FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

星の光の下で 映画「ホビット 竜に奪われた王国」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はホビット 竜に奪われた王国(原題:The Hobbit: The Desolation of Smaug)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:より大人向けになったのかも


あらすじ


ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)や屈強なドワーフの一行ととももに、邪悪な邪悪な竜スマウグがいる隠れ家に向かっていた。
狙うは、スマウグが守っている宝の中にある、団結に欠かせないとされる宝玉「アーケン石」。その場所に向かうまでのタイムリミットは刻一刻と迫っていた。




J・R・R・トールキンによるファンタジー小説「ホビットの冒険」を原作とした、全3部作のうち第2部にあたる映画作品です。
<前作のレビューはこちら>

本作は完全な続編であり、前作の鑑賞はほぼ必須です。
後日談「ロード・オブ・ザ・リング」を観ているとより楽しめる、ファン向けの要素も大いにありますので、ロード〜3部作も一度は観ておいたほうがよいでしょう。
とはいえ、前作やロード〜の(多くの観客が忘れたであろう)設定には一応の説明がはいりますので、直前の予習は必要ないのかもしれません。

本作の感想をかいつまんで言えば、
・前作よりドラマが大人向け!
・アクションの面白さも前作以上!
・長さを感じさせない!
ということです。

前作はコミカルなシーンがやや多く、ロード〜に比べると良くも悪くも子どもが楽しめる内容でした。
本作はややシリアスよりな作品になり、キャラクターが織りなすドラマはより深く、複雑になっています。
相変わらず上映時間は2時間43分とべらぼうに長いのですが、それを感じさせないサービス精神に溢れていました。

1シーンごとの尺を長く取り、美しい風景を俯瞰して見せ、多くの人間ドラマも省略せず、最新鋭のCGも惜しげもなく投入され、時にはユーモアを交えて展開するという「贅沢」さはこの映画の長所でしょう。
それにしても冗長さを感じる部分が多いことは残念でしたが、ファンタジー世界に酔いしれたい方にとっては必見の内容と言っていいでしょう。

個人的に、今回はキーリ(エイダン・ターナー)のイケメンっぷりにほれぼれしました。

キーリ格好いい<イケメンすぎる

憂いを帯びた表情には世のイケメン好きがハァハァすること必死です。イケメンを守ってあげたくなるお姉さん方は絶対に観ましょう。
他にもロード〜でも登場したレゴラスオーランド・ブルーム)が大活躍することも嬉しいところ。
ちなみにタイトルにもなっている「竜」の声を演じていたのはベネディクト・カンバーバッチだったりします。しかもモーションまで担当しているという徹底ぶりでした。

3Dはごく自然な使われ方をしているので、より世界観に没入したいかたは3Dの選択がよいでしょう。
3Dのインパクトとしてはそれほどではないため、色鮮やかな世界(発色)を楽しみたい方は2Dでも良いのかもしれません。

そうそう、本作の一番の欠点は終わり方がエグすぎることですね。
映画史上最高レベルの「次回に続く」的な終わり方で、劇場では「えっ」って感じのどよめきが聞こえました。
これで最終作の公開が延期されているとか、何の生殺しかと思いました。

ちなみに、本作は公開からわずか3日でDVD&Blu-Rayの発売が決定しました。

イアン・マッケラン
3980円
powered by yasuikamo

発売日や特典は未定ですが、これも最終作の劇場公開に合わせたための戦略でしょう。ああ、最終作が待ち遠しい!

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-02 : 映画感想 : コメント : 11 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR