FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

けっこうダメダメな新生スパイ「007 カジノロワイヤル」ネタバレなし感想+お気に入りシーン

今週末、007のシリーズ最新作「スカイフォール」が公開されます。

主人公のジェームズ・ボンドを演じるのは、いまやハリウッドの超名優であるダニエル・クレイヴ
今日はダニエル・クレイヴがボンドを演じたはじめの作品である「カジノロワイヤル」(制作:2006年)をご紹介します。
*11月28日にも地上波放送されました

ダニエル・クレイグ
1980円
powered by yasuikamo


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:格好いいけど、格好悪いなあ


あらすじ


ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は英国諜報部「MI6」のスパイでである「00」の地位に昇格し、「殺しのライセンス」を得た。
工作員であるル・シッフル(マッツ・ミケルセン)は、使い込んだ組織の資金を穴埋めするため、カジノで一攫千金を狙っていた。
ボンドは、上司「M」(ジュディ・デンチ)からル・シッフルを負かして破滅させるよう命令され、同僚のヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)とともにカジノに向かう。




いや~シリーズ最高傑作の呼び声が高いことも納得。すごく面白いです。

本作はシリーズ21作目にして初のリブート作です。
内容もジェームズ・ボンドが初めての任務に挑むという「新シリーズの第一作」になっています。

時代背景も現代に設定されており。作中に「9.1.1」の話題が出ていたりします。

主人公・ボンドの見た目のイメージはいままでとは全く異なっており、実際にダニエル・クレイヴがボンド役に選ばれた時は批判が起こったほどでした。
しかしダニエル・クレイヴはこの批判を覆す名優&イケメン&相変わらずの女たらしっぷりを見せ、本作は新時代の007として全世界に受け入れられることになりました。とても喜ばしいことだと思います。

一番の魅力であるだろうアクション描写も素晴らしいです。
たとえば、はじめの「追っかけっこ」で逃げている男を演じているのは、激しく飛んだり跳ねたりする活動「パルクール(フリーランニング)」の第一人者です。
以下のようなすんごいアクションが映画で見られるというだけでお腹いっぱいでした。
<パルクールまとめ動画 - YouTube>

これについていってるダニエル・クレイヴの身体能力もすごいよなあ・・・
激しい「動」のアクション一辺倒ではなく、中盤のポーカーの勝負などの「静」の緊張感があったのもよかったです。

なにより本作のジェームズ・ボンドのキャラが、今までよりもはるかに好きになれたのが嬉しかったです。
相変わらずボンドは女性に対して軽口を叩くのですが、ヒロインは対等の立場にいようとします。
ボンドの荒っぽいやり方に上司が難を示すシーンや、ボンドが「(車の)駐車係」と呼ばれるシーンもあったりします。格好悪いです。
本作のボンドは格好はつけようとするけど、新人であり、ちょっとナメられており、ときどきミスもする「甘ちゃん」なのです。

今までのジェームズ・ボンドはある意味「完全無欠」っぽいキャラでしたが、本作の器の小さい欠点だらけのボンドのほうが人物としては魅力的です。
これだけでも、シリーズを仕切りなおした甲斐があると思いました。

大人の魅力ムンムンなスパイに惚れ惚れしたい方は必見。
「スカイフォール」の予習というだけでなく、万人向けのアクション映画として幅広い方におすすめです。

以下は少しだけネタバレ↓ 重要なシーンは反転しているので未見でも大丈夫だと思います。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2012-11-28 : 旧作映画紹介 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR