FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

きっと変わるから 映画「それでも夜は明ける」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はそれでも夜は明ける(原題:12 Years a Slave)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:みんな、我が身が可愛いのかな


あらすじ


1841年のニューヨーク。
家族と一緒に幸せに暮らしていた音楽家のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、突如誘拐され奴隷となってしまう。
自由黒人であることを必死で訴えるソロモンであったが、その声は聞き入れてもらえない。彼は本当の名前を呼ばれることもなくなり、非人道的な扱いをされ続けるが、それでも生きることを諦めなかった。




SHAME -シェイム-」のスティーヴ・マックイーン監督の最新作です。
本作は実話をもととした映画であり、1968年に発表された伝記を原作としています。

Solomon Northup
1842円
powered by yasuikamo

物語のはじまりである1841年は南北戦争が勃発する8年前であり、奴隷制度が廃止されていない時代です。
主人公・ソロモンはニューヨーク(北部)で自由黒人としての暮らしを送っていたのですが、突如誘拐され、黒人への差別が激しいジョージア州(南部)へと送られてしまいます。
当時、黒人を誘拐して売り飛ばすという犯罪は多発しており、ソロモンもその犯罪に巻き込まれたにすぎなかったのです。

そのために失った時間は、原題にあるように12年という途方も無い月日です。
彼はどれほどの苦汁をなめ、耐え、そして家族に再び会うことを願ったでしょうか。

この映画の素晴らしさは、巧みな演出や役者の演技により、主人公の気持ちに寄り添えることにあります。
主人公や周りの黒人たちの「苦しみ」「狂気」をこれでもかと描き、あるときは画面に映らないようにして観客に想像をさせ、あるときは目を背けたくなるほどの光景を映し出します。

表情のみで心情を語るキウェテル・イジョフォー、情を持っている白人を演じたベネディクト・カンバーバッチ、観ているだけでぶん殴りたくなるイヤな役のマイケル・ファスベンダーは文句のつけようのない名演を披露してくれました。
女性奴隷を演じたルピタ・ニョンゴは新人であるとのことですが、名優を前に負けてはいません。「生きるか死ぬか」を感じさせるほどの表情を見せてくれました。


この作品で描かれている「人間への迫害」は、決して人ごとではないと思います。
大多数に迎合するために弱者を救えない社会。
能力よりも学歴や肩書きが重視される社会。
若者を食い物にして、経営者のみが肥え太る社会。
そうした、現代にも通ずるものがあるのではないでしょうか。

この映画では「(社会が)おかしいと思っても、それを行動にできない」人が出てきます。
その原因のほとんどは「我が身可愛さ」です。
可哀想だとは思う、助けてあげたいとも思う、でもやっぱり自分が一番大切なのです。

人は善と悪で完全に二分することはできません。
悪行を行わざるを得ない人、矛盾した行動を取る人もいます。
この映画は、そうした人間の本質をも描ききっていました。

この作品がアカデミー賞作品賞を受賞したのは、映画としての完成度はもちろん、そうした現代にも通ずるテーマ性があり、複雑な人間の心理を描いたためでもあるのでしょう。


最近では「42 世界を変えた男」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」など、黒人を主人公とした完成度の高いドラマが数多く世に出ています。
これらの映画は、その昔に黒人として迫害をされた方のみを対象としているわけではありません。

苦しい状況の中で強くなり、勝利のために努力する姿は多くの方の共感を産みます。
迫害の歴史を知らない方にも、このような歴史を二度と繰り返してはならない、と強く思うことができるでしょう。

苦しい歴史を経て今があるなら、この先もよりよい未来を築かなければなりません。
これらの映画には、それをひとりひとりが思うことができるほどの力があります。
映画は娯楽ですが、人を動かすこともできるはずです。


コメディ要素はほぼ皆無で、観ていてとても気が滅入る映画です。
ショーシャンクの空に」のような爽快感もありませんし、物語の面白さを期待すると裏切られるかもしれません。
PG12指定ではやや甘いと思われる残酷な描写もありますので、決して万人向けではないでしょう。

しかし、本作は人間の心理を描いた作品としても、主人公の辛い気持ちに同調できる作品としても最高峰です。
心に残る作品に触れたい方、今辛い思いをしている方に、この映画をおすすめします。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-07 : 映画感想 : コメント : 4 : トラックバック : 1
Pagetop

All Aboutにて「最低映画を決める"ラジー賞"受賞作のここがヤバい!」の記事をあげました

All About(オールアバウト)にて記事を執筆しました。
以下のリンクからどうぞ。

<最低映画を決める"ラジー賞"受賞作のここがヤバい!>

あえてアカデミー賞をテーマとしていないのは自分の天の邪鬼さのせいです。
読んでいただいたらわかる通り、4位と3位はわりと好きな映画ですよ。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-07 : いろいろコラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR