FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

赦しの宗教 映画「あなたを抱きしめる日まで」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はあなたを抱きしめる日まで(原題:Philomena)です。


個人的お気に入り度:7/10

一言感想:少しずつ見える、感動


あらすじ


1952年のアイルランド。フィロミナ(ソフィー・ケネディ・クラーク)は10代で妊娠したことから強引に修道院に入れられ、過酷な暮らしをした上に息子と引き離されてしまう。
50年後、イギリスで娘と暮らしながら息子のことを考えていたフィロミナ(ジュディ・デンチ)は、その消息を捜すために元ジャーナリストのマーティン(スティーブ・クーガン)に協力をあおぐ。




本作はいわゆる「実話もの」。ノンフィクション本「The Lost Child of Philomena Lee」を原作とした映画です。

マーティン・シックススミス
1050円
powered by yasuikamo

物語は少女が男と関係を持ち、妊娠をしてまったことからはじまります。
当時のアイルランドはカトリックの規律が厳しく、未婚の女性の妊娠や姦淫は御法度とされていました。
そうした少女たちは、マグダレンという修道院に強制的に入れられた上に過酷な労働を強いられたのです。
参考→<アイルランド、マグダレン修道院での著しい人権侵害に政府が関わっていたと認められた>

しかも、主人公の子どもは勝手に養子に出されてしまいます。
神の子を自称したキリスト教者が、犯罪を行っているのです。
こんな人権を無視したことがあってのいいのか、と憤りを隠せません。

当時の修道院の姿を描いた映画に「マクダレンの祈り」があります。

ノーラ=ジェーン・ヌーン
3990円
powered by yasuikamo

いとこに強姦された少女ですら、「穢れ」と見なされ奴隷のような生活を送るのです。
耳に入れるだけで不快に思ってしまう事実ですが、知る必要のある歴史でしょう。

さて、そのような悪しき歴史を描いた本作なので、重〜い気が滅入る映画なのかな?と思われるところですが、そんなことはありません。本作はコメディ映画と言っていいほど、クスクス笑えるシーンも満載なのです。

何が笑えるって、主人公のフィロミナの言動です。
辛い経験を経ているにも関わらずいつもユーモアを忘れず、さらには下ネタにだって寛容だったりします。
そんな肝っ玉を持つ彼女を演じたのは、超大御所のジュディ・デンチ
「007」シリーズでは厳格な女性を演じていた彼女ですが、今回はなんというかすごく可愛いです。
おばあちゃんに萌えたい方は、それだけでも観る価値があります。

ミステリー映画としてもなかなか手が込んでいます。
修道院にまつわる謎だけでなく、息子がどのような人生を歩んできたのか、今息子はどうしいているのかが、ゆっくりと明かされてくという、「少しずつ」の真実の提示方法には先が気になる面白さがあります。

宗教映画としても抜群に面白いです。
世界中に信者があるカトリックにも、無宗教者からすればおかしなところ、寛容できないところもあります。
本作は、キリスト教徒、無宗教者それぞれの立場で、その事実を見つめています。
キリスト教徒はもちろん、無宗教者にとっても共感のできる内容でしょう。

「あなたを抱きしめる日まで」という邦題には「感動巨編」な印象もありますが、本編は大きな感動を狙わない、極めて地味な作品です。
しかし、台詞の端々にたくさんの想いがつまっており、上映時間がわずか98分というのが信じられないほどの「濃さ」を感じられるのではないでしょうか。
複雑な人間の感情を繊細に描く、卓越したドラマがそこにはありました。

主に描かれるのは、母親の息子への想いです。
子を持つお母さんに、ぜひ観てほしい作品です。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-19 : 映画感想 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR