FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

期待を裏切らない物語「戦火の馬」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は戦火の馬です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:スピルバーグ監督の超・優等生的物語


あらすじ


父・テッドは競売で見かけた1匹の馬に惚れ込み、大金を払って買う。
馬は息子・アルバートによりジョーイと名付けられた。
しかしジョーイは農耕馬ではなく、サラブレッドだった。
当然農地を開拓できないと思われていたが、アルバートの行動もあり、ジョーイは一家の支えとなっていく。

そして第一次世界大戦がはじまる。
ジョーイは戦地へと送られそうになり、アルバートは反対するが・・・




世界一有名な映画監督、スティーヴン・スピルバーグの最新作です。

想像はしていましたが、内容はベッタベタでした
シンプルでわかりやすい物語はスピルバーグの真骨頂。
子どもに読み聞かせる童話のような安定感です。

馬のジョーイは戦場でさまざまな人間と出会います。
善良な者、馬を労働力としてしか見ていない者、ジョーイを愛して離そうとはしない者などー
一匹の馬に対する多種多様な人間模様を描いていくのです。


正直言って、ストーリーには食い足りなさも残ります。
この物語はあくまで馬が主人公で、その旅路で人々のドラマが展開するというものです。
つぎつぎと繰り返されるそれは、長編の映画をみているというよりも、短編物語の連続といった印象なのです。
*似た映画に最前線物語があります(馬ではなく人間が主人公)。

2時間20分超と上映時間が長い割には、1つの映画作品としてのダイナミズムを感じにくく思えました。

それは馬の旅路の終点が定まっていないことにも起因しています。
戦場に振り回される馬の姿を描いているので仕方がないことなのですが、ゴールが見えないのはフラストレーションがたまりがちです。

展開もしかるべきところに、しかるべきシーンが配置されているという印象で、予定調和な印象も否めません。
優等生的なその物語に、ひねくれた自分はどこか冷めた目で見てしまったことも事実です。
ファンタジーよりな物語(少々ご都合主義的と言ってもよい)に拒否反応を覚える方もいるでしょう。


でもこれらの不満も、よく言えば堅実な話運びなのですから、大きな欠点にはなっていません。

物語にはシリアス成分が多めですが、前半にはクスクス笑えるシーンもあるし、個性豊かな登場人物のおかげで飽きることはありません。
激しい戦闘シーンはありますが、血の一滴も出ないのでお子様にも安心です。
誰でも水準以上に楽しめるでしょう。


もうひとつ野暮な不満点をあげるのなら、今作は全登場人物がイングリッシュを話すのにはかなり違和感がありました。
ドイツ兵が英語を喋りまくっています。

いやそんな映画はごまんとあるし、普段ならそんなに気にしないのですが、今作には英国兵がドイツ兵に向かって「英語がうまいな」って言うシーンがあるので・・。

いわば「全編英語吹き替え版」なんです。
これはアメリカ人が字幕を嫌う傾向にあることにもよるのですが、「イングロリアス・バスターズ」みたいにことばの壁による面白さを見せてもよかったのではないかな、とも思います。

ドイツ兵の兄が弟に対して「マイケル」と呼ぶシーンで、字幕が「ミヒャエル」になっているのもどうかと。
michielの英語読みは「マイケル」、ドイツ語読みは「ミヒャエル」なので正しいと言えば正しいのですけどね。


原作はマイケル・モーパーゴによる小説です。

マイケル モーパーゴ
1365円
評価平均:
powered by yasuikamo
馬と若者たちの深い「絆」
小学校高学年から読める、戦争と平和を考えさせられる動物物語…。
観てください

舞台版にスピルバーグがほれ込み、映画化が決定したそうです。
映画を観てみると、確かに舞台映えしそうなシーンがいくつもありました。


この映画の長所は画作りが素晴らしいこと。
スピルバーグ監督らしい、クレーン撮影をふんだんにつかったそれは非常に効果的です。
どのシーンを切り取ってもポストカードにできそうな美しさです。

また、中盤にはめちゃくちゃかわいい少女が登場するので、北欧美少女が観たい方にもおすすめです(ひどいシメ)

以下、ネタバレです 結末に触れまくっています↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2012-03-06 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR