FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

法からの脱却 映画「ローン・レンジャー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はローン・レンジャーです。


個人的お気に入り度:4/10

一言感想:考えると実は深い映画かも?


あらすじ


検事のジョン(アーミー・ハマー)は囚人キャベンディッシュ(ウィリアム・フィクナー)と顔を白く塗り上げた謎の男・トント(ジョニー・デップ)が乗った列車に居合わせていた。
キャベンディッシュは列車からの脱出を図り、列車は駅を通り過ぎて脱線事故を起こそうとしていた。
なんとか列車を止めようとするジョンだったが、トントはその行動に意を返さず・・・




ジョニー・デップ様×ゴア・ヴァービンスキー監督という「パイレーツ・オブ・カリビアン」タッグの最新作です。
本作はバリバリの「西部劇」で、このタッグは「ランゴ」というアニメ作品ですでにこのジャンルに挑戦をしています。
このたび「ローン・レンジャー」が映画化されたのは、「ランゴ」が高い評価を得たことも背景にあるのでしょう

原作となっているのは、1930年代に放送されたラジオドラマです。
TVドラマ化や3度の映画化(今回で4度目)も果たしており、テーマ曲の「ウィリアムテル序曲」も人気を博していました。

クレイトン・ムーア
25000円
powered by yasuikamo

ドラマ版の参考→<ローンレンジャー 雑文>

主人公の掛け声である「ハイヨー!シルバー(馬の名前)!」は「紅の豚」に台詞として出てくるなど、後の作品にも大きく影響を与えています。
今では知っている人は少ない作品ですが、往年の作品が再び映画館で観れることに喜びを感じている方も多いことでしょう。


しかし、本作は本国での興行収入が低調で「ジョン・カーター」以来の大失敗と見込まれています。
そして肝心の映画も、残念ながらいまひとつ乗り切れない出来のように思いました。

残念だったのが主人公の成長に面白さを見いだせないことです。
主人公・ジョンは統治二論に則り、「藁の楯」の主人公のように悪人を法で裁くことに固執しています。
対して相棒・トントは法とは縁がなく、「秩序」「正義」を望んでおり、悪人を自分の手で殺そうとします。
この水と油の2人の考え方がドラマを産むのですが、主人公の葛藤の描写は中途半端で煮え切らない上、つまらないばかりか不愉快に感じるところさえありました。

そして上映時間が2時間30分と大変長く、中盤はかなり冗長です。
展開としてもあまり山場がなく、コント(ギャグ)シーンで尺を取るのでかなり退屈でした。
面白いギャグもあるにはあったのですが、主人公がイジられる「そのマスク何?」の天丼っぷりはつまらなすぎて絶望を感じるほどでした。

ジョニデ様ファンには相変わらず変人フルスロットルな演技を楽しめますが、ヘレナ・ボナム=カーターの役どころは微妙です。
彼女は「とりあえず出演した」程度の印象しかないのです。


良い部分もあります。
原作へのリスペクトはふんだんにありますし、「列車」という舞台装置を使ったアイディア満載のアクションシーンはかなり楽しめます。

しかし、そのシーンがあるのはほぼ最初と最後のみで、中盤はダラダラとした展開が続くのです。
「もっと短くまとめてよ!」と文句を言うのはナンセンスかもしれませんが、中盤の冗長な内容がラストの展開に生かせていない以上、その批判もやむを得ないでしょう。

キャラクターには魅力がないし、ドラマも盛り上がりに欠けていて、アクションが楽しい最初と最後だけ観れば十分という印象がぬぐえないのはとても残念です。


ちなみに「Lone Ranger」とは「孤高の戦士」という意味です。
主人公ジョンの兄はテキサス・レンジャーであり、後にジョンもこれに任命され、さらにジョンはローン・レンジャーと呼ばれるようになります。
映画を観終わればその呼び名にも深いものを感じられるかもしれません。

また相棒・トントが言う「キモサベ」の意味は「信頼のできるやつ=友人」という意味です。
この「きもさべって何?」っていうのも若い人を遠ざけているような気がするなあ・・・


全体的にはおすすめできない作品ですが、実は物語にはとても奥行きがある作品のようにも思えます。
また展開にやるせないものを感じた人は、登場人物のことばの端々を思い返してみるのもいいかもしれません。

吹き替え版で観たのですが、本職の方を声優に起用しているので違和感がなく文句もありませんでした。
エンドロールが終わってすぐにも、わずかながらおまけがありますよ。

以下、結末も含めてネタバレです↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-08-03 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR