FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

いい意味でのアメリカ万歳映画「キャプテンアメリカ」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

DVDで観た「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の感想です。

クリス・エヴァンス
3585円
評価平均:
powered by yasuikamo
本当のヒーローって、どういうものだろう??
流石、ジョー・ジョンストン!
素晴らしい作品



個人的お気に入り度:6/10

一言感想:もやしっ子の憧れ映画


あらすじ


1942年。
ナチスの将校であるヨハン・シュミット(ヒューゴ・ウィーヴィング)は、強大なパワーを持つ「コズミック・キューブ」を手にする。

一方、強い愛国心を持つ青年スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)はその身体の恵まれなさから軍の試験に落ちてしまう。
そんなとき、アースキン博士はスティーブの強い意志を知り、彼にチャンスを与える。
「超人血清」なるものを打ち、彼を「スーパーソルジャー」として活躍させようと言うのだ。





全然期待せずに観たのですが、これは結構楽しめました。
まず「もやしっ子がひょんなことからムキムキの筋肉マッチョになる」というプロットが大好きです。

ひょろっひょろに生まれた男の子は、こういうの夢に思ったことがあると思うのですよ。
言わば「オタクでいけてない男の子がロボットと協力して世界を救う」というトランスフォーマーのような、ダメな子応援ムービーの筋肉バージョンと言えばわかりやすいかと思います。

さらに素敵なのが、この映画の主人公はトランスフォーマーやスパイダーマンのような棚ボタでこの能力を手に入れたのではないこと。
彼は身体はひ弱でも、機転のきいた行動や勇敢さがあってこそ、それが認められヒーローになれる切符を手にしたのです。

主人公が手に入れかったものを、他のすぐれた能力と努力で手に入れる。
「いじめられていたけど勉強を頑張ったおかげで見返すことができる」というような夢のある話に思えるのです。


そしてキャプテンアメリカというヒーローには、多くの特徴があります。

彼は「多くの人の助けがある」ヒーローでもあります。
アイアンマンのようにその存在を公言しており、それが彼の強みにもなっているのです。

またキャプテンアメリカは何ら特殊能力を持ちません。
彼の武器は銃と、その硬い盾のみ。
盾を時には防具に、時にはブーメランのような武器としても使うのです。

そして友情にも熱い。
でも女性にはいままで縁がなかっただけにだらしないと、なんとも人間的な魅力もあるのです。
女性にモテる理由が、ムキムキマッチョになったからでなく、彼の人間性によるものだってところも大好きです。

ものすごく古くから描かれているヒーローなのですが、「アメコミと言えばスパイダーマン」な自分には、この主人公は新鮮に思えました。


ちなみに日本での評判は芳しくない本作ですが、アメリカ本国では評判はかなり高くなっています

その理由はアメリカのナチスに対する批判の描写などにもあると思うのですが、やっぱりタイトル通りの「アメリカ万歳!」な作風は受け入れられやすかったのだと思います。
かといって「インデペンデンス・デイ」のように全部を肯定的に描くのではなく、きちんと「アメリカの悪い面」を描いているのも好感度大です。


そしてこの映画は今年8月公開のアベンジャーズに続きます。
ハルク、アイアンマン、マイティ・ソーが登場するこの映画が楽しみです。

でも映画を観る前は、「キャプテンアメリカって、他のヒーローと活躍している時期が違うじゃん、一緒に活躍するってどういうこと?」と思っていました。
他のヒーローが活躍するのは現代なのですが、キャプテンアメリカの世界はナチスドイツの圧政があった時代に設定されているのです。

でもこれも納得できるようにしてくれました。
ベタと言えばベタな「つなげ方」なんですが、決して嫌いじゃないです。

見る理由は「アベンジャーズの予習に」でも何でもかまいません。
アメコミヒーローが好きならなかなかオススメの一品ですよ。


以下は結末には触れていませんが、突っ込みどころなど作中のシーンが少しだけネタバレしているので注意↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2012-02-29 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR