FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

運命と勇気の物語「メリダとおそろしの森」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はメリダとおそろしの森(原題:Brave)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:えー!そんな話なの?


あらすじ


王女メリダは自由を愛する女の子。
彼女は母親に強要されている王家のしきたりや伝統に反発を覚え、森の中へと逃げ出してしまう。
メリダは「鬼火」に誘われるようにして森の奥深くへと入り込む。





ピクサー初の、女性が主人公の作品です。
本作を務めた監督が女性であるが故に、この企画を立ち上げることができたのでしょう(途中から別の方に制作は引き継がれています)

さて、本作の邦題は「メリダのおそろしの森」となっていますが、実際の映画の森はあんまりおそろしくありません

また、予告編では「森の掟」がうんたらかんたら言ってますが、そんなことばは本編に登場しません

原題は「Brave」とシンプルなので、邦題を考えた方は相当頭をひねったのでしょう。
邦題自体はミステリアスな雰囲気があって好きなのですが、本編の内容にふさわしいかと言えば「否」と言わざるを得ません。

でもこれも「詐欺」というよりも、本編のストーリーを上手く隠しているので、一概におとしめるべきものではありません。
中盤の意外な展開は嬉しいサプライズ。
全く予想がつかなかったので大はしゃぎをしてしまいました。
多くの人が、きっと驚けると思います。


この映画で描かれていることは、森の恐ろしさや不気味さなどではなく、母と娘の物語です。

母は「私の言う通りの人生を歩みなさい」とたしなめ、
娘は「親のしいたレールに乗った人生なんてまっぴらごめんだよ!(←誇張あり)」と反発する。

こうした親子の姿は普遍的なものなので、多くの人が共感できると思います。


ちょっと残念だったのが、せっかくファンタジー要素が強い世界観なのに、それならではの美しさや楽しさが感じられなかったこと。
今までのピクサー作品よりも画面が暗めで、物語もこじんまりとしているので、肩すかしに感じる人もいるかもしれません。


ちなみにヒロインを演じるのは、AKB48の大島優子さんですが、とても上手いので日本語吹き替え版でも今作は大丈夫でしょう。
ちょっと舌っ足らずなところもありますが、それも魅力的です。

びっくりしたのが、作中の音楽が一部を除いて日本語吹き替えになっていなかったこと。
元の音楽と、雰囲気を大切にするための英断だと思いました。


とにかくさすがのピクサー作品、安定した面白さなので万人におすすめです。
テーマはむしろ、大人、特に「母になる女性」にとって思うところがあるものです。

恒例の、上映前の短編アニメも素晴らしい!
本作ではなんと2作品も観れるので、なんだか得をした気になれます。

エンドロール後もおまけがあるので、最後まで観ましょう!

以下、ネタバレです↓ 結末に触れているので鑑賞後にご覧ください

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-07-21 : 映画感想 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR