FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

彼女の望んだ世界「メランコリア」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

遅ればせながら、劇場で観た映画メランコリアの感想です。

メランコリア2



個人的お気に入り度:7/10

一言感想:人には絶対薦めない、病んだ終末ストーリー


あらすじ


ジャスティン(キルスティン・ダンスト)は結婚を目前に控えていた。
しかし、幸せなはずの結婚式で、彼女とその家族の関係には不協和音が鳴り響く。

さらに、空に青く輝く惑星「メランコリア」は地球に着実に近づいていた。
ジャスティンの姉・クレア(シャルロット・ゲンズブール)は惑星が地球に衝突するのではないかと不安がり、その夫のジョン(キーファ・サザーランド)はそれをなだめるのだが・・・




ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」のラース・フォン・トリアー 監督最新作です。

「星が地球に衝突する」という世界の終焉を描く映画には「アルマゲドン」「ディープ・インパクト」などがあり、それらは大衆向けの娯楽作品でした。
このメランコリアもそういった「終末系ムービー」のひとつなのですが、これはもうすさまじく万人向けじゃありません

なぜかと言えば、この映画の登場人物がものすごく病んでいるから。
その原因は「世界が終わる」という1点ではなく、人間関係によるものもあるのです。

次第に精神が蝕まれ、うつ病になっていく描写は、かなり精神的にキツいものがあります。
さらに主人公の中盤の行動や、終盤に姉に言うことは、一般人ならどん引きレベル。
ひたすら陰惨鬱々、コメディシーンも皆無、登場人物はひどいことばを他人浴びせるわで・・・カップルで観るのには絶対にオススメしません。

こうなったのは、もちろん監督によるもの。
トリアー監督は人間の嫌~な面を描くことが大好きな方(この言い方にも語弊があるけど)で、この映画でもそれが十二分にあらわれているのです。

この映画を撮る前に、トリアー監督も、さらには主演のキルスティン・ダンストもうつ病にかかっています。
主人公の行動や言動はその投影でもあるのでしょう。


この映画の長所は、その画づくりと、いろいろな解釈ができる奥の深さ。

荘厳な音楽とともに展開するオープニング、ラストシーンはひたすらに美しいです。

何気ないシーンにもいくつもの含みがあるように感じられます。
観る際は、主人公の言動や、登場人物のことばを拾い上げ、「なぜ」なのかを考えてみることをオススメします。


惜しいのは話の進みがゆっくりで、やや冗長なこと。

特に第1部(映画は2部構成)は退屈に感じる人も多いかもしれません。
しかし、登場人物の内面を濃密に描くことには成功していると思います。


映画を観慣れないという人は絶対観るなと言えるレベルの作品ですが、監督の前作「アンチクライスト」ほど難解ではありません。

ほとんどのところで上映は終了(3月下旬現在)してしまいましたが、これから上映開始する地域もあるので、玄人向けの映画が観たい人は是非劇場へ。


以下、ネタバレで気になったシーンなどを書いています 結末に触れているので鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-03-21 : 旧作映画紹介 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR