FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

10人目の男 映画「ワールド・ウォーZ ゼット」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はワールド・ウォーZです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:大作グロなしゾンビ映画


あらすじ


元・国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)とその家族は、渋滞にはまり車中で待つ途中、前方での思わぬ爆発、事故を目撃する。
彼らを襲ったのは、人間を凶暴化させるウイルスの「感染者」であった。
その技能と知識を国連に買われたジェリーは、ウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼されるのだが・・・




君のためなら千回でも」「007/慰めの報酬」のマーク・フォースター監督最新作です。

本作はゾンビ映画です。
おおよそ家族で観るようなジャンルではありません。

しかし、本作は大スターのブラット・ピットが主演、1億9000万ドルという巨費により制作されたこともあり、実に大作感が漂う作品になっています。
そしてゾンビ映画であることは全くアピールされず、パンデミック系の映画のようなプロモーションがされています。

公式ホームページのイントロダクションやその他の宣伝を見ても「ゾンビ」という単語は一切登場しません。
これは「ブラピ様」「夏の大作映画」「家族愛」ということを前面に押し出し、ファミリー層へも訴えた結果であるのでしょう。
肝心の本編は思い切り凶暴化したゾンビが襲ってくるシロモノなので、とても家族連れにオススメできるものではないのだけど・・・・

本作はそんなこともあり、直接的なグロ描写が一切ありません
展開としては「痛い」シーンもしっかりあるのだけど、そこは撮さずに「想像におまかせ」な手法が取り入れられている。
自分は悪趣味なので「ゾンビ映画はグロ描写がなきゃ!」と思ってしまうほうなのですが、人によってはこれは長所でもあるでしょう。
ブラピファンの女性にとっても、安心して観られると思います。


原作はマックス・ブルックスによる同名の小説です。

マックス ブルックス
690円
powered by yasuikamo

しかし小説の内容は映画とは全然違います
オーラル・ヒストリー形式で様々な「ゾンビと戦った人々の記録」がまとめられており、登場人物の中には日本人もいたります。
おおよそ、そのまま映画にできるようなものではないでしょう。ちなみに同作者は「ゾンビサバイバルガイド」というやけにリアリティのある(?)ゾンビ対策の本を出版していたりします。

そんな原作を持つこの映画は、完成までにかなりの紆余屈折を経ています。
*参考→<ワールド・ウォーZ - Wikipedia>
そのためか本作には人物描写の浅さや、やや違和感のある唐突な展開があったりするなど、若干の違和感を感じます。
もともとの壮大なクライマックスも撮りなおなしになってしまったようですし、2部作の構想が練られたりと、その制作過程は初志貫徹できていません。
この随所に感じる「中途半端さ」が本作の弱点でしょう。


でも細かいことを気にしなければ問題なく楽しめるアクション大作です。
家族愛やらテーマ性やらは二の次で、とにかく「全速力で走るゾンビ」の怖さやアクションを主に描いているので退屈はしません。
ゾンビ映画は超低予算で撮られることも多いのですが、本作はとにかくお金をかけまくっていることが最大の長所でしょう。
主人公役のブラピ様はけっこうドジっ子な面も見せるので、ブラピ様に萌えたい方も必見です。

あとブラピ様は主人公補正のありえないラッキーさで窮地を乗り越えまくりますが、そこも含めて楽しんでしまうのが吉です。

またタイトルの「Z」ですが、これは「Zombie」の頭文字であり、またアルファベットの最後の文字ということもあり「終末」を表しているように思います。

2D字幕版で観ましたが、3Dで観たいと思わせる画はそれほどなかったので今回は2Dでもいいでしょう。
続編を匂わせている作品ではありますが、エンドロール後のオマケはありません。あしからず。


以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-08-15 : 映画感想 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR