FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

隠された記憶 映画「トランス」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はトランスです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:夢と現実が交錯するダニー・ボイル節全開サスペンス


あらすじ


競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は突如オークション会場に訪れたギャング集団から絵画を守りきり、英雄として新聞記事に載ることになった。
しかし、当の絵画はどこかに消え失せた上、サイモンはギャング一味と協力して絵画を盗み出そうしていた犯人にすぎなかった。
ギャングのリーダー・フランク(ヴァンサン・カッセル)は絵画のありかを聞き出すためにサイモンに拷問をかけるが、サイモンは頭部に受けたショックにより絵画の場所の記憶がなくなっていた。
サイモンとフランクは記憶を呼び覚ますため、催眠療法士のエリザベス(ロザリオ・ドーソン)を雇うのだが・・・




トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督最新作です。

ダニー・ボイル監督の特徴といえば、その卓越した映像センスと音楽との融合が筆頭にあがります。
まるで音楽のPVを観ているかのような画面構成、テンポ、そして場面にマッチした音楽は多くの映画ファンをとりこにしました。

本作にもダニー・ボイル節は大盤振る舞いで、「鏡」を巧みに使ったきらびやかな映像、そしてスタイリッシュな音楽は観る人を陶酔させるでしょう。

Various Artists
1163円
powered by yasuikamo

さて、監督の作品は「スラムドッグミリオネア」「127時間」とメジャー系のものが続いていましたが、この「トランス」は(ある意味で監督らしい)クセが強く、万人向けではない作風になっています。

まず、本作に「消えた絵画がどこにあるかを推理するサスペンス」を期待すると確実に裏切られます。
なにせ本作で紡がれる物語は「主人公とギャングのリーダーと催眠療法士の女性が、いろいろやって主人公の記憶を取り戻そうとする」ものなのですから。
そしてその過程の延長線上に、予想もしない真実が隠されているというのが基本のプロットです。

真実が明かされるまではしっかり伏線が仕込まれていますし、こうしたサスペンスの結末を推理したい方、二転三転する展開が好きな方であれば存分に楽しむことができるでしょう。
監督の処女作「シャロウ・グレイブ」と同じく、メインの登場人物が3人とシンプルであることも長所のひとつです。

ただし本作はいまひとつ展開の整合性に乏しく、真実が明かされてもスッキリしない印象を持ちました。

このモヤモヤ感には、そもそもの「夢か現実かわからない」作風が関係していると思います。
「夢か現実かわからない」というのは、サスペンスの整合性をなくしてしまい、「なんでもあり」になってしまう諸刃の剣のように感じるのです。

「あのシーンはこういうことだ」と考察をする魅力にも乏しいですし、展開がかなり捻られている終盤は「話についていくのがやっとだ」と思う方も多いでしょう。

理路整然としたサスペンスが好きな自分としては物足りなさも感じましたが、監督のファンであるなら劇場で観る価値がある作品です。
R15+指定だけあって、終盤にはエロもグロもあるので苦手な方はご注意を。
監督らしく、ラストはなかなか洒落ていますよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓ 今回は短め。いきなりオチ部分を書いています。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-10-15 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR