FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

変わらないで待っている 映画「劇場版 銀魂 完結編」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:
さすがディオッ!


あらすじ


坂田銀時はわけのわからないまま、突如5年後の世界にタイムスリップしてしまう。
その時代では銀時自身は死んでおり、万事屋のメンバーの神楽や新八も変貌を遂げていた・・・




あまりに作中で登場するネタが危険すぎて、ヒロインに無理やりズキュゥゥンとキスをするディオに憧れるチンピラ2人のような気分になっていしまいました。

銀魂(ぎんたま)」とは天下の少年ジャンプで連載されている漫画作品で、本作は地上波で放送されていたアニメ版の完結編と銘打たれています。
この作品の特徴は時代劇なんだかSFなんだかよくわからない世界観、子どもには若干見せたくない下品なギャグ、メタネタ、ごく少数の人にしかわからないニッチなネタなどがあります。

下ネタがいかに多いかは、「銀魂」というタイトルの時点でわかるでしょう。まるで金t(自粛)
そのネタの数々は本当にひどくて(褒め言葉)、怒られるか怒られないかのギリギリのところを狙っています。つーか怒られます。
なにせ、ジブリに下ネタをぶっ込んでくるんですからその覚悟と度胸は並大抵ものはないでしょう。

他にもおっさんにしかわからないネタ、さらには映画ファンに向けたネタなどもあります。
これはもう劇場で観てこそ楽しめる素晴らしいネタです。
内容を言うと微妙にネタバレしてしまうのでとりあえず言わないでおきますが、なんのネタかを知りたい方は<こちら>をクリックしてください。
コレが大活躍をする時点で、前代未聞の映画だよ・・・
本作は時間に遅れてくることなく、予告編の段階から早めに席についておくほうがよいでしょう。

なぜ主人公の坂田銀時が5年後の世界にタイムスリップをしたのかを探る物語としても、5年間で変貌を遂げた登場人物を観るファンムービーとしても秀逸です。
一部の登場人物は5年の間に本当に何があったのかわからない変わり方をしている者もおり、それがまた笑わせてくれます。
ちなみに物語を考えたのは原作者自身。映画のために週刊連載と並行しながら300ページのネームを描いたというのだから驚きです。

「銀魂」のファンには必見と言える完成度であり、アツい展開が盛り沢山なので大プッシュでおすすめです。

そして「銀魂」になじみのない方でも楽しめます。
ファンにおなじみの登場人物が活躍する内容なので、キャラクターを知っていたほうがより楽しめるのですが、物語はこの1本でキレイに完結していますので問題ないでしょう。
自分は原作を10巻ぐらいまでしか読んでおらず、アニメ版も2、3回観ていたくらいなのですが、それでもすごく楽しかったです。

そして上記のアレにうんざりしている映画ファンの方にも超オススメです。アレへの不満を全部ぶちまけてくれるのでwこれだけでもうお腹いっぱいでした。
思えば前作「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」でも(ネタバレ反転→)「北野武監督の『キッズ・リターン』の最後のセリフ」という映画好きにしかわからないネタをぶっ込んできたりしています。
映画が好きな方が制作に関わっているんだろうなあ・・・

ちょっと「泣かせ」に走っていたり、タイムスリップものとしてはツッコミどころしかないのは気になりますが、些細な問題です。
子どもに見せたくない危険な下ネタはありますが、それほどどぎついものではないですし、家族やデートでも大いに楽しめるでしょう。
笑って泣けるアニメを期待する人は、是非劇場へ!

↓以下は結末やネタを含めて盛大にネタバレ 鑑賞後にご覧下さい 途中まで劇中のネタのみ書いています。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-07-09 : 映画感想 : コメント : 15 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR