FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

誰かがいるところ「黄金を抱いて翔べ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は黄金を抱いて翔べです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ゴリ押しオーシャンズ11


あらすじ


裏社会の住人を相手とした『調達屋』の幸田(妻夫木聡)は、大学の同級生である北川(浅野忠信)に銀行の地下に眠る金塊を強奪する計画を持ちかけられる。
システムエンジニアの野田(桐谷健太)、自傷行為が日常化している北川の弟・春樹(溝端淳平)、爆弾工作員のモモ(チャンミン)、公園の清掃係のジイちゃん(西田敏行)とともに、計画を練るのだが・・・




パッチギ!」「ヒーローショー 」の井筒和幸監督最新作であり、髙村薫の小説を原作とした作品です。

高村 薫
578円
powered by yasuikamo


映画は省略されていることはあっても、基本的に原作に忠実であり、原作既読者にとって好評であるようです。
自分は小説は未見でしたが・・・正直、一本の映画作品としてはそれほど満足感を得ることはできませんでした。

本作のストーリーの軸はふたつあります。

①金塊強奪(金塊の強奪)をする男たち
②金塊強奪をするまで、刺客に狙われる男たち。

②の割合がかなり多くて、(金塊強奪をするだけで大変なのに)主人公たち6人は数多くの辛苦を強いられるようになります。
この②の描写は面白いことは面白いのですが、各エピソードはぶつ切れで、ダイジェスト感が否めないものでした。
金塊強奪の決行までに、これに長い時間をかけるのでフラストレーションがたまる人も多いと思います。

肝心の①なのですが、これはツッコミどころ満載です。
過程にスマートさは皆無、方法は超アナログ、主人公たちはものすごいゴリ押しで金塊強奪をすることになります。
オーシャンズ11」のような華麗さを期待すると、憤慨すること必死です。

しかし、これらも決して大きな欠点になっていません。
前半の主人公たちの暮らしぶりと、後半の無理矢理な強盗手段では、彼らの退廃的な心情がみてとれます。
このドロッドロの薄暗~い男臭さこそがこの映画の最大の魅力
「黄金を抱いて翔べ」なんて華麗なタイトルですが、実際は地面にはいつくばって黄金を狙っているイメージなのです。

ただそうした魅力を感じても、やはり人間ドラマとしてはイマイチに思えます。
作中に「俺たちの結びつきは金塊だけだ」という主人公たちの協調性のなさを示すシーンがあるのですが、それにしたって各キャラクターには感情移入できる要素や、ラストへのカタルシスにつながるものが少なく感じます。

結論としては「アウトレイジ」のような『各エピソードをころころと見せる』映画が好きな人には向くけど、キャラに感情移入したい人や、爽快さを期待する人には向きません。
好き嫌いの分かれる作品なのは間違いないでしょう。

本作は何故かG(全年齢)指定ですが、少々暴力的なシーン(それほどひどいものではないですし、必要な描写です)もあるのでPG-12指定くらいに思って観たほうがいいです。

また、東方神起チャンミン目当ての人にはかなりおすすめできます。
この映画の彼は格好いいだけでなく、ある人物とちょっといい感じになったり、ほかにもキャーキャー言えるシーンが満載です。

ほかにも妻夫木聡溝端淳平などのイケメン勢も素晴らしい熱演。
超豪華キャストの演技の幅を感じられる映画でした。

以下、ネタバレです 結末に触れまくっています↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-09 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR