FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

予告編詐欺映画?「ウォーキングウィズダイナソー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はウォーキング with ダイナソーです。


個人的お気に入り度:5/10

一言感想:ノリ軽いなあ・・・


あらすじ


そこは、7千万年前の白亜紀後期のアラスカ。
パキリノサウルスのパッチはひょんなことから巣からはなれ、ちょっぴりの冒険を経験する。
寒波が訪れたとき、パキリノサウルスの群れは大移動をする。それはパッチの長い冒険になった。




同名のBBCによるドキュメント番組の映画化作品です。

15855円
powered by yasuikamo

今回の映画版の予告編を観て、「壮大なドキュメンタリー」を想像する方が多いと思います。
「未体験の感動」というふれこみで、「ゼロ・グラビティ」のような革新的な内容を期待した人も多いでしょう。
しかし、本編の雰囲気は予告編と全く異なります

まず、恐竜は(吹き替え版だと)日本語でしゃべります。
そしてキャラクターたちはアメリカンなジョークを入れまくります

具体的にどういうジョークかと言えば、
よかれと思った行動が裏目に出て仲間がひどいめにある→仲間「まったくうれしいね!どうもありがとう!(皮肉)」
全編こんな感じなのです。しかもだいたいスベります。

ナレーションはネイチャー・ドキュメンタリーのような静かなものではなく、マシンガントークに近いものでした。
その語り部となるのが、お調子者の鳥のキャラクターです。

おしゃべりな鳥、アレックス<おしゃべりな鳥、アレックス

こいつどこかで見たことあるなあ・・・というデジャヴを感じていましたが、それはおそらくディズニー映画のアラジンに出てくるイアーゴのせいでしょう。

うざいイアーゴ<こいつ好きだったなあ

さすがに性格はイアーゴよりもいいやつでしたが、それなりにウザさを感じざるを得ませんでした。

本当にびっくりしました。
最新のフルCGにより作られた恐竜の姿を観る大真面目な内容かと思いきや、実はコメディタッチで、ほのぼのした雰囲気に溢れているのです。
予告編でも、公式ページの紹介でも、その他の宣伝でも「ギャグが満載」な印象なんて全くなかったではありませんか。


その「予告編詐欺」を知ってから観るのであれば、そこそこ以上には楽しめる内容です。

多種多様な恐竜が次々と出てくるのはワクワクしますし、ストーリーもシンプルながら上手くまとまっています。
映像は奇麗ですし、3Dを意識した画もふんだんです。
上映時間は88分とコンパクトですし、テンポもよいのでお子様が退屈することはあまりないでしょう。


でも・・・やっぱり大人には物足りません。
かつて恐竜が好きだった(今でも大好きな)大人もたくさんいらっしゃると思うのですが、本編は恐竜の素晴らしさよりも「お子様向け」なギャグを描くことばかりに傾倒しているとしか思えないのです。

吹き替え版の声優にもちょっと不満があります。
主人公の恐竜を演じた木梨憲武さんは感情表現は上手いのですが、「子ども」の主人公にはあまり合っていないように思いますし、前述の鳥のアレックスを演じた中村悠一さんの声質と若干かぶっています。
もう少し、配役に気を使ってほしかったですね。
鈴木福君の恐竜紹介のナレーションはめっちゃ可愛かったです。

恐竜それぞれの特徴をいかした展開が少なかったことも、ちょっぴり残念でした。
福君のナレーションも「草食か肉食か雑食か」と「名前の由来」だけで、あまり知識欲を満たしてはくれないのです。


この映画で恐竜への興味が出てきたか・・・と言えば微妙かもしれませんが、本作は制作者からの「恐竜のことを知ってほしい」というメッセージが込められています。
それは、確かに尊いものでした。

大人だけの鑑賞はおすすめしませんが、家族で観るのであればじゅうぶん満足できるのではないでしょうか。
恐竜に興味が出てきた子どもにこそ、おすすめです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-12-22 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR