FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

僕だけが知っている リメイク版「華麗なるギャツビー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は華麗なるギャツビー(2013)(原題:The Great Gatsby)です。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:世の中、金ばっかりじゃない


あらすじ


金融マンのニック(トビー・マグワイア)は、とある大富豪の物語を精神科医に話しはじめる。
ニックは宮殿のような豪邸のそばで暮らしていた。その豪邸の持ち主こそジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)だった。
ニックの知り合いの富豪トム(ジョエル・エドガートン)の妻であるデイジー(キャリー・マリガン)は、ギャツビーのことを知っているようだったが・・・




ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督最新作です。

原作はF・スコット・フィッツジェラルド による同名の小説であり、長らく古典として親しまれていた作品です。
今までに2度実写映画化もされている作品で、特に有名なのはロバート・レッドフォード主演の1974年の作品でしょう。

ロバート・レッドフォード
1000円
powered by yasuikamo

自分はこの映画も原作も未見だったので、新鮮な気持ちで本作を楽しむことができました。

1974年版は原作とは異なる解釈で物語が綴られている箇所があり、今回の2013年版はそれよりもだいぶ原作に忠実になっているようです。
参考↓
華麗なるギャツビー(1974年) - Wikipedia(超ネタバレ注意)
【ネタばれ】「勝者は鉄人Fコッポラ コッポラ版との比較」 ユーザーレビュー - Yahoo!映画(超ネタバレ注意)

その作品群を全く知らない自分でもすんなりと飲み込めたので、本作は過去作品を知らなくても問題なく楽しめるでしょう。


本作の舞台は1920年代のアメリカ・ニューヨークです。
第一次世界大戦が終了したばかりの「ジャズ・エイジ(狂乱の時)」と呼ばれる時代で、とにかく世の中はバブル景気に湧いていました。

監督自身が2008年に体験したリーマン・ショックが、1920年代の人々が体験したこととそっくりであることに気づいたからこそ、本作を現代に蘇らせることを決めたそうです。

何せ、その「狂乱の時代」の先には1929年の大恐慌が待ち受けているのです。
その華やかな生活はやがて終わりを迎え、退廃していく・・・本作がきらびやかなビジュアルに対し、もの悲しい雰囲気を感じられるのは、そのためでもあります。

原作者が「グレート・ギャツビー」を執筆したのは1920年のことなので、原作者は大恐慌が起こることを知りません。
しかし、この物語はやがて来る「悲劇」を想定して書かれたようにしか思えません。
原作者は先見の明をもって、この物語を考えていたのではないでしょうか。

セレブレティは毎日のように豪遊し、街中のモラルが低下しまくっていたときに、ギャツビーは多くの「謎」を携えて登場します。

なぜギャツビーはこの時代に大富豪になったのか?なぜ自宅でパーティを行っているのか?彼の正体は?ヒロイン・デイジーとの関係は?
当時のきらびやかな風情に圧倒されながら、そのミステリー要素や、ラブストーリーが楽しめることが本作の魅力と言っていいでしょう。


役者も総じて魅力的で、言わずものがなのレオナルド・ディカプリオをはじめ、狂言回しとしてのトビー・マグワイア、「弱い」立場であるキャリー・マリガンも素晴らしかったです。

ただ上映時間が2時間24分と大変長く、会話シーンばかりで物語の進展がない中盤はかなり退屈でした。
きらびやかな装飾やパーティーのシーンも何度も流されるので、くどさを感じます。
役者の演技も、この冗長さでは少し魅力を削いでしまうような気がします。

ここは監督の個性だと割り切るしかないですが、ほかの監督が撮っていたらどんな作品だっただろう?と想像もしてしまいます。

また本作には3Dで観たい!と思わせるシーンもたくさんあったのですが、会話シーンの比重が大きい作品なので、2Dでもよいでしょう。

「金で幸せをつかもうとした男の悲劇」を描いた本作は、普遍的で、多くの人の共感を呼ぶことでしょう。
本作が再びリメイクされることがあるのなら、それはまた世界中が不景気になったときなのかもしれません。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-16 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 1
Pagetop

ド・シリアススプラッター リメイク版「死霊のはらわた」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

リメイク版死霊のはらわた(2013)(原題:EVIL DEAD)の全国の劇場公開から1ヶ月遅れでようやく観ました。

EVIL DEADポスター

個人的お気に入り度:6/10

一言感想:シリアス&クスリはダメ、絶対!


あらすじ


麻薬中毒に陥っていたミア(ジェーン・レヴィ)は、兄のデイヴィッド(シャイロ・フェルナンデス )ら4人の男女ともに森の中の小屋にやってきた。
依存から抜け出そうとするミアの前に、やがて異形の者が迫ってきて・・・




1998年に制作された元祖スプラッター・ホラーのリメイク作です。
オリジナル版とのもっとも大きな違いは、本作がコメディ色がほぼなくなっていることです。

本作にはオリジナル版にはなかった「ヒロインが麻薬中毒者である」というシリアスな設定があります。
そしてオリジナル版で顕著だった「なんだか笑ってしまうバカバカしさ」は本作にはありません。
スプラッター描写はかなりのリアル志向で、「痛さ」をとにかく感じます。
「笑い」の要素が感じられないことは、オリジナル版が好きだった方にとって「否」を突きつける要因になっているでしょう。

しかし、自分はとにかく凄惨な映画を作ろうとするスピリットを感じられたので、大いに気に入りました。

本作で監督を務めたのは新人の方で、Youtubeの動画が高く評価された人物です。
その動画→Ataque de Pánico! (Panic Attack!) 2009 - YouTube
被写体を至近距離で捉えたカメラワーク、、陰影をつけた映像表現は非凡さを感じました。

そして限界ギリギリアウト気味なスプラッター描写がほぼ文句なしの仕上がりです。
腕がブシュー!血がドバー!痛てててててて!な悪趣味スプラッターが好きならとりあえず観に行っても損はないでしょう。

驚くことに、そのスプラッター描写にはCGによる処理が一切使われていません。
オリジナル版の展開を踏襲し、かつ手作りでグッチョグッチョなシーンを作り上げてしまう本作は、確かなリスペクトを捧げているのです。

またヒロインが麻薬中毒者であり、彼女のために小屋に訪れるという設定はなかなかうまいと思います。
cold turkey(禁断症状を出させる荒療治)」のために外界と隔たれた場所に来るというのは筋が通っていますし、彼女が「何か」に襲われても「幻覚だから」と誤解されてしまうのです(何もあんなに汚い小屋に来なくてもとも思いますが)。

ホラー映画の定石(誰かが言ったことをみんなが信じてくれない)を踏んだ展開にはニヤニヤしてしまいました。


展開は穴だらけでツッコミどころもそれなりな本作は、まじめに考えるよりもグログロを楽しめれる方にこそおすすめしたい映画です。

でもやっぱり、オリジナル版のアホっぷりが恋しいのも事実です。
次回作があるのであれば、1作目を撮ったサム・ライミ監督が好き勝手やってる画を期待しています。

エンドロール後にもオマケがありますので、最後まで観ましょう!


以下、結末も含めて盛大にネタバレです 鑑賞後にお読みください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-06-16 : 旧作映画紹介 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR