FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

もはや別ゲー 映画「サイレントヒル2:リベレーション3D」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はサイレントヒル:リベレーション3Dです。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:展開適当すぎ

あらすじ


18歳の誕生日を間近に控えたヘザー(アデレイド・クレメンス)は、父親(ショーン・ビーン)と共に引越しを繰り返す毎日を送っていた。
彼女は毎晩悪夢にうなされていた。その悪夢の舞台は「サイレントヒル」という見知らぬ街だった・・・




2006年に公開された映画「サイレントヒル」の続編です。

ラダ・ミッチェル
1953円
powered by yasuikamo

7年もたっての続編ですが、仕切り直しということは全くなく、物語は完全な続きものとなっています。

そして本作の原作はテレビゲームです。
今回の映画のモチーフとなっているのは「サイレントヒル3」で、ゲームと同じ名前のキャラクターが登場します。

しかし映画とゲームは全くの別物で、ストーリーは独立しています。
ゲームを知らなくても映画は十分に楽しめるでしょうが、ゲームをプレイしていればおなじみのモンスターの姿によりワクワクできます。

前作はゲームを忠実に再現した世界観、未知のモンスターによる恐怖がしっかり描かれており、「ゲームの映画化」としてかなりの秀作でした。
前作で残された「謎」の解明を含め、本作を楽しみにしていた人はきっと多いことでしょう。

しかし・・・今回の映画には「あんまりだ」ということばばかりが出てきます。
お話の方がいくらなんでもひどすぎるのです。
問題点を以下にあげます。

①展開がご都合主義
主人公のいるところには都合よくモンスターが!→でも主人公は逃げれるといった適当な展開が続くので全然ハラハラしません。「なんでそんな展開になるの?」と思うシーンばかりです。

②話に矛盾点がある
いろいろよくわからないアイテムやセリフが登場するのですが、作中でその設定がよくわからないうちに変わっていたりします。滅茶苦茶です。

③設定しゃべりすぎ
作中の設定をセリフで説明しているところが多すぎます。それでいて矛盾があるのですから始末に負えません。

④原作の雰囲気と違いすぎ
原作ゲームは暗くて静かな雰囲気の中、異形の怪物がうごめく・・・という作風だったのですが、今回はアクションが大盤振る舞いの「バイオハザード」に近い作風になっています。
まあこれは「別物」と考えれば問題なく楽しめるのですが、ゲームが好きだった人にとっては「否」をつきつけるポイントでしょう。何が出てくるのかわからない雰囲気の中、「ラジオ」のノイズを頼りに進むのが原作の面白さだったと思うのだけど・・・ちなみに「SILENT HILL: THE ARCADE」も似た雰囲気です。
こうなったのはゲームの大ファンだった前作の監督クリストフ・ガンズが降板したせいもあるのでしょう。
「でっかい音で驚かせる」のはあまり芸がないと思うんだけどな・・・
自分はゲーム版「3」はプレイしていないのですが、そのキャラの扱いもひどいものだとちょっと検索しただけでもわかりました。

⑤物語が薄っぺらい
これが一番の問題。思わせぶりなセリフがあっても特に意味がなくなってたりする上に、展開そのものがやっつけ仕事にしか思えません。
前作に感じた奥深さは微塵も期待しないほうがいいでしょう。

そんな感じで、総じて意味不明です

えーと、いいところもありますよ。
とにかく音楽とビジュアルは素晴らしいです

音楽を手がけたのはゲーム版も手がけている山岡晃さんで、ときに物哀しく、ときに激しさを増す音楽はとても映画のシーンにマッチしています。

サウンドトラック(サントラ)
powered by yasuikamo

画作りも美しく、錆び付いた「闇の世界」の造形には一見の価値があります。
CGも惜しげも無く使われており、安っぽさを感じません。

そしてモンスターのアイディアも面白いです。
そのほとんどはゲームからのモンスターの出演ではありますが、独自のアイディアもあり、派手に動き回る怪物たちのアクションはかなり楽しめました。
3Dもそこそこ効果的に使われています。

また本作はPG12指定ですが、かなりグロテスクなシーンが多いのでR15+指定と思ったほうがいいです。
原作ゲームはそこまで人体破壊のシーンはなかったのに、ちょっとやりすぎ感もあります。前作のPG12指定も甘かったよなあ・・・

ちなみにゲームシリーズのほうも、今では海外に主導権を握られてしまい、売上もその評価も右肩下がりになってます。さらに「Silent Hill: Homecoming」が日本未発売になっていたりと、シリーズの存続自体が危ぶまれているのです。
この時期に公開される映画版の出来がこれでは・・・なんとも不遇なシリーズです。

トータルではお話のほうがあんまりな出来なので、全くもっておすすめできません。
どこか荘厳な雰囲気があった前作と比して、ただのおばけ屋敷型ホラーになってしまったのは残念です。

前作を観ていない人にはわかりにくいところもあるし、前作を観ていたら「前作で築き上げたものがこんなオチかよ」とがっかりすると思います。つまりどっちもだめです。

まあ、観ている間はめっちゃ楽しかったんですけど・・・
展開の無茶さを楽しめるC級ホラー映画ファンにとってはむしろ必見かもしれません。
ラストバトルの意味不明さは失笑を通り越して爆笑モンでしたから。

↓以下は結末も含めて思い切り意味不明な展開がネタバレ 前作のラストもネタバレしているので注意 グロテスクなモンスターの画像もあります。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-07-13 : 映画感想 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR