FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

ただ、一人の青年を見つめて 映画「フルートベール駅で」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はフルートベール駅で(原題;Fruitvale Station)です。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:「主張」はなくてもいいんだなあ・・・


あらすじ


2009年の新年を迎えたばかりフルートベール駅で、22歳の黒人青年オスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は警官に銃で撃たれてしまう。
なぜ彼は撃たれなければならなかったのか。彼はなぜフルートベール駅に来たのか。映画は、彼が過ごした1日をただただ綴っていく・・・




実在の事件をもとにつくられた映画です。
この映画の素晴らしいところは、「現代の黒人の青年」の姿を描いたことにあると思います。

昨今は黒人を主人公とした映画がトレンドのようで、評価の高い作品が多く世に出されています。
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」「ジャンゴ 繋がれざる者」「42 世界を変えた男」「それでも夜は明ける」・・・そられも素晴らしい映画でしたが、すべて黒人が虐げられていた「過去」が主題でした。

しかし、この「フルートベール駅で」は今からわずか5年前の2009年の出来事です。
当然、かつての奴隷などの差別は無くなっており、人々はむやみやたらに黒人を貶めたりはしません。

では、そのような時代に、なぜ無抵抗の黒人青年・オスカーが警官に撃たれなければならなかったのか?
ここが物語の焦点になってきているのです。

その「なぜ」を丹念に描きながらも、この映画ではそのオスカーをヒーローのように扱ったり、銃を撃った警官を貶めたりはしていません。
あくまで「黒人青年の1日」を通じて、客観的な立場でこの事件を描いています。

公式ページにある監督のインタビューを抜粋してみます。

裁判の間、状況が政治化するのを目の当たりにしていた。その人の政治的な立ち位置によってオスカーは、 何ひとつ悪いことをしていない聖人か、又は受けるべき報いをあの晩受けた悪党かのどちらかに分かれた。 その過程で、オスカーの人間性が失われてしまったように僕には感じたんだ。 亡くなったのが誰であろうと、悲劇の真髄はもっとも近しかった人々にとってその人がどういう人だったのかというところにある。

事件に関わる者は、物事を「いい」「悪い」と極端な二元論で語ることが多かったのでしょう。
監督の目的は、そうした主張をせず、オスカーを複雑な心境を持つ「人間」として描くということだったのです。

映画のオスカーはとっても人間くさいです。
明日の日銭を気にして、時には恋人に文句を言い、可愛い子どもに無償の愛を注ぐ、どこにでもいるような青年です。
彼が過ごした1日を通して、この事件を「感じる」ことができる映画なのです。
まさしく、映画でしかできない体験でしょう。

これほどのことを描きながら、上映時間が85分というのもすごい!
今回が初の長編映画となるライアン・クールガー監督はまだ27歳。これからの活躍も大期待です。

難点は、最後まで観ないとこの映画の良さがわからないことでしょうか。
それもそのはずです。映画の大半は黒人青年の(ある意味で退屈な)日常を描いているのに過ぎないのですから。
しかし、それは彼が凶弾に倒れる前のかけがえのない1日です。
映画を観終わった後は、その1日がいかに大切なものであるかが気づけるはずです。

できれば、予備知識なく観ることをおすすめします。
知っておくのは「黒人の青年が無抵抗のまま撃たれてしまう」という事実だけでよいでしょう。
事件の背景を知らなくても、この映画は大切なことを教えてくれるはずです。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-03-27 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR