FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

絵柄も物語もノスタルジック「虹色ほたる」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は虹色ほたる ~永遠の夏休み~です。

nijiirohotaru.jpg



個人的お気に入り度:6/10

一言感想:独特の絵はやっぱり気になるよね・・・


あらすじ


小学6年生のユウタは、1年前に交通事故で父親を亡くしていた。

ユウタは夏休みに山奥のダムに訪れ、不思議な老人と出会う。
その後の豪雨で足を滑らせたユウタが目覚めると、そこにはさえ子と名乗る女の子がいた。
そして目の前に広がるのは、ダムの底に沈んだはずの村の風景だった・・・





ノスタルジー全開。楽しいけれどちょっと切ない、素敵なジュブナイル作品でした。

原作は川口雅幸による小説です。
川口 雅幸
599円
評価平均:
powered by yasuikamo
心に残った本
思い出

自身のホームページ(現在は検索しても見つからないようです)で連載していた作品が話題となり、出版された作品です。
コミック版」も発売されるなど、確かな人気を誇っているようです。


今作の魅力は、主人公と共に「子どもの頃の夏休み」を過ごせることにあります。

そこにはやれ環境破壊への批判だの、やれ憎たらしい悪役などは存在しません。
展開はとことん甘酸っぱく、なおかつ繊細に子どもたちの内面を描いているのです。


主人公の少年は昭和52年にタイムスリップしてしまい、そこで「ひと月だけ」の夏休みを過ごすことになります。

秀逸なのが、「時間制限」があることです。
もちろん夏休みがいつか終わってしまうのは当然のことなのですが、この主人公の場合はちょっと違います。

なにせ、今いる場所はいずれ「ダムの底に沈んでしまう」のです。
そこに住む人たちも、もうすぐここを離れないといけないことを知っていて「これが最後」と思い、今を楽しんでいるのです。

主人公は、はじめは「すぐ帰りたい」と思っているのですが、村に住む人たちと楽しい日々を過ごしているうちに、そうは思わなくなります。
ひと月の冒険を経て、「いつか終りを向かえてしまう」を知り、成長する主人公に、自分はすっかり感情移入をしてしまいました。

ノスタルジーに浸れる反面、本作に切なさを感じるのはこの「終わり」へのカウントダウン、焦燥感が描けているからでしょう。

また、サブタイトルは作品と相反するように「『永遠の』夏休み」となっています。
逆説的に思えるこのタイトルに、観たあとは想いを馳せてみるのもいいかもしれません。



さて、多くの方が気になることはやはりその作画。
↑の画像の通り、独特です。

これを「手抜き」と見るか「味」と見るかで作品への思い入れが異なってくるでしょう。
動画だとさらにキャラクターの造形は崩れるので、はっきりした絵のキャラクターのアニメに慣れていると、どうしても違和感を覚えるのではないでしょうか。

個人的にはこの絵柄も好きです。
水彩画のような素朴さがあるし、「少年たち」が主役の映画には合致しています。

それは子どもの頃に描いた、躍動感ある絵をそのままアニメーションにしたかのよう。
山々を走り抜け、語り合い、夏休みを満喫するキャラクターたちは実に魅力的です。

これだけキャラの造形が画一的でないのに、感情表現もしっかりできています。
キャラクターと同年代の子役たちの熱演も素晴らしく、文句のつけようがありません。
特に女の子「さえ子」の笑顔は悶絶するほど可愛いです


なぜあえてこの絵柄で制作したのかと言えば、それは「古きよきアニメ」作品の再現のためでもあるのでしょう。

公式ページのイントロダクションにはこうあります。

ハードなアクションや機械だらけのSFなど、過激な視覚表現だけで訴えかけようとする映画が乱立している中、『虹色ほたる〜永遠の夏休み〜』は、温かな日本人の原風景と人と人との絆を、実写映画にはない、アニメーションならではの自然の描写、そして生き生きとした少年少女たちの姿を圧倒的な映像美で描き出しています。
1958年の「白蛇伝」から始まる、伝統ある東映アニメーション株式会社が、全社を挙げて製作し、満を持して送るオリジナルアニメーション映画です。


派手な絵柄や演出ではなく、昔ならではの表現でつくりたいという思いが製作者にはあったのでしょう。
この作品は、物語だけでなく、表現方法もノスタルジックなのです。


残念だったのは、終盤にほんの少しだけ、全く違う絵柄への転換がされたことです。
この画が・・その・・・正直「キレイ」じゃないのです。

作中にアニメの絵柄を変化させることは「マインド・ゲーム」(←万人向けじゃないけど傑作!)などでもありましたし、今作での狙いもすごくよくわかります。

しかしはっきり言ってこれは「やりすぎ」です。
多くの人が「否」をつきつけるであろうこの転換は、失敗していると言わざるを得ません。

本来とても感動できるシーンのはずなのですが、劇場からはどよめきにも似た失笑が聞こえました。
いままでがとても繊細な表現だったので、ここでも丁寧な画がほしかった・・・と思います。



ファンタジー色の少ない作品ですので、お子様にはあんまりおススメしません。
冒険らしい冒険をすることはほとんどないですし、日常の描写が多いので、正直退屈してしまうと思います。

むしろ観るべきなのは、大自然で元気に遊んだことのある(遊びたかった)大人たちでしょう。
子どものころの夏休みをたっぷりと思い出したい人は、是非劇場へ。


↓以下は結末も含めてネタバレです。鑑賞後にお読みください

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-18 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR