FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

みんなの歌「北のカナリアたち」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は北のカナリアたちです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:すごくいい話なのだけど・・・あ、あれ?


あらすじ


川島はる(吉永小百合)は北海道の島で小学校教師をしていたが、ある事故をきっかけに島から出た。
それから20年後、東京の図書館司書として働いていた彼女は、教え子の一人「ノブ」(森山未來)が事件を起こしたことを知り、自分が受け持っていた生徒たちに会いに行く。
6人の教え子たちは、それぞれ自分の苦しい胸のうちを話すのだが・・・




告白」の湊かなえの小説「二十年後の宿題(『往復書簡』に収録)」を原案とした映画です。

湊 かなえ
630円
powered by yasuikamo

自分はこの小説は未見でしたが、あくまで小説は「原案」であり、映画とは舞台や設定が異なります(登場人物が抱えている思いはかなり似通っているようです)。
小説にあるバックボーンを用いて、独自の物語を創っていると考えてさしつかえないでしょう。

その映画オリジナルの脚本を製作するのは、邦画界屈指の超駄作「デビルマン」の那須真知子さんです。

これを知って嫌な予感しかしませんでしたが・・・意外と(超失礼)大筋のストーリーと、登場人物の描写はよくできたものだったと思います。

本作は登場人物の思いが複雑に絡み合い、そのうちに真実が徐々に浮き彫りになっていくというミステリー仕立てになっています。

20年前、何故先生は島から離れたのか?
なぜ「ノブ」は事件を起こしたのか?
6人の生徒と、先生、それを取り巻く環境に何があったのかー

それが密接に絡み合い、20年間に渡るドラマが繰り広げられるのです。
登場人物が苦しむ姿は、観ていて気が滅入るものですが、だからでこそ終盤の展開がとても感動的に仕上がっています。

若手の豪華キャストも魅力的で、特に森山未來さんの演技には感服しっぱなしです。
今年ではクズ男を演じた「苦役列車」も完璧と言える名演でしたが、本作もそれに勝るとも劣らない素晴らしさでした。

もちろん吉永小百合さんも相変わらずお美しいです。
本作では40歳と60歳の女性を演じますが、40歳だと言われても全然違和感がありません。
9歳しか年の離れていない里見浩太朗さんが父親役でもわりと問題がないのは素直にすごいと思います。
加えて<微ネタバレ注意>「濃厚キスシーン」や「『母べえ』を思い出させる盛大な泳ぎ(クロール)」はファンであれば歓喜できるものであると思います。たぶん。


ただ、前述の嫌な予感は、実は結構当たっていました。
本作には違和感を感じるところがかなり多いのです。

そのひとつが台詞の数々。
ちょっと説明口調です

もうひとつがエピソードの不自然さ。
ミステリーを成り立たせるためにあえて重要なことを言わなかったりするのは納得できるんだけど、それにしたって変に感じることが多い。
それが顕著なのは小池栄子さんのエピソードで、はっきり言ってひどいものだと思います。
ところどころ「えっ?」と失笑まじりに思ってしまうのはかなり致命的です。


そんなわけで「物語にはとても感動できるけど、細部が変なせいで割と台無し」という印象が拭えなかったのが残念です。
それでもサユリストには見所満載の映画であるし、本当にメインのストーリーはとても良かったので、心揺さぶられる映画が観たい方に是非おすすめします。

以下、ネタバレです 展開と結末に触れまくっているので鑑賞後にお読みください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-05 : 映画感想 : コメント : 5 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR