FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

出世のために・・・「アウトレイジビヨンド」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はアウトレイジ ビヨンドです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:前作よりも大真面目ヤクザ映画


あらすじ


その昔、山王会の配下にある大友組は潰され、その組長の大友(ビートたけし)は死んだかに見えた・・・
しかし大友は生きており、丸暴の刑事の片岡(小日向文世)は獄中の大友に会いにいく。
片岡の狙いは、山王会と関西最大の極道・花菱会とを対立させることだったのだが・・・




北野武監督初の続編映画です。

ビートたけし
2999円
powered by yasuikamo

前作で描かれたのは、ヤクザのリアルな上下関係&抗争、そして過剰なまでのバイオレンス。

続編である本作ではバイオレンスシーンはぐっと抑えられ、シリアスさが増しています。
これは監督の作り方が「暴力シーンを先に考えた」から「脚本重視」に変わったため。
全編会話劇だらけの上、多くの登場人物が入れ替わり立ち変わるのにもかかわらず、混乱することも退屈することもなく見られるのはこの脚本の力によるものでしょう。

しかし個人的にはこれこそが「肩すかし」に感じてしまったことでもありました。
・バリエーション豊富な暴力シーンが詰め込まれた前作と比べて、おとなしさを感じた
・あるべきところにあるべき登場人物や展開が置かれている印象で、やや予定調和に感じた
・前作の「暴力シーンがひどいのに、なんだか笑ってしまう」という「悪趣味な笑い」も、本作には感じられるシーンが少ない
のは残念でした。

付け加えて、脚本がよくできている反面、前作のアラがあるがゆえの「誰が死ぬのかわからない」不安感や展開の読めなさが後退してしまった印象も受けます。
「脚本を練りすぎてつまらなくなった」なんてのはナンセンスな批判ですが、こうした暴力映画だと、もっと予想外の展開を望んでしまうのです。


それでも本作は、前作を気に入った人ならきっと楽しめると思います。
前作でお気に入りだった、聞いているだけでストレスが溜まりそうな「悪人の罵声」は本作でもフルスロットル。
「バカヤロー!」「コノヤロー!」「てめえ〇〇しくさって!」「なめてんじゃねえぞ!」などの台詞は、小心者の自分は聞くたびに胃がキュってなるのですが、普段こういうことを言わなそうな役者さんが言うとなんとも面白さを感じてしまうのです。

以下がそれを演じる豪華俳優陣です。

「大友組」:前作で壊滅させられた
たけし元組長:大友(ビートたけし)

「山王会」:関東の強豪ヤクザ。政治の世界にまで手を出している
三浦友和会長:加藤(三浦友和) 前作で「先代の会長を殺した」 
加瀬若頭:石原(加瀬亮) 前作で「大友を裏切り」、そのため若頭に出世
中尾彬富田(中尾彬) 立場の弱いヤクザ。石原のことを良く思っていない。

「花菱会」:本作で初登場の関西最大のヤクザ
神山会長:布施(神山繁)
西田敏行若頭:西野(西田敏行)
塩見幹部:中田(塩見三省)

「丸暴刑事」:本作ではそれぞれのヤクザにちょっかいを出しまくる
小日向片岡(小向日文世) 腹黒く、八方美人な刑事。大友の大学時代の後輩。
松重豊繁田(松重豊) 片岡の部下で、片岡のやり方をよく思っていない。

「木村組」:元は「村瀬組」だった
中野英雄木村(中野英雄) 前作のラストで「大友を刺す」。今は足を洗った・・・?

個人的MVPは加瀬亮さんと西田敏行さん。
普段が温厚な役柄ばかりなのに、本当に悪い奴にしか見えないのは役者の底力を見せつけられたようです。


本作は完全な続編なので、前作の鑑賞がほぼ必須です。
前作の展開を忘れている人は、公式ページの「予習復習」がとても親切なので、ある程度読んでから映画を観るのがよいでしょう(自分がそうでした)。

登場人物が入り乱れる群像劇なので観る人は選びますが、それが好きな方は是非劇場へ。
純粋な大人のエンターテイメントとして、おすすめします。

以下は結末のネタバレを書いています 鑑賞後にお読みください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-10-08 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR