FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

誇り高き仕事 映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はWOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:伊藤英明、おいしすぎ


あらすじ


大学受験に失敗したユウキ(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムへの参加を決める。
向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの超・ド田舎。過酷なプログラムと粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごきのおかげで早くも帰りたくなるユウキだったが、パンフレットに載っていた可憐な女の子・ナオキ(長澤まさみ)に出会って……?




ウォーターボーイズ」「ロボジー」の矢口史靖最新作にして、三浦しをんの小説を原作とした映画です。

三浦しをん
669円
powered by yasuikamo

テーマは“林業”。
作品の魅力は、それを仕事にしなければ一生知り得ることのない、林業の世界を教えてくれることです。

本作は林業にまつわるネタにより構成されています。
それは「あるある」なエピソードであったり、林業を営む者にとってはごくありふれた光景だったり、村社会ならではの風習だったりします。
都会ではまず体験できない、貴重なでもちょっとイヤな世界を知ることができました。

矢口監督は「ハッピーフライト」でも“仕事の裏側”を覗かせてくれました。
それは、その仕事をしている人にとってはあまたりまえの日常だけど、知らない人にとっては新鮮な体験です。
「しんどうそうだな」「大変そうだな」とにわか知識以下の認識でない人たちに、肩をはらず、クスクス笑えるエピソードととも仕事のことを教えてくれるー
そんな優しさと楽しさに溢れた作品でした。

豪華キャストも魅力のひとつです。
暗〜い役を演じることが多かった染谷翔太はいい感じにチャラい少年を好演していますし、優香も女優としてしっかりした仕事を披露してくれています。
なんと言っても、今作最大のはまり役なのは伊藤英明でしょう。見た目は超イケメンで筋肉モリモリないい男……なのですが、じつはなかなかにアレな役柄でした。
ワイルド過ぎ<ワイルドすぎ
悪の教典」のと同格かそれ以上の強烈な印象を与えてくれたので、ファンは必見です。

ただ、エピソードが積み重なり、大きな物語のうねりがある“映画”としての面白さはいまひとつでした。
小ネタはほぼスベり知らずの面白さですし、チャラチャラした主人公の成長もしっかり描かれているのですが、主軸となる物語には説得力に欠けているのです。
林業の面白さを伝えることを目的としているところもあるので、そこを重要視しなくてもいいとは思うのですが、やはり映画ならではのダイナミズムを感じたいのは観客の欲張りなところ。この作品は満腹にはさせてくれず、腹七分目くらいで止まってしまったのは惜しいところです。

また、このタイトルはちょっと独創的すぎなのでは・・・
GOOD JOBにかけたダジャレに、神去(かむさり)という読みにくさ、“なあなあ”というテキトーを意味することばのトリプルコンボ。このタイトルのおかげで観に行く人が少なくなるというのは考え過ぎなのでしょうか。
そんなことを考えているのは自分だけかもしれないので、アンケートもつくってみました↓




この作品は、今年公開された「銀の匙 Silver Spoon」が好きな人には、かなり楽しめるのではないでしょうか。
どちらも肉体労働を強いられる、“自然”を相手にした職業が描かれており、作中には林業と農業の違いについて語られる場面があったりします。

これを機に、若者が林業に興味を持ってくれるとうれしいですね。
本作は文部科学省とタイアップしていますし、この映画に携わったひとたちも、きっと若者が次世代の林業を継いでくれることを期待しているでしょう。

映画では林業のいいところばかりでなく、むしろシンドイことばっかり描いています。
これって、夢を持つ若者にとってはとてもフェアであると思います。

世にある職業や大学のパンフレットには“いいこと”しか書かれておらず、仕事のシンドさなんか書いていません。
しかし、映画が見せてくれるのは、悪いことも含めた自然体の仕事の姿。映画は若者に仕事を教えてくれる媒体として、とっても優れているのだと実感しました。

そんなわけで、本作は若者にこそおすすめします。
説教くささや押し付けがましさもほとんどないですし、クスクス笑えるコメディを期待しても楽しめるでしょう。
あと、後半には意外と下ネタが多い(ドギツイものではないです)ので、小さなお子さんをお持ちの方はご注意を。

また、本作は公式ページがやたら手が込んでいて、何となく見ているだけでもものすごく楽しいです。
舞台となる神去(かむさり)村の地図があったり、PRODUCTION NOTESでは撮影裏話が詳細に書かれている(←ネタバレ多数なので注意)ので、映画を観た後にチェックしてみることをおすすめします。

エンドロール後にもおまけがあるので、途中でお帰りなきよう。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-05-10 : 映画感想 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR