FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

反乱のきざし 映画版「ハンガー・ゲーム2」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はハンガー・ゲーム2(原題: The Hunger Games: Catching Fire)です。
*以下、あらすじから前作のネタバレがあるのでご注意を


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:これはゲームじゃない、サバイバルだ(←作中の台詞)


あらすじ


ハンガー・ゲームとは、独立国家・パネムが主催する12の地区から代表者を選び、死ぬまで闘わせる残酷な大会だった。
前回のゲームに勝利したカットニス・エヴァディーン(ジェニファー・ローレンス)とピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)は国民のアイドル的存在となり、凱旋ツアーとして各地区をまわっていた。
そんな矢先、25年ごとに開かれる特別なハンガー・ゲームが行われようとしていた。
スノー大統領(ドナルド・サザーランド)は歴代の優勝者たちをゲームに参加させ、反乱分子をたきつける存在であったカットニスを抹殺しようとしていたのだ。




全米で大ヒットを記録した、同名のヤング・アダルト小説を原作とした映画の第二弾です。

powered by yasuikamo

前作が面白くなかったので全然期待していなかったのですが、いやいやいや、今回は意外なほど(失礼)面白かったです。
バトルロワイヤル」の模倣だとさんざん言われている本作ですが、この第2作目では独自の進化を見せてくれました。

前作と今作の共通事項として、ゲームがはじまる前の描写に多く時間を裂き、そのゲーム以前の描写こそが面白いことがあります。
前作で面白かったのは「スポンサーに媚を売る」ことだったのですが、今回でスポットライトがあたっているのは「三角関係」と「反乱」です。

主人公のカットニスは故郷に想い人がいるのですが、もともと興味のなかった(泣)青年とともにゲームに優勝してしまったために、国民のアイドルとして恋人同士を演じなくてはなりません。
カットニスはPTSDにも悩まされており、ゲームに生き残ったからといって悠々自適とはいかないのです。

そして、暴虐の限りをつくす政府に向けての「民衆の反乱」のきざしが見えてきます。
その民衆の希望となったのが、前作で政府に立ち向かい、ゲームをコントロールまでしたカットニスです。

ゲームがはじまる前にこの過程をじっくり描き、そこには充分に伏線も張られているので決して無駄なものではありません。
この心理描写を大切にした描写こそが面白いというのは、賞賛すべきことでしょう。
前作から引き継がれたキャラクターがさらに魅力的に思える「成長」も描かれており、人間ドラマとして存分に楽しむことができました。


肝心のゲーム内容も、前作よりかなり面白くなっています。
ハンガー・ゲームは代表者同士の殺し合いがメインかと思っていましたが、今回は様相が変わっています。
プレイヤー同士ではなく、プレイヤーとゲーム主催者との闘いという色が濃くなっているのです。

前作では中途半端にゲーム主催者がしかけたトラップが出てきたことにがっかりしていましたが、今回はふっきれたようにトラップだらけです。おかげで敵はあんまり攻撃してきませんw

この思い切った転換はよかったと思います。
今回は「どう相手を殺すか」ではなく、「どう生き残るか」という戦いであり、サバイバルなのです。
トラップをかわすための「秘密」も盛り込まれており、推理要素も含んだ内容はとても楽しむことができました。

前作のレーティングはPG12指定でしたが、今回はなんとG(全年齢)指定です。
「殺し合い」という過激な要素はかなり薄味なので、お子様もさほど問題なく観れるでしょう。
反面、互いに殺し合う凄惨なゲームを期待していた人は、今回もがっかりしてしまうこと必死です。

生き残るために「背後を気にする」「交代で夜の敵を警戒する」というシーンがあったのもよかったです。
いや、これ当たり前のことなんだけど、前作でガン無視していましたもの・・・


難点は、3部作の中継ぎにあたる物語であるために中途半端さが否めないこと、ゲームの展開に強引さを感じることです。
原作から端折られた要素もあるようですが、上映時間が2時間半近いのも欠点でしょう。

また、一見しただけでは理解しがたい展開が、その謎を明かさないままに次々と出てくるので「えっ?」と戸惑いがちです。
これらのほとんどは後にその意味が明かされるので、後に「そういう意味だったのか!」と驚けるのですが、やや不親切に感じるのかもしれません。

前作でも思ったことですが、独裁国家・パネムの人々が「三つ指を掲げる」ことの意味を作中で説明してほしかったですね。

よく掲げられる三つ指<ふつうに説明なく出てきます

この三本指は「愛する誰かに感謝と賞賛を表し、別れを告げるしぐさ」なのですが、さも観客がすでに意味を知っているかのように出てくるので、ここでも戸惑ってしまいます。


しかし、それらの欠点を補ってあまりある魅力があるシリーズになったと確信しました。
トワイライト」と同じく、「全米では大ヒットだけど、日本での人気はイマイチ」な作品ですが、この出来であれば「もう2つくらいつきあってやるか(最終作は2部作)」と期待が持てるのではないでしょうか。

前作ですでに脱落した方には積極的にはすすめませんが、好きだった方はぜひ劇場へ。
もちろん前作の鑑賞を前提とした展開が多いので、観てからの鑑賞をおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2013-12-29 : 映画感想 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR