FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

出会いはきっと何かを変える 映画「横道世之介」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は横道世之介です。


個人的お気に入り度:9/10

一言感想:主人公が大好きでしょうがない!


あらすじ


時は1987年。
横道世之介(高良健吾)は、大学進学のため東京へと向かう。
彼はちょっと図々しくも、頼まれたことはなんでも引き受け、人を惹きつける魅力を持った男だった。
そんな世之介は、祥子(吉高由里子)というお嬢様から一方的に好かれてしまうのだった・・・




はいきたオススメです!
楽しくてちょっと切ない、邦画でしかできない素晴らしい青春映画でした。

本作は「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一監督最新作であり、原作は吉田修一による同名小説です。

吉田 修一
750円
powered by yasuikamo

自分は原作は未読でしたが、原作も主人公の青年・横道世之介の青春を魅力的に描いた作品であり、この映画も原作を読んだ方から好評のようです。

物語の舞台は、日本がバブル絶頂期であった1980年代です。
仕事に困ることはほとんどなく、経済成長がまだまだ見込まれ、携帯電話もインターネットも存在しない時代です。
街ではみんな「シャツをズボンをIN」で、看板には「AXIA」「さくらや」「コンバーチブル(今もあるけど)」、台詞として「ねるとん」などのことばがつぎつぎと登場します。

当時に青春時代を過ごした人にはきっと懐かしむことができるでしょう。
しかも本作は、それよりも未来の登場人物が「あのころ」を懐かしむ描写もあるのです。
青春を過ごした「あのころ」を思いだし、そのノスタルジーに浸れる、今の30~40代の方にはどストライクな映画なのです。

もちろんこの映画は若い方にもおすすめできます。
明るいキャラの高良健吾と、お嬢様を演じた吉高由里子バカップルがめちゃくちゃ可愛いからです。
正確に言えばバカップルと言うよりは「友達以上恋人未満」な状態が続くのだけど、この2人のやりとりが微笑ましく、時には笑えます。

特に吉高由里子さんは「婚前特急」では性格のキツい女性を演じたのに、一転して「わたくしは~ですの」という口調で話すお嬢様をこの上なく可愛らしく演じています。
ファンなら何を差し置いてでも必見です。

さらにはご年配の方でも楽しく観れるのではないでしょうか。
派手さは全くない映画ですが、ほんのちょっぴりの登場人物の想いに感動できる人間ドラマなのですから。


さて本作のネックとなるのはやはりその上映時間でしょう。なんと2時間40分あるのです。
最近では大作ファンタジー「ホビット」に迫る勢い、長いことが災いしたためか興行的にコケた「カラスの親指」とタメです。
これでは観るのを躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし長さの主たる原因は、登場人物の動作や感情を細やかに描いたためであるので、その上映時間は無駄だとは思えません。

また中盤のシーンでは、「あること」を観客に気づかせる描写があります。
これがあるからこそ、横道世之介の青春をより見届けたくなり、2時間40分の最後まで飽きることがないようになっています。
映画全体を引き締める、素晴らしい「仕掛け」だったと思います。


原作者の吉田修一さんは、こんなコメントを公式ページに残しています。
「『普通の学生』と語られることの多い世之介ですが、普通っていうのは実はレベルが高いんだなと映画を観て思いました。
世之介が普通だとすると、自分も含めこんなにも幸せな学生生活を送った人はそんなにいないんだろうなと」


まさにそのとおりで、主人公横道世之介は、あまりに楽しそうな学生生活を送っています。
でも全く妬んだりする気持ちになれません。
それはあまりに横道世之介が「いいやつ」で、彼を応援したくなるからです。


本作では、輝かしい青春時代を追体験できるという、まさに映画でしかできない満足感を得ることができます。
主題歌「今を生きて」もばっちりはまっていました。
キャッチコピーの「出会えたことが、嬉しくて、可笑しくて、そして、寂しいー」も、横道世之介をあらわすことばとして秀逸でした。

上映時間は確かに長いのですが、それ以外は文句無く、幅広い方に観て欲しいと思える作品です。
役者のファンだけではなく、デートのチョイスにも是非!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ めっちゃ長いです。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

2013-02-24 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR