FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

前作ファン大激怒「G.I.ジョー バック2リベンジ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はG.I.ジョー バック2リベンジ(原題: G.I. Joe: Retaliation)です。


個人的お気に入り度:3/10

一言感想:ハイパー中途半端ねえ


あらすじ


パキスタンで核兵器回収のミッションに就いていた特殊部隊G.I.ジョーのメンバーは、突如襲撃を受けて壊滅した。
G.I.ジョーを襲ったのは大統領(ジョナサン・プライス)になりすましたコブラの一員・ザルタンだった。
G.I.ジョーの生き残りのロードブロック(ドウェイン・ジョンソン)たち数名と、スネークアイズ(レイ・パーク)はコブラの暴虐を防ぐために行動を起こす。
一方、地下刑務所に捕らえれたストームシャドー(イ・ビョンホン)は、コブラの仲間の助けを借りて脱獄をするのだが・・・




*メタメタに書いているのでこの映画が好きな人にはごめんなさい。

お金をかけまくったアホアホアクション「G.I.ジョー」の4年ぶりとなる続編です。
前作のスティーヴン・ソマーズ監督は降板し、制作総指揮官を務めることになりました。

えー・・・この映画の良いところはほぼ「ニンジャたちの断崖絶壁ロープアクションが面白い」くらいのもんです。ここだけは本当にすばらしい出来です。
でもほかが絶望的につまらなかったです。

何がひどいって、まず前作へのリスペクトが全くもって足りないことでしょう。

本作は前作から設定が都合よく変わっていて、たとえばG.I.ジョーが「世界各国の協力の下に構成された国際混成部隊」から「アメリカ政府直属の機関」になっていたりします。
それだけだったらいいのだけど、本作には前作のキャラクターへの敬意が感じられません。
「使い捨て」をされるキャラクターの描写が雑すぎて泣きそうになりました

さらに前作で登場した「街を縦横無尽に走り回れるパワードスーツ」のような男の子心をくすぐるアイテムはあまり登場しません。
作中にあるアクションは、銃でドンパチやっているばかりの既視感のあるもので、話の適当さも相まって前述のロープアクション以外すべてがどうでもいい感じになっているのは致命的でしょう。

この前作の「おもちゃ(G.I.ジョーはもともと人形玩具)で遊んでる」印象から「無駄にミリタリー色が濃くなった」印象への転換はがっかりを通り越してあきれてくるほどでした。
これじゃあ前作で培った個性を殺しているだけ、ただのC級アクション映画になっただけです。

本当話の適当さはやばくって、高揚感はなく、シーンのつながりも雑で、とってつけたようなキャラ描写も全く魅力がありません。
この手の映画にストーリーの出来を求めること自体野暮なのかもしれませんが、いくらなんでもこれはないです。

結果として、前作が好きだった人には到底おすすめできず、単純なアクション映画を求める人にも微妙な出来になっているのは残念です。
日本のキャッチコピーの「ハイパーハンパねえ!」という超B級なセンスは好きなんですけど、実際にハイパーなのは中途半端さだった印象でした。

ロープアクションは大迫力、北朝鮮のいじり方が楽しいなどの魅力はありますが、全体的には特に観なくてもいいかと思われます。
3D効果が期待できるのはロープアクションだけなので、2Dでもよいでしょう。

あ、あとブルース・ウィリスはあんまり活躍しません。チョイ役です。ブルースファンも回れ右で。
イ・ビョンホンファンにはその肉体美を堪能できますが、それでもなあ・・・

以下、結末も含めてネタバレです。 前作のネタバレも含んでいるのでご注意を↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-09 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR