FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

究極の自己満足映画?「R100」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はR100です。


個人的お気に入り度:2/10

一言感想:作品に言い訳しないでよ・・・


あらすじ


大手デパートの販売員の片山(大森南朋)は異様なSMクラブ「ボンテージ」の会員になる。
はじめは日常で現れる女王様たちからのプレイに快感を覚える片山だったが、女王様は彼の職場にも現れ、そして彼の家族をも脅かしていく・・・




大日本人」「さや侍」の松本人志監督最新作です。

松本人志はご存知のとおり、もともとお笑いの舞台で確固たる地位を築いた生粋のコメディアンです。
まったく土俵の違う「映画」という舞台での活躍は人々を驚かせ、また作品の異質さが賛否両論(だいたい否)を呼びました。

松本監督は第1作「大日本人」でやりたいようにやりました。
次回作の「しんぼる」ではほぼコントだけに始終したシロモノを世に送り出しました。
「さや侍」ではちょっとまともな映画を撮ろうとしました。

この「R100」はそんな試行錯誤を繰り返してきた松本人志監督の集大成と言ってよいでしょう。
なぜなら、やりたいようにやった上で、作中で「俺の映画は誰もわからんでもいいねん」ということを主張するのですから。

ネタバレになるのでどうやって主張したかは↓に書きますが、これはもはや「言い訳」と言っても過言ではありません。
まるで松本監督の「どうせ世間はわからずに批判ばっかりするんやろ?」「俺の映画なんやから、見る目がない客はわからんでもいいねん」というつぶやきが作品から聞こえてくるようです。

これはしてはいけないことだと思います。
言い訳をしてなんになるのでしょうか。
観客は納得するのでしょうか。
面白いか面白くないか以前に、観る人を楽しませるために映画を作っている人たちに失礼なレベルだと思えました。

作品としては面白い部分もあります。
そのひとつが日常が非日常に侵食されていく恐怖です。
強制的に「SMプレイ」を迫る女王様が唐突に現れ、徐々に日常生活が脅かされていく様子は不安を煽り、そして戦慄させます。

観ているうちに、何が現実で、何が虚構かわからなくなる「あいまいさ」も面白いです
後半の展開をとにかく破天荒にして、誰も観たことのない「規格外」の作品にしようとする気概も感じられます。
恐らく松本監督はデヴィッド・リンチ監督のような摩訶不思議な世界観を目指したのでしょう。

しかし総合的に観ると、ただの独りよがりで、監督の自己満足に始終している作品としか思えません。
エロやグロもR15+というレーティングにしてはおとなしめで、突き抜けてはいません。
ホラーとしてもコメディとしても中途半端で、不条理な世界観も魅力が薄いままでした。

個人的には女王様を演じていた豪華キャストの魅力を活かしきれていないことも残念でした。
特に出オチでも盛大に笑えるはずの片桐はいりさんの出演シーンはもっと面白くできたと思うんだけど・・・

タチが悪いのが、そういった作品の特性を前述のとおり言い訳をして「自己満足でいいねん」と開き直っていることです。
観客はお金を払って、時間を使って観に来ているのに、それをあだで返すような主張です。
これにはゲンナリせざるを得ませんでした。

自分はお笑い芸人の「ダウンタウン」としての松本人志が大好きでした。
「ごっつええ感じ」は子どものころに観て大笑いしていました。
「ガキの使い」の「絶対に笑ってはいけない○○」も毎年楽しみにしていました。
「ダウンタウンDX」で何かをしゃべるたびにクスクス笑っていました。

でも松本人志監督の映画は「もうじゅうぶん」です。
楽しめる気がしませんし、そもそも監督が権力を盾にして自己満足で作っているので「楽しませる気さえない」のです。
不覚にも面白いと思ったところもあったのでお気に入り点数は2点にしておきましたが、作り手(監督だけ)のスタンスとしては史上最悪の映画だと思います。

そんなわけで誰にもオススメできない作品ですが、いままでの松本人志監督作品に「波長」があった方は観てみるのもよいでしょう。
「絶対に笑ってはいけない○○」「大日本人」「しんぼる」を彷彿とさせるシーンもありますよ。

豪華キャストのファンの方、松本人志監督作品が肌に合わない方にとっては「滑りっぱなしのコントをスクリーンで観る」という地獄のような時間を過ごしてしまうかもしれません・・・。

監督の意志などはこちらでご覧ください↓
松本人志監督 第4作「R100」 願わくは「無の状態で見てほしい」 - MSN産経ニュース
松本人志監督、最新作『R100』は「精神的3D映画」|ニュース@ぴあ映画生活
松本人志、新作でしてやったり!「『ざまあみろ』って思いました」 - シネマトゥデイ
『R100』松本人志監督&大森南朋 単独インタビュー - Yahoo!映画

以下、結末も含めてネタバレです↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-10-05 : 映画感想 : コメント : 19 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR