FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

良い騙され方 映画版「カラスの親指」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はカラスの親指です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:ああ~そういうことね~(大納得)


あらすじ


ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこか間の抜けているなテツ(村上ショージ)がコンビを組んだ。
ある日、まひろ(能年玲奈)という少女と知り合ったのをきっかけに、彼女と姉のやひろ(石原さとみ)、その彼氏の貫太郎(小柳友)までもがふたりのすみかに上がり込んでくる。
そして共同生活をはじめた5人のもとに、かつてタケが壊滅に追い込んだ組織の男・ヒグチ(鶴見辰吾)が現れ、執拗な嫌がらせをはじめる。
彼らは一同決心し、ヒグチをハメるために「アルバトロス作戦」を企てる。




道尾秀介原作の小説をもととした映画です。

powered by yasuikamo

本作で描かれるのは「コンゲーム」。
詐欺師が詐欺を働き、騙したり、騙されたりするさまを楽しむミステリー作品です。

元来このジャンルには「スティング」「ペーパー・ムーン」などの名作があり、長年映画ファンにも支持されてきたものです。

そしてこの映画も、そんなコンゲームの映画が好きな方にオススメできる、痛快愉快な作品に仕上がっていました。

キモとなるのはラストのどんでんがえしですが、これに至る伏線がものすごく多いのでとても説得力があります。
何気ないシーン、セリフに綿密に伏線が張られ、それらがラストに氷解するさまはこのジャンルならではの面白さを感じ取れることでしょう。

秀逸なのが、その伏線を張る過程が、それだけでもしっかりと面白いこと。
最後のどんでん返しがなくても、一本の映画として成り立っていると思えるほど、各エピソードが楽しいのです。

役者も魅力たっぷりです。以下主要登場人物を紹介します。

あべひろ<タケ(阿部寛):プロの詐欺師。一見しっかりした男だが、悲しい過去を持つ

ショージ<テツ(村上ショージ):いつもニコニコしている。意外と常識人?

まひろ<まひろ(能年玲奈):母を亡くしている少女

姉<やひろ(石原さとみ):まひろの姉。常識がない。

かんたろう<貫太郎(小柳友):ヘラヘラしているまひろの彼氏。

ひぐち<ヒグチ(鶴見辰吾):タケに恨みを持ち、復讐しようとしている。

村上ショージさんは本格的な俳優としての活動は本作が初とのことですが、この役柄にはバッチリはまっています。

この中の登場人物が誰かを騙し、誰かが騙されています。
この手の映画を観慣れている方であれば、あれこれと考えるのも楽しいでしょう。

自分は、作戦の実行中のとある登場人物が言ったことばで真相が分かりましたが、カンがいい人ならもっと早く気づくのかもしれません。

残念だった点もあります。

ひとつは上映時間が2時間40分と大変長いことです。
観ている間はその長さを感じさせない面白さであるし、無駄と思えるシーンもほとんどありません。
それにしたって少し冗長です。
余すことなく原作の要素をつぎ込むことはとても尊いことですが、そのままでは少し息苦しさを覚えます。

もうひとつは、本作に台詞がとても多く、「映像」で魅せてくれるシーンが少なく思えたことです。
原作の台詞であるところはそのまま台詞にした印象で、「小説をそのまま映像化した」ように思えるのです。
終盤では工夫されているシーンもあるのですが、もう少し「映画ならでは」が欲しかったです。

この上映時間&台詞と情報量がとても多いために、ちょっと観ていて疲れてしまうのは惜しいところです。


そんな難点はあるものの、トータルではかなりオススメな作品です。
自分は原作は未読でしたが、この映画は原作を読まないほうがむしろ楽しめるかもしれません。

「カラスの親指」というタイトルの意味も素晴らしいです。
何気ないシーンに気を配りながら推理しても、何となーく観ていても楽しい作品です。
ぜひぜひ劇場へ。

以下、結末も含めてネタバレです 映画を未見の方は絶対に読まないでください

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-23 : 映画感想 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR