FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

うるさい理由「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はものすごくうるさくて、ありえないほど近いです。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:喪失を抱えた少年の冒険物語


あらすじ


オスカー(トーマス・ホーン)は、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件により父親(トム・ハンクス)を失っていた。

ある日オスカーは父親の部屋で、青い瓶に入っていた1本の鍵を見つける。
鍵屋に持って行くが、それが何の鍵かはわからなかった。しかし鍵屋の店主は鍵の入っていた封筒に書かれた「ブラック」という名前を指し示てくれる。
オスカーは電話帳で「ブラック」さんを調べ、鍵穴を探す旅に出かける。





リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督最新作です。

アメリカ同時多発テロ事件を題材とした映画には「ワールド・トレード・センター」「ユナイテッド93」「華氏 911」などがあります。
その中でも、事件そのものではなく、「残された」人の内面を描いた映画に「再会の街で」があります。

アダム・サンドラー
991円
評価平均:
powered by yasuikamo
ゆっくりでいいから回復していこうよ、という希望
裁判長がいい
思い出すこと。忘れること。

この映画も「再開の街で」と同じく、「大切な人を失った者の再生」を描いたヒューマンドラマだと思っていましたが、実際はそれ以外の要素もありました。

「この鍵は誰のもの?」「なんの鍵なのか?」というミステリー要素を含んでいるのです。
そして映画の世界は少年の家族だけにとどまりません。
彼は様々な家族、人間と出会い、成長していくのです。

この映画の優れた点は、(9・11で)家族を失った人以外にも、メッセージが向けられていることです。
終盤、主人公は出会った人たちになんと言ったのか、母親は息子をどう思っていたのか。
その行動に感動できる方はきっと多いと思います。


テーマがすばらしいだけに絶賛したい気持ちは大きいのですが、気になった点もあります。

まずひとつに、主人公の少年を不快に思う方も多いのでは?と思えたこと。
彼はアスペルガー症候群の傾向があると作品で示されていますが、詳細は語られません。

この障がいのことを知らないと、少年は感謝や謝罪をほとんど述べることなく、ただわめきちらし、多くの人を振り回している、というふうにも捉えられるかもしれません。

そのため、是非アスペルガー症候群のことを知ってから、映画を観てほしいと思います。


またこの映画はしょっちゅう「テロが起こる当日」「1年後」と時間軸が前後します。
後半では全く気になりませんでしたが、前半はこれの連続で、話の流れもゆっくりなので観ていて少々疲れてしまいます。


その描写に抵抗がなければ、是非おすすめしたい映画です。
日本でも東日本大震災が起き、多くの方が喪失を抱えた世の中ではこのメッセージはより響くことでしょう。


原作はジョナサン・サフラン・フォアによる小説で、フィクションです。

ジョナサン・サフラン・フォア
2415円
評価平均:
powered by yasuikamo
ドレスデン、広島、WTC、そして東北大震災…。それでも人々は震える足で大地に立つ。
息子を持つ父親の立場
喪が明けるまでの長い長い彷徨の物語

911のことだけでなく、アメリカの風土を知っておくとより楽しめるでしょう。
冒頭の「セントラル・パーク」や、主人公が叫ぶ「フォートグリーンブルックリンの地区のひとつ)」はその最たるものです。


オスカー少年を演じた「トーマス・ホーン」もすごい!
演技は初挑戦でも、クイズ大会で優勝したほどの実力を持つ彼。この映画ではこれ以上のないはまり役でした。


以下、ネタバレです 結末について書いているので鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-02-18 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR