FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

全編ゴリ押し「映画 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)です。


個人的お気に入り度:2/10

一言感想:
一言感想:ゴン


あらすじ


クラピカをおいといてキルアが友達がどーとか俺最低だとか悩む話。




*メタメタに書いているのでこの映画が好きな人にはごめんなさい

あまりに映画がつまらないので、大切な人を殺されたあげくにそのかたきから矛盾をつきつけられるゴン(主人公)のような形相になってしまいました。
もともと評判が恐ろしく悪かったので微塵も期待していませんでしたが、それでもキツかったです。

いろいろ問題点をあげていきましょう

①原作との矛盾点多すぎ
自分は原作コミックが大好きで、一応全巻読んでいます。
この映画版では一回読めばわかる程度の、原作の設定を無視しまくるシーンの連続なのです。
びっくりしたのが、入場者プレゼントとして配られていた「0巻」とすら矛盾しているシーンがあることでした。
「原作に描かれていなかったオリジナルストーリー」を謳っているくせに、映画本編はパラレルワールドと思うしかない勢いでした。

②キャラが自分の心情とか状況をしゃべりすぎ
この映画では「友達」「親友」「裏切ったりしない」など心底胃もたれしそうなほどたくさんの友情ワードが飛び交います。
ほかにも説明台詞が目白押し。これが大変クドくて不愉快でした。

③敵の能力ムチャすぎ
この映画には「オモカゲ」というオリジナルキャラクターが出てきます。
こいつの能力がほぼなんでもありなので全然駆け引きとかがありません

⑤バトルつまんなすぎ
原作のHUNTER×HUNTERは複雑な登場人物の想いが錯綜し、二重三重にも互いが裏を読むような「心理戦」が描かれた素晴らしい漫画作品でした。
しかしこの映画の戦闘はほぼ全てがゴリ押しです。気合があればだいたい勝ちます。

⑥音楽ひどすぎ
大げさな上にミスマッチな音楽も辛かったです。なんかスーパーとかでかかってそうな音色でした。
ゆずの主題歌は好きなのですが。

⑦キャラの描写&中盤からの展開がひどすぎ
中盤からのキルア(準主人公)の行動のバカバカしさは笑うしかありませんでした。

フォローしておくと、序盤はけっこう面白かったんです。
メインの物語自体もそんなに悪くありません。
キャラの見せ場は十分に用意されているし、挫折や仲間との一致団結も描かれています。サブキャラクターの描写もよくできています。

でもそんな良い点を押しつぶすほど悪い点が目立っていて、ファンにとっては怒りしか買わない内容になっています。
中盤以降はもうどうでもよくなって心が死にました。

また、予告編を見たほとんどの人が今回の物語で焦点があたっているのは「クラピカ」である印象を持つと思うのですが、実際にメインで活躍するキャラはキルアです。ここからもうチグハグ感が否めません。

原作を読んでいない人には不親切なところも多いし、大人には台詞と展開が幼稚すぎるし、子ども向けにしてはちょっと残酷なシーンもあるし、まさに誰が得するんだとしか言いようがありません。
でも今作はやたら12歳前後の少年たちがキャッハウフフしているシーンがあるので、その趣味の人なら気に入るかもしれません。

ちなみに今(公開から3週間後)なら大体の場所で「0巻」は無くなっています(自分は収録されている漫画の内容は「少年ジャンプ」誌上で読んでいました)。
そんなわけで観なくていいです。

以下、結末も含めて容赦なくネタバレです 原作(幻影旅団編)のネタバレもあるので注意↓原作を読んでいないと意味不明な箇所がありますが、ご了承ください。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-06 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR