FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

守られてしまった伝統 映画「肉」ネタバレなし感想+タイトルの意味

今日の映画感想は(原題:We Are What We Are)です。


個人的お気に入り度:6/10

一言感想:タイトルオチじゃなかった


あらすじ


ニューヨーク州北部の田舎町。慎ましく暮らしているようなパーカー家には、とある“秘密”があった。
嵐が町にやってくる最中、長女のアイリス(アンバー・チルダーズ)と次女ローズ(ジュリア・ガーナー)のもとに、とある哀しい知らせが届く。




肉て
映画のタイトルが肉て。たった一文字。タイトルだけで否応なしに見たくなりますね(なるか?)
レースがあしわられている字体も素晴らしいセンスだと思います。

肉フォント<このフォントほしい

さて、タイトルオチのようではありますが、作品自体は俗っぽい印象はまったくありません。
それどころか、芸術性のある、格調高いホラー作品となっていました。

監督は、隠れたヴァンパイア(ゾンビ)映画の秀作「ステイク・ランド 戦いの旅路」のジム・ミックル
この作品と「肉」に共通しているのは、絶望的な状況にいる登場人物の“哀しさ”が物語の主軸に置かれていることです。

主人公たちは自分が望んでいない状況にいて、そこでの“生き方”を模索しようとしています。
積極的にその苦しい状況からの脱却を図るのではなく、ある種の“諦め”もありながらも、もっと幸せな場所(方法)があるのではないかと模索しているのです。

この作風は好き嫌いがわかれると思いますが、自分は好きです。
人間って、そんなに簡単には今ある状況から逃げたり、環境を変えたりはできないものです。
これはある意味でリアル。自分の人生や今の状況に満足がいっていない(でも変える勇気がない)人にとっては、より感情移入をしてしまう内容なのかもしれません。

「肉」の主人公ふたり(娘ふたり)が苦しんでいる理由は、一家の伝統とされている“しきたり”です。
それは残酷で、とてもじゃないけど精神を正常に保つのは無理と思えるもの。そのしきたりの内容は多くの人が早い段階で察しがつくでしょうが、映画を観るまでは知らないほうがいいでしょう。

この映画が上手いのは、その“秘密”の内容をじわじわと見せていくこと。
むやみにグロテスクなシーンのオンパレードにはなっておらず、端々でそれを“感じさせる”のです。
美しい画も相まって、ホラーというよりも上質なミステリーのような印象もありました。

ただ、物語としてはさほど大きな驚きを与えてくれませんでした。
脇役を含めた登場人物がうまく機能しておらず、展開にもやや不自然な点がみられます。
R18+指定のわりには残酷なシーンも少なめなので、タイトルで想像するようなゲロゲログロんちょな悪趣味映画を期待すると肩すかしに感じてしまうかもしれません。

そして賛否両論必死のラストシーン。これが好きか嫌いかと言われると、自分は好きなんですけど、人にはとてもおすすめできないなあ……

個人的に好きだったのが、オカルト的な設定にもかかわらず、“秘密”について医学的な見知が与えられたこと。
こういうホラー映画はだいたい警察や科学的な要素がかなり無能だったりしますが、医学という人間の英知を極めた分野が物語に影響を与えているのは、なかなかに気が利いていました。

余談ですが、新宿武蔵野館では額に“肉”と書いたら割引となるキャンペーンが実施中です。恥ずいわ
そんなひとりキ○肉マンごっこをしなければならないこの割引キャンペーンですが、水性ペンで書いてトイレで落とせばいい話ですので、やってみてもいいと思いますよ。

さらに余談。ジム・ミックル監督って「ネズミゾンビ」というこれまたタイトルオチっぽい映画を撮っていたんですね。

ニック・ダミチ
4104円
powered by yasuikamo
こういう狙っている層がまるわかりのB級ホラーって大好きですよ。

ホラーとしてはあまり怖くありません。
”美しい姉妹の哀しい物語”を期待する人におすすめします。

以下は作中の“秘密”の内容がネタバレ↓
今回は観ている人が少ないと思いますので、オチなどはネタバレしていません。ただし、そのほかの展開は少しネタバレしているので、予備知識なく観たい方はお控えください。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

2014-05-13 : 映画感想 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR