FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

父の理由とかつての恋 映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(原題:NEBRASKA)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:良い日本(←違うけど)映画を観たなあ・・・


あらすじ


モンタナ州に住む老人ウディ(ブルース・ダーン)のもとに、「貴殿は宝くじに当選したので、100万ドルをお支払いします」という内容の手紙が届く。
それは誰がどう見てもインチキな広告であったが、ウディはしっかり信じ込み、リンカーンまで金を受け取ろうとしていた。
息子のデイビッド(ウィル・フォーテ)はしぶしぶウディに付き添うことになる。
デイビッドは立ち寄った父の故郷のネブラスカで、父の意外な過去を知るのだが・・・




タイトルのネブラスカとは、アメリカの州の名前です。

ネブラスカ州の特徴を端的に言えば、ザ・ど田舎です。農業が盛んであるものの、そこには何もありません。
本作で描かれるのは、そんな「退屈」の象徴のような場所でこそ起こりうる人間ドラマです。
ど田舎であるからこそ成り立つ「ストレイト・ストーリー」のようなロードムービーと言ってもよいでしょう。

老人のウディは自分のことを話そうとはしない性格であるので、息子のデイビッドは父がどういうふうに生きてきたかを全く知りません。
デイビッドがネブラスカで人づてにウディのことを聞いていき、その人生を知っていく、というのが基本のプロットになっています。

親子の軋轢は、無駄に声を荒げたりするのではなく、「微妙なすれ違い」として描かれています。
ことばでベラベラと語らない、映画ならではの面白さを追求した演出がなされていました。

優れているのは、観客が「父はどういう人間であったのだろう?」という主人公と同じ気持ちで映画を観ることができるために、感情移入しやすいことです。
年老いた両親を持つ現在40〜50代くらいの人にとって、この主人公の姿はより自身と重なるのではないでしょうか。
本作は父と子のドラマであるとともに、親孝行がしたい世代に向けられた、とても優しい作品なのです。

シリアスな内容かと思えば、意外に笑えるシーンも豊富です。
特に下ネタばかりを繰り出すお母さんのキャラクターはかなり強烈で、一部の人にとっては笑え、多くの人にとってはドン引きであることでしょう。
お母さんを演じたジューン・スキッブは(受賞は逃しましたが)アカデミー賞助演女優賞にノミネートされており、その演技力も格別なものがありました。

60歳で映画デビュー<遅咲きの女優

ジューン・スキップはデビューしたのが60歳、今作での出演時には84歳だったりします。


また本作が真に特徴的なのが、日本映画へのリスペクトがあることです。
アレクサンダー・ペイン監督は小津安二郎の大ファンであり、「アバウト・シュミット」は「東京物語」をアメリカでやろうとした映画であるとも言っています。

とことんフィックス(固定)で撮られた画、人物の表情をちょっと上からの目線で捕らえた画、いくつもの人物がすっぽりと画面に収まる画は、日本映画的であり、派手なハリウッド映画では全く観られないものでした。

1画面<みんな1画面に収まります

また、全編モノクロで撮られています。
モノクロならではの画の美しさも際立っており、広大な風景でだけでなく、パブの内装までもがより魅力的に映りました。

そのため、本作を観たあとは「いい日本映画を観たなあ」という奇妙な感覚を得ました。
パラマウントのロゴが、「松竹」に見えてしまうくらいです(これはウソ)。


イヤー・オブ・地味映画の称号を与えてもいいくらいに地味な作品であり、作中では大きな事件は何も起こりません。
あっと驚く展開や劇的な展開を求める方には全く向かないでしょう。

しかし、古き良き(日本)映画を観たい方には、大プッシュでおすすめします。
スクリーンで小津(っぽい)映画が観られるチャンスとしても、この映画の存在は貴重です。

もちろん、古い日本映画を観たことがない方にもおすすめします。
一見退屈なようだけど、実は登場人物の想いがいろいろなところから感じられる・・・そんな映画ならではの面白さに気づけるかもしれませんよ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-03 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR