FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

みんな、がんばれ「ヒミズ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、映画「ヒミズ」を劇場で観ました。

ヒミズ




個人的お気に入り度:8/10

一言感想:いままでにない、感動


あらすじ


中学生の住田祐一(染谷将太)の夢は「普通に生きること」だった。

彼の住む貸しボート屋の近くには、震災で職を失った元社長の夜野正造(渡辺哲)をはじめとするホームレスが住み着き、女子中学生の茶沢景子(二階堂ふみ)は毎日ことあるごとに住田を追い回していた。

住田の父は乱暴をはたらき、母は彼を捨てて出て行ってしまう。
借金取りがボート屋におとずれると、その男は「お前の父親が600万の借金を背負っている」と告げた。
激昂してかかる住田だったが、返り討ちにあってしまう。
そして彼の向かう未来は・・・




園子温監督最新作であり、氏の映画の中では最もメジャーに公開されている作品です。

しかし、これはものすごく好みが分かれる映画でもあります。
園子温監督の作風を知らない方にはかなりキツいんじゃないでしょうか。

登場人物に「普通」の人はほとんどいません。
泥沼にはまり、ことあるごとにむせび、叫びまくる主人公の少年が最もまともと感じるほどです。
その中でもヒロインの女子中学生がかなりエキセントリックで、人によってはどん引きレベルだと思います。

展開もリアリティを追求しておらず、現実的に考えればありえないシーンに辟易してしまう人もいるかもしれません。

そして暴力、暴力、暴力。
この映画には人が殴られるシーンがとにかく多い。
これだけでこの映画が受け入れられない人もいるでしょう。

でもこの映画が自分は大好きです。
何より、この映画のメッセージはかなりストレートで、「どん詰まり」の人生を応援してくれるのです

主人公の中学生が絶望したとき、彼を追い回すヒロインはなんと言ったのか。
その一言一言が胸に刺さります。

自分が流した涙に驚きました。
この映画で溢れたのは、「悲しい」とも、「嬉しい」とも違う、ひとことでは表現できない感情でした

結末にも賛否はあると思いますが、自分はこの結末で、本当によかったと思います。


原作は「行け!稲中卓球部」で知られる古谷実の漫画です。

古谷 実
1250円
評価平均:
powered by yasuikamo

自分はこの原作は未読でしたが、ストーリーや登場人物の設定には大きな差異があるようです。

また、この映画には被災地である宮城県石巻市の映像が使われています。
映画を観るまでは「震災の映像が必要なのか」とも思っていたのですが、これも良い方向に働いていたと思います。
もしかすると、震災がなければこのラストにはならなかったのでは・・・とも思えるし、メッセージがより明確に伝わる役目を果たしています。

これには否定的な意見もありますし、前述のとおり暴力的な描写が多いので気軽にはおすすめできませんが、震災で傷ついた地域の方にも是非観て欲しいと思えました。


これから公開する地域も多いので、是非劇場で、この感動を体験して欲しいです。
園子温監督作品を知ってから観ることをオススメします。


以下は結末を含めて激しくネタバレです 未見の方は読まない様にお願いします↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-02-24 : 旧作映画紹介 : コメント : 1 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR