FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

喜劇しか作れなくても、面白い「ステキな金縛り」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

DVDで観た「ステキな金縛り once in a blue moonの感想です。

深津絵里
2912円
評価平均:
powered by yasuikamo
笑いたい人ぜひ観て
コメディーの秀作
三谷映画の最高傑作


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:荒唐無稽&あいも変わらずの三谷ワールド


あらすじ


失敗ばかりの弁護士のエミ(深津絵里)は、上司の速水(阿部寛)からとある「やっかいな」殺人事件を担当することを命じられる。
その容疑者は「犯行が行われたときに、自分は金縛りにあっていたのでアリバイがある」と自らの身の潔白を主張した。
エミはそのアリバイを証明するため、容疑者が泊まっていた旅館に訪れる。
彼女がそこに泊まると、案の定、六兵衛(西田敏行)と名乗る幽霊があらわれた・・・





いや~いいですね!素直に面白かったです。
伏線の張り方、豪華俳優陣を惜しげもなく使った演技の応酬、ギャグにもクスクス笑ってしまうなど、観ていて楽しい要素が盛りだくさんです。
2011年の実写映画の最高興行成績を記録したことも頷ける、万人が楽しめる作品だと思いました。

本当役者は魅力的です。
出色なのは主人公を演じる深津絵里さんと、非科学的なものを信じない検事役の中井貴一さん。
あまりにステレオタイプだけど、その極端なキャラクター設定と、それに見合った素敵な演技にどうしても魅了されてしまいます。

西田敏行さんも忘れちゃいけない。
キャストのみなさんはほぼ台本どおりに喋っていたようですが、西田さんだけはアドリブが入りまくっていたそうです。
見ているとき「もうこれ演じてねえ、西田敏行まんまじゃねーか」と思うシーンが多々ありました。

でもそこがいい。
自然体で、いきいきとして演じている西田さん、その周りの人々の演技を見るだけでついニヤニヤしてしまいます。


監督&脚本の三谷幸喜さんは「自分は喜劇しか書けない」と言っていて、それは作品を観れば納得してしまうところがあります。

登場人物の葛藤や悩むシーンなどは必要最小限ですし、そこに大きな因縁が絡んだり、憎たらしい悪役は登場しません。
でもそこがむしろ心地よく、安心して観られる「三谷ワールド」なんでしょうね。

そんな「喜劇」一辺倒の作品ですが、物語にはとっても気が効いています。
荒唐無稽ながらも納得できる描写も多々あり、堅実的な仕上がりなのです。

たとえば、「冒頭で主人公がトラックにひかれそうになる」という伏線をどう生かすのかな?と思っていたのですが、その使い方は予想だにしないもので、ちゃんと大筋の展開にからめてあるとこが上手いと思います。


でも、今作を手放しで褒めるのはやや複雑なところもあったりします。

そのひとつが上映時間の長さ。この作品のユルいノリに対し、2時間20分はちょっと長く思えます。

観ているときは、あまりその長さは感じませんが、シーンひとつひとつが全てが必要かと言えば、それは疑問。
明らかに監督の趣向が前面に出すぎてクドく感じるところがあるのはやや残念でした。

しかし、そこに目をつむればとっても楽しめる作品です。
役者のファンの方は迷う事無く観ることをオススメしますよ。


以下は少しだけネタバレで作中のシーンと不満点を書いています↓ エンドロールである意味「結末」がネタバレしているので、未見の方はご注意を

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画の感想
ジャンル : 映画

2012-05-29 : 旧作映画紹介 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR