FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

PDA最強説 映画版「人類資金」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想は人類資金です。


個人的お気に入り度:2/10

一言感想:
何がなんだかわからない



あらすじ


佐藤浩介と森山未來がボケとツッコミを繰り返しながら世界を旅する話。




あまりに映画の内容が理解不能なので、監禁した人間の言動の意味がわからないデスノートのLのような気持ちになってしまいました。

一般の人にはなじみがない「金融」をエンターテイメントに仕上げるのは、難しいことだと思います。
この映画はその過程が完全に失敗しています。
なにせ、説明台詞が多いにも関わらず内容が理解ができないのですから。

まず、展開がいくらなんでも大雑把すぎます。
ツッコミどころだらけで、金融の話を抜きにした部分もお粗末と言うほかありません。
中二病チックな問題解決の過程や方法、その結末も納得が全くできないものでした。

物語の根幹となるはずの「M資金の奪還」という話はどこへやらで、ようやく本筋に帰ってくるのは上映時間が残りわずかのときというとんでもない事態になっています。

テンポがひどく悪いのも問題です。
よくわからない人物がよくわからない(演出不足のせいで理解できない)話をくどくどと繰り返すので、退屈極まりないです。

個人的に最悪だったのが、PDAというデバイスの使い方です。
スマートフォンの時代にあえてこれをキーアイテムとして使った理由の説明もされるのですが、これが全く納得できませんでした。

さらにアクションシーンの出来もよくないです。
これはカメラワークの悪さも原因でしょう。
「引き」ばかりであると、ここまでアクションの魅力がなくなってしまうのだと思い知りました。

いい部分もあります。
本作の問題提起とメッセージは、とても尊いものです。
阪本順治監督は「闇の子供たち」でも貧困と搾取される者たちの無念を描いており、その精神は本作でも変わっていません。

もうひとつは主人公の一人を演じた森山未來の存在感です。
フィッシュストーリー」でもみせた運動能力、卓越した英語の発音、そしてその演技力はさすがと言うしかない素晴らしさです。
彼のファンであれば、十分に観る価値のある作品です。

ほかもかなりの豪華キャストで、豊川悦司(以下トヨエツ)、観月ありさ香取慎吾仲代達矢、さらにはユ・ジデヴィンセント・ギャロまで出てきます。

でもトヨエツとギャロのファンは観なくていいです。
トヨエツの出演シーンはごくわずかですし、ギャロはほとんど電話でブツブツしゃべっているだけです。
さらに電話以外のギャロの出演シーンも、何かしゃべるたびにその辺をトコトコ歩くので、テンポの悪さに拍車をかけてイライラすること必死です。なんで出演したの。

トータルでは、ひどくつまらない駄作と言うしかありません。
観ている間は退屈しないだけ、まだ「ガッチャマン」のほうがマシかもしれません。
ただ、佐藤浩市やその他キャストがツッコミ待ちの失笑ギャグをぶちかますバカ映画としてはそこそこ楽しめるのではないでしょうか。

原作のボリュームからして、2時間そこそこで収めるのはそもそも無理な話だったのかもしれません。

読んでおくとちょっとだけでも楽しめるかもしれないリンク↓
<公式ページの用語解説>
<[人類資金] | マイナビニュース>

以下、結末も含めてネタバレです↓ 容赦なくツッコミを入れているので、この映画が好きな人にはごめんなさい。

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-10-23 : 映画感想 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR