FC2ブログ
ゆる~い映画レビューがメインのブログです。最新映画の感想は↓の「新作映画レビュー」からどうぞ。

身を滅ぼす虚栄心 映画「ブルージャスミン」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー

今日の映画感想はブルージャスミンです。


個人的お気に入り度:8/10

一言感想:ざまあ


あらすじ


ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫のハル(アレック・ボールドウィン)とニューヨークでセレブリティな生活を送っていたが、ある日すべてを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに居候をはじめる。
ジャスミンは一文無しになっても虚栄心の固まり。彼女自身も神経をすり減らしていった……




アニー・ホール」「ミッドナイト・イン・パリ」のウディ・アレン監督最新作です。

映画を観て「思っていた印象と違っていた」ということはよくありますが、この「ブルージャスミン」はそういう観る前とのギャップが激しい映画の極地なのではないでしょうか。
タイトルやポスターから、オシャンティーで爽やかな内容を期待しているときれ~に裏切られる、キッツい映画なのです。

何がキツいって、まずそのプロット。主人公のジャスミンはゴージャスな生活を満喫していたのですが、ある日すべてを失って一文無しになってしまいます。
彼女はそんな状況にも関わらず“ぜいたく癖”が抜けず、庶民的な暮らしを蔑み、さらにはまた優雅な暮らしを目指そうとします。

それは、イタいを通り越して笑うしかないと思えるもの。
「金持ちでイイ気になっていた女が大転落」という様子をまざまざと見せられるので、他人の不幸が好きだという人にとっては「ざまあ」とニヤニヤしながら見れるでしょう。

観た人みんなが思うであろうことは、主人公を演じたケイト・ブランシェットのすさまじさ。
この作品で30近い賞にノミネートされることもうなずける怪演で、“スゴ味”をきかせたときのツラは子どもが見たら泣くレベルでした。

このツラ※普段は美人さんです

思えば、ケイト・ブランシェットはエリザベス女王を演じていたこともありましたし、もともと「お高くとまっている」イメージもあったのですよね。
はまり役ということばだけではおさらまない彼女の演技だけでも、劇場で観る価値があります。


タイトルの「Blue Jasmin」は、考えてみると奥深いものがあります。

ジャスミンの花言葉には「素直」「可憐」「温情」「気だてのよさ」などがあり、映画の主人公の性格とは正反対です(アマリリスの花言葉のほうが正しそう)。
これは、そのような性格でありたいと願う彼女の滑稽さを示しているようにも思いました。
事実、主人公の本名はジャネットで、わざわざ彼女は「平凡すぎる」という理由でジャスミンに改名していますからね。

ブルーという色が示しているのは、「ブルーな気分」などと用いられている「憂鬱」でしょう。

また、ブルーは作中で重要なファクターとして機能している「ブルームーン」という楽曲のことも指しています。
これはThe MarcelsSam CookeBobby VintonChris Isaakなどの名だたるアーティストがカバーしてきた名曲です。

once in a blue moon」には「めったにない」という意味があり、ブルームーンは主人公の体験する不幸な状況を指しているのかもしれません。
また、カクテルのブルームーンは2つの正反対の意味を持っていることでも有名で、ひとつは『完全な愛』、もうひとつは『あなたの告白は受け入れられない』『話したくない』だそうです。
Blue Moonの歌詞も、いろいろと映画の内容とシンクロしています。
映画を観終わったあとに、「ああ、ブルームーンの意味って……」といろいろ考察を巡らせることができるでしょう。


ちなみに、本作には元ネタがあって、それはバーナード・L・マドフの詐欺事件です。
映画の主人公の境遇は、このバーナードの奥さんとちょっと似ています。
バーナードの奥さんは詐欺事件のことを何も知らず、生まれてこのかた仕事どころか家事もしたことがないような人間だったそうですから……。

もうひとつの元ネタが、映画にもなった戯曲「欲望という名の電車」です。

ヴィヴィアン・リー
1000円
powered by yasuikamo

「ブルージャスミン」と「欲望という名の電車」は、転落した主人公が妹の家に転がり込んでくるというプロット、努力も何もせず何も知り得なかったことの愚かさを描いていることが共通しています。


この作品は、ぜひ女性にこそ観てほしいと思います。
偏見を言ってしまって申し訳ないのですが、女性の中には「年収1000万円以上の男性と結婚したい」などと、いわゆる「玉の輿」を狙っている人もいます。
そこまで極端でなくても、それなりの収入のある男性を見つけて一生安泰になりたい、楽して暮らしたい、と思っている女性は少なくないはずです。

そういう女性が本作を観ると「これは自分で努力しなきゃヤバい」と必ず思うはず。本作で描かれているのは、「夫の金でのうのうと暮らしていた、何も努力をしてこなかった女の姿」なのですから。
女性に限らず、若い方が観ればいい教訓になるはずです。

そのほかにも「浮気をすることはアホらしい」「簡単に人を信用してはダメ」「見栄を張ってもいいことなんかない」などと、人生の身になる教訓が盛りだくさんです。
映画は娯楽ではありますが、けっこう役に立つことだって、教えてくれるのです。


難点は、主人公をとことんいじめぬく内容なので、この主人公が嫌いになれない(共感してしまう)人にとっては、ツラい映画になってしまうかもしれないことでしょうか。
また、序盤から過去と未来が交互に描かれる構成になっているので、慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、「少女漫画のような素敵な恋なんてク○だ!」と思っている人にとっては最強レベルで溜飲を下げられる激辛恋愛映画です。
「人生にはそれなりのスパイスが必要」と思っている人も、ぜひ劇場へ。

以下、結末も含めてネタバレです 鑑賞後にご覧ください↓

続きを読む

スポンサーサイト



2014-05-15 : 映画感想 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop




ホーム

最新の記事

最近のおすすめ映画

sully ポスター
イーストウッド、真骨頂
こえのかたちぽすたー
生きてくれて、ありがとう
怒り映画ポスター
信じていいのか

広告(同じウィンドウで開きます)


Twitter...

反響のあったorおすすめ記事

<初めて来られた方へ(ブログの説明)>
<著者プロフィール>
こちらでも記事を執筆中↓
<ヒナタカ | シネマズ by 松竹>

ご連絡の際は、以下のメールアドレスまでお願いします(☆を@に変えてください)
hinataku64_ibook☆icloud.com

2015年ベスト映画20
2015年ワースト映画10

2014年映画ベスト20
2014年映画ワースト10

2013年映画ベスト20
2013年映画ワースト10

2012年 映画ベスト20
2012年 映画ワースト10

2011年 映画ベスト20
2011年 映画ワースト10

映画パロディAVタイトルベスト10
映画邦題ベスト10&ワースト10
Yahoo!映画のステマ評価ワースト5
レビューサイト「Filmarks」の優れた点&ちょっと微妙なところ
剛力彩芽のゴリ押しっぷり
真のレゴムービーの日本版予告編


<2015年下半期>
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
『ハーモニー』
『ガールズ&パンツァー 劇場版』
『PAN』
『ギャラクシー街道』
『UFO学園の秘密』
『ファンタスティック・フォー』
『進撃の巨人 後編』
『キングスマン』
『リアル鬼ごっこ(2015)』
『バケモノの子』

<2015年上半期>
『極道大戦争』
『マッドマックス4』
『チャッピー』
『ワイルド・スピード7』
『バードマン』
『恋する♡ヴァンパイア』
『イミテーション・ゲーム』
『イントゥ・ザ・ウッズ』

<2014年下半期>
『ゴーン・ガール』
『寄生獣 PART1』
『紙の月』
『近キョリ恋愛』
『るろうに剣心 伝説の最期編』
『複製された男』
『思い出のマーニー』

<2014年上半期>
『渇き。』
『チョコレートドーナツ』
『LEGO® ムービー』
『LIFE!』
『アデル、ブルーは熱い色』

<2013年下半期公開>
『ゼロ・グラビティ』
『かぐや姫の物語』
『ウルヴァリン:SAMURAI』
『貞子3D2』
『ガッチャマン』
『劇場版銀魂 完結篇』
『モンスターズ・ユニバーシティ』
『サイレントヒル:リベレーション3D』

<2013年上半期公開>
『箱入り息子の恋』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『藁の楯』
『クラウドアトラス』
『横道世之介』
『脳男』
『ライフ・オブ・パイ』

<2012年下半期公開>
『レ・ミゼラブル』
『悪の教典』
『バイオハザードV』
『るろうに剣心』
『プロメテウス』
『桐島、部活やめるってよ』
『アナザー Another』
『ヘルタースケルター』

<2012年上半期公開>
『スノーホワイト』
『ファイナル・ジャッジメント』
『メン・イン・ブラック3』
『貞子3D』
『TIME/タイム』
『ドラゴンタトゥーの女』

<2011年下半期公開>
『ミッション:インポッシブル4』
『アントキノイノチ』
『ミッション:8ミニッツ』
『ツレがうつになりまして』
『トランスフォーマー3』
『コクリコ坂から』


<そのほか>
漫画『花のズボラ飯』全話レビュー

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2014年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR