FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

忘れえぬ故郷 映画「オブリビオン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はオブリビオンです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:設定がゴリ押しSF


あらすじ


人類とエイリアン「スカヴ」の戦いにより、地球が崩壊してから60年が過ぎた。
生き残った人類が土星へと移住する中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)とそのパートナーのヴィクトリア(アンドレア・ライズボロー)は上空から地上を監視する日々を送っていた。
ある日ジャックは宇宙船の墜落を目撃し、生存者の女性ジュリア(オルガ・キュリレンコ)を助け出すのだが・・・




アウトロー」に続くトムクル様主演作にして、「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督最新作です。

タイトルのoblivionの意味は「忘却」。
同名のゲームがありますが本作はそれとは無関係で、本格的なSFの様相を呈しています。

タイトルのとおり、主人公・ジャックはなぜか故意に記憶を消されていて、彼の境遇は謎だらけです。
徐々に謎が解き明かされていく過程には求心力があり、そのネタばらしのタイミングも絶妙で、効果的な伏線もあります。
ミステリー風味のSFを期待する方には存分に楽しめるでしょう。


残念なのが、設定に論理性が見いだせず、かなり強引に感じてしまうことです。
少し考えただけでも「え?それっておかしいぞ?」と思うところばかりでした。
序盤の疑問は伏線としてしっかり回収されているし、難しいことを考えずにサラッと流して観たほうが楽しめるのでしょうが・・・後半はツッコミどころが盛りだくさんでなかなか容認できるものではありませんでした。

さらに新鮮味もあまりありません。
地球が崩壊した後の世界観も今ではありふれていますし、「2001年宇宙の旅」「猿の惑星」「スター・ウォーズ」を思わせるシーン(オマージュ)や設定もあるので、あっと驚けるシークエンスは期待しないほうがいいかもしれません。
登場人物がとても少なく、主人公の一人芝居が多いのも「月に囚われた男」を思わせました。

上映時間は2時間4分とSF大作としてはごく普通ですが、ものすごく長く感じました。
これは世界観をじっくり見せるためにテンポがややゆっくりしていることだけでなく、作中に山場が何回もあって「いつ映画が終わってもおかしくない」と思ってしまったせいもありそうです。


良いところはそのビジュアル。
ディストピアである世界観、シルバーを基調とした画はSFとしての魅力に溢れています。

「忘却」だけでなく、「故郷」をテーマとしていたこともよかったです。

主人公は崩壊前の地球を写真でしか知らないはずであるのに、ニューヨーク(ヤンキース)のキャップをかぶったり、レコードで「青い影」を聞いたり、スーパーボウルのスタジアムで思いにふけったり、エンパイアステートビルの風景がフラッシュバックしたりします。
主人公が地球を懐かしむことにもちゃんと意味があるのです。

台詞の端々にも気が利いていて、何気ないことばにも深みが感じられました。
戸田奈津子さんの字幕がちょっとアレだけど・・・
エンパイアステートビルを表すTOP OF THE WORLDを「世界一高いところで会おう」と訳すしanother day in paradiseを「今日もパラダイス」と訳すし・・・


こういう作品は予備知識をあまり入れずに観るのがいいでしょう。
映画としてのまとまりは悪いですし、終盤に向かうほど大味になる展開は「トロン・レガシー」と一緒ではありますが、それを許せるSFファンの方であれば存分におすすめできます。

また、本作のはじめに表示されるUNIVERSALのロゴにはちょっとした変化があります。
ぜひ忘れずに、注目してみてください。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-01 : 映画感想 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR