白な仕上りだったりするので、この辺も不満はなくないです。
でも所詮はカウボーイとエイリアンが戦うだけのお話なんで、これくらいがいい塩梅なのだと思います。


そしてもうひとつ、映画を観るまで、このタイトルにずっと疑問がありました。
それはなぜ「&」なんだろうということ。

どうみても映画はカウボーイとエイリアンの対決を描いているので、ニンジャプレデターみたいに「VS」が正しいのではないのかとお思いの人は多いと思います。

でも「&」の理由がちゃんとあるのです。
まあ観てみると謎もへったくれもない理由なのですが、疑問が解決できただけでもスッキリしたのでオールオッケーです。


結論を言うと
・物語にメッセージ性や整合性を求める人は脚本家に殺意がわく
・B級(重ねて言うけど金はかかっています)映画は好きな人はすぐに観に行っちゃいなYO!

Q:西部劇が好きなんだけど、それっぽい要素はある?
A:序盤だけです(あとラストにちょびっと)

そんな感じで。


以下ネタバレ むしろツッコミどころ↓
かなりメタメタに書いているのでこの映画が好きな人は見ない方がいいかも・・・ごめんなさい。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-10-27 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR