FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

中途半端トンデモ歴史絵巻「リンカーン / 秘密の書」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はリンカーン / 秘密の書(原題:Abraham Lincoln:Vampaire Hunter)です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:きわめてフツーなハリウッド式B級映画


あらすじ


エイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、かつて母親を殺した相手がヴァンパイアであることを知る。
復讐に燃えるリンカーンだったが、失敗し、ヴァンパイア・ハンターのヘンリー・スタージス(ドミニク・クーパー)の指導のもとで修行する。
ヘンリーはヴァンパイア・ハンターとして生きるのなら、家族や恋人は絶対に持つなと助言する。
昼は弁護士になるための勉強と店番、夜はヴァンパイアを狩る生活をするリンカーンの前にトッド(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)という美しい女性が現れる。
一方、南部のヴァンパイア一味は、仲間を狩るリンカーンに目をつけ、「舞踏会」に招待しようと企むのだが・・・




「実在の超有名な大統領が、実はヴァンパイアハンターだったら楽しくね?」という大変頭のよろしい発想をされたアクション・ファンタジー作品です。

監督は、「弾丸が曲がったら超格好良くね?」という中二病をお患いになられた方をピンポイントでねらい打った作品「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフです。

ジェームズ・マカヴォイ
1409円
powered by yasuikamo

「ぼくがかんがえたかっこういい設定」を具現化しまくった世界観はそれだけで楽しいもの。
こういう監督が好き勝手やっている映画は大好きです。


本作の魅力のひとつが、「リンカーン大統領の歴史の影に、ヴァンパイアとの戦いが存在していた」という設定です。
ヴァンパイアとの戦いは荒唐無稽なものですが、時折リンカーンが実際に行った政策やエピソードが語られるので、南北戦争が起こったときの時代背景を知っているとより楽しめるでしょう。

「忙しいはずのリンカーンが夜にヴァンパイアを狩っている」と聞くと、あんたそんなことやってる場合じゃないでしょと言いたくなるところですが、本作はちゃんとこの理由付けをしています。

なにせ黒人の奴隷=ヴァンパイアたちの食料となっているのですから、リンカーンが(自身の復讐のためだけでなく)ヴァンパイアを倒すことに合理性があるのです。
設定はトンデモながら、大筋は納得ができるように構成されているのは見事でした。

ちなみに原作となる小説も存在しています。

セス・グレアム=スミス
1050円
powered by yasuikamo

小説は「リンカーンの本物の日記を入手した作者が、それを元にして書いた」という設定ですが、映画ではリンカーン自身が自分のトンデモな生涯を語るという構成になっています。
日本版のサブタイトルに「秘密の書」とあるのは、この日記を指したものなのでしょうね。


もうひとつの魅力が、言わずもがなアクション描写です。
リンカーンが斧を振り回し、ヴァンパイアが飛び跳ね、スローをふんだんに使ったアクションは魅力たっぷりです。
3Dも効果的で、中盤のとある格闘シーンは3Dがあってこそ映えるものでした。
ちょっと暗い画が多いのは玉にキズだったけれどね。


しかし・・・設定はそこそこ練られているとはいえ、お話のほうははっきり言って面白くありません。
敵の魅力のなさや、盛り上がりのなさがかなり気になるし、「ウォンテッド」のような突き抜けた楽しさは感じません。
ツッコミどころも満載なので、物語の整合性を気にする人は素直に回れ右です。

+3D料金のことを考えると割高感は否めませんが、「お金をかけたB級アクション映画」を期待すると十分楽しめますよ。

以下、ネタバレです 展開と結末に触れまくっているので、鑑賞後にどうぞ↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-03 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 3
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR