FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

宗教×ダメダメメンインブラック「神秘の法」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は神秘の法です。


個人的お気に入り度:1/10

一言感想:なんかもうどうでもいいや・・・


あらすじ


202X年。東アジア共和国でクーデターが勃発し、帝国ゴドムが誕生した。
ゴドムの皇帝のタターガタ・キラーは軍事力を強化し、日本をはじめとする国々を占領しようとしていた。

ゴドムに反旗を翻す秘密組織ヘルメス・ウィングスに所属している獅子丸翔は、仏教僧に自らがブッダの生まれ変わりであり、救世主でもあると告げられるのだが・・・




なんでかわからんけど今年2つも公開された幸福の科学布教用映画です。
とりあえず言えるのは目を開けて観るのが苦行レベルでつまんなかったです。


本作は前作「ファイナル・ジャッジメント」の流れを汲み、日本と世界各国が架空の独裁国に侵略されていく過程を描いています。
その問題意識の主張はよくわかるし、志の高いものですが、あいかわらず映画の出来がひどいので心を素通りしまくります。

本作のそもそものテーマは以下のようなものです。
①何もしなければ何も変わらない
②信じるものは救われるんだ!

思うんですけど、①と②って相反することでは?
信じる=(神に)祈ることと、自分自身が行動を起こすことは全く違うものであり、相成れないものだと思うのです。

「他国から侵略されるかもしれない」→「皆でともに問題意識を持とう!」
ならわかるんですが、この映画で描かれることは
「他国から侵略されるかもしれない」→「救世主を信じれば万事OK」に思えてしょうがない。
世界平和を訴えるのはいいんですが、そこにいく過程も正直寒かったです。

「他国からの侵略」を描きながら、その問題意識が上滑りして、結局は宗教が正しいという主張・・・
前作に引き続きこれは無宗教者にはキツすぎます。

憲法9条の是非の話題が出てきたときは面白くなるかも!と期待していたのだけど、それも本当に名前が出ただけで終了しやがりました。
頼むから問題意識を持たせてください。


そんなテーマうんぬんを考えずに、一本の映画としても正直ドイヒー。
伏線の貼り方がつまらなすぎます。

一応敵側と味方側の描写はそこそこ丁寧に描かれているのですが、これも全く話を盛り上げることがないので退屈極まりないです。

そして映画は超展開を迎え、「霊界」「救世主」「ブッダの再誕」などの香ばしいワードだけでなく、ついに「宇宙人」という単語まで出やがります。
その宇宙人の描写は作中で大きなファクターとして働いており、宇宙人の敵や味方がいる様やトンデモな設定はまるで「メン・イン・ブラック」です。
キツいのはこれを大真面目に描いており、霊や宇宙人は本当にいるんだよ!と主張が心底ウザイほどに強調されること。
マジで洗脳させようという製作者の意図がみてとれました。


えーと・・・いいところもあるんですよ。

まず絵はとても綺麗。アニメーションの出来はいいです。
でも本作は顔のアップの画がやたらと多く、それもウザく感じる原因になっています。

もうひとつは豪華声優陣の熱演。
特に主人公の子安武人さんの特徴のある声には軽く惚れそうでした。

悪役の描き方や、クライマックスの盛りだくさんな展開もそこそこ楽しめました。
一応エンターテイメントとして成立させようとする気概は感じられます。
その後のオチは死んだ目で観ていたけど。


なんかもうね、いじる気力もないっていうか、本当に疲れたっていうか、もう幸福の科学の映画は観たくないです。

ただ、声優・子安武人さんのファンにとっては観る価値があるかもしれません。
演じているキャラクターがマジイケメンなので、キャーキャー言えますよ。

以下、結末も含めてネタバレです↓でも観る気がないのなら読んでもいいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-07 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR