FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

誰もが隠したいもの「恋の罪」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は恋の罪です。*R18指定なのでクリック注意


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:エロ地獄三重奏


あらすじ


渋谷円山町の廃墟と化したアパートで、猟奇的な死体が発見される。
死体の身元は不明、壁には「城」という漢字が描かれていた。
一体誰がこの死体を作り上げたのか。そして被害者の正体は?

一方小説家の妻である菊池いずみ(神楽坂恵)は、スーパーのパートとして働くさなか、モデルの仕事にスカウトされる。
それは彼女が体験する、壮絶な愛の地獄への入口だった・・・




*本レビューは18才未満の方にはふさわしくない表現がありますのでご注意ください。

いやーすごいですね。
だってこの映画、まともな人間が一人もいないですもん
みんなどこか変で、気が狂っています。

物語はそんなイカレてしまった「女」の顛末を語り始めます。

それプラスで、あらすじにあるようなミステリー要素も取り込まれる、と言った構成です。


正直に言えば、今作はそのストーリーはいまひとつで、同監督の「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」ほどの興奮は得れませんでした。

予告編で「女たちのドロドロした愛憎劇」を期待していたのですが、実際はちょっと違います。
展開がリアリティをとことん無視しまくった「一大エロ・ファンタジー」と言った感じで、けっこうツッコミどころも満載です。

作品のモチーフとなったのは東電OL殺人事件ですが、内容は事実と大きく異なります。
事件について知りたい、という方には「ありえない」描写の連続に辟易してしまうかもしれません。

*この事件にインスパイアされた作品には、ほかにも「グロテスク」がありますが、こちらもフィクションです。

序盤~中盤はあまり話が進まないこともあり、少々退屈さが否めませんでした。
登場人物の行動と言動が常に狂っているので、感情移入することはほぼ無理と言ってもいいでしょう。


同監督の作品で言えば「奇妙なサーカス」に近い印象です。

宮崎ますみ
3917円
評価平均:
powered by yasuikamo
微妙ですね
根底にあるもの
デビッド・リンチ的な作品

これも悪趣味なエロ描写&狂気に満ちた映画で、誰にもオススメできないステキな映画です(人格疑われるでしょうし)


でも終盤の怒涛の展開は「待ってました!」と言わんばかりに凄まじく、そして面白い。

園監督ならではの、狂気にも感じる役者たちの演技もまさに至高。

特に冨樫真さんは素晴らしい!そしておばあちゃん役の大方斐紗子さんは最高です!
予告編で見せてくれた「あなたこそ死ねばいいのにね~」を超えた狂気っぷりを観ることができますよ。


死体の描写はありますが、それ以外にほとんどグロはありません。エロばっかです。
濃厚なセックスシーンがたっぷりなので、それを期待するのであれば十分すぎるほど楽しめます。


また嬉しいのが、劇場でしょっちゅう笑いが起きていたこと
そのシーンでは文章で書けないほどひどい(褒め言葉)のですが、笑ってしまうんだよなあ。
「冷たい熱帯魚」でも思ったのですが、こんなにも凄惨な世界なのに、笑いが起きるというのが面白いのです。

倫理的には最低かもしれませんが、映画という媒体でそれだけ不謹慎なもので笑えるというのは、ある意味で貴重です。

絶対に一般受けはしない、園監督の趣味丸出しのエロティック悪趣味映画

それを期待するのであれば間違いなく楽しめますよ。


以下、ネタバレです 核心と結末に触れているので鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2011-11-14 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR