FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

与えられた役割以上に 映画「プレーンズ」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はプレーンズです。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:それぞれの「仕事」があるんだよなあ


あらすじ



農薬散布機のダスティは、世界で一番速いレーサーになることを夢見ていた。
しかし、フォークリフトのドッティは「あなたはレース用ではないのよ」と言い張るばかりだった。
しかもダスティには弱点があった。彼は高所恐怖症だったのだ。




3DCGアニメ「カーズ」のスピンオフ作品です。

ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
1373円
powered by yasuikamo

カーズを手がけたのはピクサー・アニメーション・スタジオでしたが、本作はディズニー・スタジオが製作を担当しています。

本作のコンセプトは「カーズの世界観で、飛行機を主人公にする」というものです。
もともとはオリジナルビデオ作品として発売される予定でしたが、劇場用作品として公開されることになったようです。
そのため、あまり気合いが入った内容ではないだろうと高をくくっていましたが・・・いやいや、思いのほか楽しむことができました。


本作で描かれるのは「自分にもできる」と、夢を叶える自信をつける過程です。
主人公のダスティはレース用に生まれた飛行機ではありませんが、自分の力を信じて世界一周レースに挑もうとします。
「お前にはできっこない」と言われようが、「今の居場所に落ち着け」と言われようが、自分のやりたいことをする姿には、大人こそが勇気づけられるのではないでしょうか。

ある意味「敷かれたレールの上を進む人生なんてまっぴらなんだ!」「転職しようかな・・・」と思っている人たちの背中を押してくれる(しまう)作品です。
ほかにも本作には「仕事」に関するエピソードがあるのですが、それを言うとネタバレになってしまうので↓に書くことにしましょう。

今年の3Dアニメ作品「シュガー・ラッシュ」「モンスターズ・ユニバーシティ」も大人に標準を合わせた「仕事」というテーマがありましたが、本作でもほんの少しだけ描かれているのです。
アニメ映画は多くが「子ども向け」ですが、このように「大人にも楽しめる」要素もあるのは、とても喜ばしいことだと思います。


物語の大半を占めるのはレースシーンです。
各チェックポイントごとに特徴があり、過酷な環境を進み、つぎつぎと脱落者が現れ、レース参加者は予期しないトラブルに見舞われていきます。
これは漫画の「スティール・ボール・ラン」を思わせるもので、わくわくしながら観ることができました。
伏線も充分に仕込まれていますし、驚ける展開も用意されており、手堅いつくりになっている作品と言えます。

予想外によかったのが、音楽でした。

Various Artists
1191円
powered by yasuikamo

作中には各国の代表となる飛行機が登場し、それぞれの「テーマ曲」っぽいものが流れます。
個人的にはメキシコと日本の「らしさ」が大好きでした。


難点は、やはり目新しさがないことです。
「落ちこぼれが奮闘して夢をつかむ」という物語は今までいくつも作られてきていますし、主人公の周りの人間(?)関係も「カーズ」と大差がないものでした。
これは、よく言えば安心して観られるということでもあるので、お子様が観るぶんにはマイナスにはならないでしょう。
作中でそのありがちなプロットを皮肉る台詞があったのもよかったです。

また、カーズの登場人物が出てくるなどのファンサービスがないのも残念でした。

各エピソードにはあまりボリュームがないですし、過去のピクサー映画の名作と比べるとやや物足りないのも事実ですので、大推薦とまでは言えません。

しかし、安定して楽しめるファミリー・ムービーとして選択肢に入れてよいと思います。
カーズが好きな人だけでなく、夢に向かって突き進む作品を観たい方はぜひ映画館へ。
飛行シーンは「永遠の0」と同じく躍動感があったので、3Dで観るのもおすすめです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-12-28 : 映画感想 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR