FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

みんなが家族「人生、ブラボー!」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は人生、ブラボー!(原題:STARBUCK)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:子どもがめっちゃほしくなった


あらすじ


実家の精肉店に勤めるダヴィッド(パトリック・ユアール)は仕事が満足にできず、多額の借金を抱え、さらに妊娠した恋人からも愛想をつかされているというダメ男だった。
彼はある日、過去にしていた精子提供により533人の子どもが生まれていたことを知らされる。しかもそのうちの142人から身元開示の訴訟を起こされていたのだ。
はじめは会う気はないと言い張るダヴィッドだったが、渡された子どもたちのプロフィールを見て、その中に有名なプロサッカー選手がいることを知る。
サッカー選手の活躍を見て気を良くしたダヴィッドは、子どもひとりひとりに会いにいくのだが・・・




超おすすめです!
しのご言わずに映画館に行ってください。本当にそのくらい面白かったんですから!

本作はうだつのあがらないダメ中年男性の成長物語にして人間賛歌の物語、そして笑って泣けるハートフルコメディです。

主人公は金のために幾度もの精子提供を過去に行っており、その結果生まれていた子どもたちに会いに行き、彼らの生活と人生を知ることになります。
そのエピソード全てが面白く仕上がっており、同時にダメ主人公のあたたかい人間性を知れるという内容になっています。

しかし主人公は訴訟を起こされているので、簡単に彼らに正体を打ち明けるわけにはいけません。
しかも借金もちなので、「金」の問題も大きく苦悩としてのしかかってきます。
その苦悩を打ち破る主人公の決断、そして「家族」の行動は、きっと感動を呼ぶはずです。

よくこんな突飛な発想のストーリーができたなあ・・・と感心しきりだったのですが、実際に精子提供により何百人もの子どもの「父親」になっている人は存在しています。
日本でも男性不妊の対策として非配偶者間人工授精(AID)が行われていますし、「精子提供―父親を知らない子どもたち―」という書籍もあります。
精子提供を扱った映画にも「キッズ・オールライト」「カレには言えない私のケイカク」といったものがありますし、けっこう普遍的な題材なのかもしれません。

監督は同じくハートフルコメディである「大いなる休暇」の脚本を書いたケン・スコットです。

レイモン・ブシャール
3990円
powered by yasuikamo

こちらも社会的な問題を扱いながらもほっこりと楽しめる隠れた名作です。
ちなみにどちらの映画でも舞台となっているのはカナダのケベック州なので、作中で話されているのはフランス語だったりします。

原題の「STARBUCK」とは、主人公が精子提供を行ったときに使った偽名のことです。
元ネタは超有名なコーヒーショップではなく、優秀な遺伝子を持った「種牛」の名前です。
<くわしくは公式ページのこちら>
邦題はちょっと狙いすぎですが、的外れでもありません。

惜しむらくは上映館が限られていること。
しかし徐々に上映する地域は増えていっていますし、ここまで完成度が高いのであれば、「最強のふたり」のようなロングランも期待できると思います。

発想は突飛でも、主人公が挫折と苦悩を味わうも最後には幸せな展開が待ち受けているという「ベタ」な映画です。
しかし本作はそのベタな構成がとても堅実に組み立てられているので、どなたにも受け入れられるでしょう。

G(全年齢)指定ですが、性的な話題も出てくるのでそこだけは要注意(どぎついものではないです)。
カップルでも親子でもひとりでも、間違いのない1本です!

以下、結末も含めてネタバレです 本当に面白い映画なので未見の方は読まないように!

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-17 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR