FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

どうしちゃったのティム・バートン?「ダークシャドウ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はダーク・シャドウです。


個人的お気に入り度:3/10

一言感想:主人公がムカつく微妙エロ・コメディー


あらすじ


バーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、屋敷の使用人であり、魔女でもあるアンジェリーク(エヴァ・グリーン)の恨みを買い、自身をヴァンパイアにされてしまう。

バーナバスは生きたまま埋められ、復活したのは、それから約200年後の1972年だった。
彼は屋敷に戻り、コリンズ家がすっかり落ちぶれていることを知る。
バーナバスは一族の再建をはかろうとするのだが、コリンズ家を追い詰めた魔女アンジェリークは、この時代で今も生きていた・・・




*今回の感想はかなりメタメタに書いています。この映画が好きな人にはごめんなさい。

ティム・バートン監督とジョニー・デップ様が大好きな自分でも、これはつまらなかった・・・・
もともと評判がよくなかった作品なので期待はしていなかったのですが、その期待をさらに裏切る凡打っぷりでした。

例によって問題点を箇条書きしてみます。


①主人公に感情移入できない

これがまずキツい要素。
主人公は魔女によりヴァンパイアにされた同情すべき人物です。

はじめは慇懃無礼な態度に好感を持っていたのですが、後半にいくにつれ傍若無人っぷりがあらわになり「それはない」のオンパレードでした。


②エピソードの描き方が冗長かつ散漫かつ中途半端

映画の登場人物は多めで、「家族」は主人公含めて8人います。
これらのキャラクターのエピソードがどれも中途半端で、しかも各々の目的が不鮮明かつバラバラなのです。

中盤は家族の描写や、一向に対決する気配のない主人公と敵との掛け合いが続きます。
山場と言える山場はなく、ただエピソードが乱雑に置かれているだけ。
これが単純につまらなく、眠気をこらえるのに必死になるほどです。


③下ネタ成分大目

きわどい台詞や、それを暗示するシーンが盛りだくさんです。
それにウィットが効いていれば面白かったのですが、単純に下品なだけで面白いとは思えませんでした。

ひとつだけ、大胆かつ大掛かりな下ネタがあるのですが、これも個人的には微妙です。


終盤まではとにかく退屈で、ラストも結局ドタバタのみで終わってしまった印象です。
誰にも感情移入できず、始終薄味でした。
まあ変人だらけのティムバートン作品に、「感情移入」という要素を求める方がナンセンスなのかもしれないけど・・

そういえば字幕にも妙なクセがあります。
主人公の丁寧すぎる口調は面白かったのですけど、屋敷の使用人「ウィリー」の口調を「~ねえすから」などと変になまらせるのは好き嫌いが分かれそうです。


はっきりいって全くオススメしませんが、ジョニデ様の相変わらずの頭のねじがどっか飛んでいる演技や、「ヒットガール」ことクロエ・グレース・モレッツの成長っぷりは一見の価値があります。

ティム・バートン監督作品の常連であるヘレナ・ボナム=カータがやけにおとなしい役だったことは残念でしたが、悪役のエヴァ・グリーンのハジケっぷりが素晴らしかったので十分カバーできています。

また、映画の舞台は1970年代で、その時代を代表する音楽がたっぷり使われているので、当時を懐かしめる人には大いに楽しめるかもしれません。


「好きな監督の作品がこんなになって残念」というのは「TIME/タイム」に続いてのことでした。
監督の次回作「フランケン・ウィニー」に期待してます。


以下、結末を含めてネタバレです↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-05-20 : 映画感想 : コメント : 20 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR